JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

育休切りについて質問です。7

解決済みの質問:

はじめまして。現在育児休暇取得中の者(28歳女)です。


 ある会社に正社員として2003~現在まで在籍しております。


 


数年前 当時総合職(プログラマー)で毎日残業する日々(22時過ぎ退社、休日出勤等)だったため、今後妊娠することを踏まえて退職を願いでたことがありました。


すると当時の部長が考慮してくださり、営業事務なら仕事がなくなることもないし残業はないし、職場復帰いつでもできると厚遇してくださり退職を留まったことがありました。


 


 その後営業事務を1年くらいした後、2 009年に出産し、その後保育園に入れず仕舞いで育児休暇(1年半)が明ける前に部長と会社管理部と話し合いがあったのですが、その時に突然復帰しても営業事務の仕事はないと言われてしまいました。


実際にその仕事が無くなってしまったという理由があるようですが、いつでも復帰してよいと言っていた部長の口から、『元のプログラマーしか仕事ないけど、数年ブランクあるし今更開発できないだろうし、残業続きだと子育て大変でしょう。』『○○(私)さんの今後を考えると退職して他の仕事を探したほうがいいのではないかと私たちは思う。』と言われてしまいました。


 


 とてもショックでしたが、会社としても申し訳ないという気持ちがあるようで特別に(といっても育児休暇をとるのは私が初めてでした)3歳まで育児休暇を取れることにしてくださり、保育園に入りやすいように在籍だけさせてもらっていました。


そしてようやく来年度から保育所に入れることになったので、その連絡を会社に伝え退職日の決定の話、自分は会社都合で辞めるんですよね?の確認を入れたところ自己都合にしてほしいという旨を伝えられました。


昔と言ってることが違う部長にも腹が立ちましたし、今更プログラマーも無理ですし、育休切りするような会社こっちから願いさげだ!くらいに思っていましたが、会社側も少しは申し訳ない気持ちがあるということを理解していたつもりだったので、退職することに関してはある程度受け入れようと思っていたのですが、他の社員に対して自分から辞めたということにされることが腹が立ちました。


金銭的には失業保険をもらう間もなく次の仕事に就かないといけない(保育所の規定)ので、自己都合でも会社都合でも構わないのですが、気持ちの面で整理がつきません。


 


経営状況が悪化し、私を雇う余裕がなくなったとか、明らかに今後やっていけない部署に異動させ、やっていけるなら会社に残ってもいい、という会社の言い分というのは育休切りに値しないのでしょうか。それともただの退職勧奨なのでしょうか。自己都合にするしかないのでしょうか。


 


また、私の勤める会社は5年在籍?勤務?していると退職金が発生するのですが育児休暇が含まれている場合支払われない可能性はあるのでしょうか。


 


お教えください。よろしくお願いいたします。

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
育児休業期間の取り扱いについては、育児介護休業法に定められています。
そこには「事業主 は、育児休業を取得したことを理由として、労働者に対して解雇その他不利益な取り扱いをしてはなりません。」とされています。

また不利益な取り扱いとして、「解雇すること」「退職又は正社員を非正規社員とするような労働契約内容の変更の強要を行うこと」と上げられています。そのため突然復帰しても営業事務の仕事はないと言うのは不利益な取り扱いに該当することに該当する可能性があります。

この辺りを会社に主張して、会社と退職金が出ない場合 自己都合にする代わりに退職金を要求したりすることは可能でしょう。

なお、育児休業期間の退職金の取り扱いについては、退職金の算定に当たり現に勤務した日数を考慮する場合に休業した期間分は日割りで算定対象期間から控除することなど、専ら休業期間は働かなかったものとして取り扱うことは、不利益な取扱いに該当しませんが、休業期間を超えて働かなかったものとして取り扱うことは、「不利益な取扱い」に該当し育児・介護休業法第10条、第16条及び第16条の4に抵触するとされています。

また会社とのトラブルについて、国の相談窓口としては労働局雇用均等室と言う部署があります。電話で相談することも可能ですよ。
takatsukasaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問