JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4625
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

18年ほど前にジャパンタイムズウィークリーの購読を申し込んで、新聞販売店から配達してもらっています。申込書に集金方法

解決済みの質問:

18年ほど前にジャパンタイムズウィークリーの購読を申し込んで、新聞販売店から配達してもらっています。申込書に集金方法について記入したかどうかは覚えていません。他の日刊新聞と一緒に本宅の方へ配達されています。
 集金は日刊新聞と一緒に集金されていると思っていましたが、 4、5年前に本宅では支払いをしていないと聞き、ジャパンタイムズへメールで購読中止の依頼をしました。ところがその後も配達は続き、再度2010年8月にもメールで購読中止の依頼をしました。ジャパンタイムズから販売店へ配達中止手配をするとの回答がありましたが、その後も配達が続きました。(2010年8月の購読中止依頼のメールは残っていますが、4、5年前のメールは残っていません。)
 今日、新聞販売店の人が訪ねてきて、ジャパンタイムズから集金していると思っていたらそうではなかったので、最初からの支払いを請求したいと言われました。私は最初から今までの支払いをすべてしなくてはなりませんか。当然私に落ち度はあると思いますが、長期にわたり集金を確認もせず忘れていた新聞販売点の落ち度はないのでしょうか。そもそも、10年以上も前の請求は有効なのでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お困りのことと存じます。

ご心痛お察し申し上げます。

18年ほど前の契約ですから、確かにお互いに契約内容を忘れて

いるかもしれませんね。

ただ、新聞販売店は債権者ですから、そういう証拠を示すべきかもしれませんね。

お話から、新聞販売店が集金に来るような話なので

「取り立て債務」となるでしょうから、集金に来るまでは払わなくて良いとはなりますが

ジャパンタイムズウィークリーと言う雑誌自体は毎回配達されているのであれば

代金債務は残っていますから、払わないと言うことはできないでしょうが

民法(173条)では、2年の短期消滅時効にかかるので

2年分の代金だけ払えば良いとなります。

時効を援用すると言う主張で良いと思います。

ただ、解約のメールをしたのに応じないのは相手も問題とは思いますが

ご相談者様も、電話や書面等で確認された方がよろしかったとは思います。

多分、集金されていない恐れがあったとご相談者様も感じていて

積極的に対応ができなかったのかしれませんね。

相手の落ち度は時効援用で乗り切りましょう。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問