JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

1戸建ての自宅の裏に新築の一戸建ての家が建ちます。 かなり接近しているので、冬雪が積もったら、 こちらの敷地に雪

解決済みの質問:

1戸建ての自宅の裏に新築の一戸建ての家が建ちます。
かなり接近しているので、冬雪が積もったら、
こちらの敷地に雪が落ちます。

境界線のブロック塀からこちらの家の壁までが2メーターくらい。

そこに雪がどさっと落ちるのは、困ります。

もし、そのような場合、どのように交渉したらいいのでしょうか?

また、そうなった時のために今からできることはありませんか・

さらに、そうならないように今できることはないのでしょうか?

よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のshihouと申します。
自宅の裏に新築の一戸建ての家が建つことになり、屋根からの落雪について不安をお持ちなのですね。

 

まずは建築する住宅メーカーに連絡して実際に雪が敷地に落ちるような構造であるのか確認をしたうえで、そうであれば雪止めを付けるなど雪落への対策を取って欲しいと伝えてください。
ご近所ですのでまずは柔らかくお願いしてみて、渋るようであれば法律の話をしましょう。

 

建築基準法等での規制はクリアしていても、隣地に雪が直接落ちるような構造の屋根で新築することは民法218条で禁止されています。
もし人が通行しているときに落ちてきたら怪我をしますし、物を置いていれば壊れることもあります。
実際にそういった損害が出れば隣地の住人・所有者が責任を負うことになりますので、そうならないように対応が必要ですよ、ということを伝えて理解を求めてください。


(雨水を隣地に注ぐ工作物の設置の禁止)
第二百十八条  土地の所有者は、直接に雨水を隣地に注ぐ構造の屋根その他の工作物を設けてはならない。
※雨水となっていますが、雪も同じです。

AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問