JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

supertontonに今すぐ質問する

supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4338
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

先日はありがとうございました。あれから、弁護士対応に変更して安心していたのですが…

質問者の質問

先日はありがとうございました。あれから、弁護士対応に変更して安心していたのですが…状況があまり芳しくないので不安を感じています。 ☆その後の状況☆


1/30 個人賠償責任保険の存在を知り、対象保険会社に連絡を入れ申請をする。


2/1 保険の話と、話し合いの日程を電話に基づいてメールしたにも関わらず、返答をもらえず 、次のような返事(なぜそのようなことをメールで返答するのですか、電話なり直接対話でしょう という内容、話し合いの約束については何も記載がされてませんでした。(証拠になるメール受け渡し記録あり)で話し合いの場が持てなくなった。


2/2朝 話す場がなくなったので、保険会社に事情報告。保険会社はあくまで個人で謝罪続けてくださいとの返答。この保険には示談交渉代行サービスが付帯されていない。事故報告書・示談書が届く。同時にワード文章で事故報告書も届く。それと入れ違いに保険会社の応対に納得が出来なかったため、弁護士に交渉代行を依頼。今後は弁護士が交渉を担当することになる。


2/2夜 被害者宅から入電2回あり。留守電で応対。


2/8 被害者本人が証言していたのを加害者本人が聞く。この証言内容は弁護士にFax済み。証言内容:部屋から出て行き、行き先の分かれ道が2つ以上選択の余地があった。しかし、今回は事故が発生した方向に進むことを選び事故になった。


加害者の証言:人が近づいてくることは予想できなかった。被害者によると、被害者側でも弁護士に依頼するとのこと。(実際はされていなかった。理由は2/22に入電、訪問の事実があったため)


2/10頃、当方弁護士から内容証明到着したにもかかわらず、留守電に苦情(こんなやり方は納得できないといった内容)の入電あり。


2/21 保険会社から入電。報告書到着と状況の確認の電話。弁護士対応に変更した為、報告書を提出不可の旨を告げる。


2/23昼 当方弁護士に経過を聞く。進展は特にないということ。同時に保険会社から連絡のあった旨を報告。届いた書類は引き続き保管の指示。


2/23夜 当方弁護士から内容証明到着済みにもかかわらず、留守電に被害者より入電(留守電で応対)、来宅。インターホン越しに弁護士対応に切り替えた旨を告げ、対話終了。その後もチャイムを 鳴らされた上、留守電に弁護士の連絡先を教えるように録音がされていた。当方弁護士に事実を報告して確認した所、内容証明に連絡先は明記したとのこと。


☆気になっていること☆


このような状況になっていて、また同じことをされそうで不安です。それに行事やらで対面することがありそうなので、理由をつけて相手の方と出会いそうな場所には行かないようにしていますが、それもいつまで続くのか、またこのことが他の人に知れて不利益を被ることがないのか。弁護士さんは大丈夫です、あと半年は待った方がいいということでしたが。あと、当方弁護士からの内容証明を無視していたらどうなるのか?解決はあるのか、お時間の許す時で構いませんので教えて頂きたく思います。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

いつもご相談いただいまして誠にありがとうございます。

民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

弁護士の先生にご依頼して、かなり進展しているようにも思えます。

そのため、先方が、思いのままにならず

また、ある意味、法外な慰謝料等の請求は、脅迫になると理解したための

焦りの表れだと思われます。

その程度の了見の相手側だったのだと思います。

まじめにお一人で関わらないで良かったと思いますよ。

後は、弁護士の先生にお任せして

あまりにも、意味のない訪問を続けたり電話をしてきたら

それはいくら被害者とは言え、度が過ぎています。

もともと、相手方も邪険な対応をしておいて

今さら何をと思いますね。

度重なる訪問も録音をしたりと証拠を残しておいて

脅迫罪で警察に訴えると主張されても良いでしょう。

それと、内容証明に関しては強制力はないので

無視した場合は、法的処置を取るなどの主張が書いてあったと思うのですが

どうでしょうか。

相手は、ご相談者様の悪口を言う可能性はありますが

弁護士の先生が入っているのに、そのようなことをすれば

名誉棄損や侮辱罪ともなりかねません。

ご相談者様も、相手を無視されて良いと思います。

何かされたら、すぐに弁護士の先生にご相談されて警察に訴えるで良いと思います。

頑張ってください。

supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4338
経験: 中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

あれから、もうかなりの日数が経ちましたが未だ解決に至っておりません。

実は昨日(6/28)になって、直筆の手紙が投かんされておりました。

電話もメールもしましたが、全くつながらない(当方では弁護士預かりになった時点で、全て着信拒否にしています)から手紙を書きました。内容証明を紛失したので、担当弁護士の連絡先を教えてほしいという内容でした。

6月の上旬に弁護士に進捗を尋ねた所、進展なしということでまた連絡する旨を聞いていて、そしてその後実際に会話があった旨を今回の手紙投かんの事実を報告した時に弁護士から聞きました。

そして、この手紙の数日前に双方の子どもの担任が変わってから初めての個人懇談があったので、この事件のあらましを担任に報告しております。(被害者側で報告がなされたかどうかはわかりません)おそらく、そこから来ている可能性は高いのでしょうけど。

私としてはここまでくると、責任分以上の支払いや精神的苦痛は正直、受けるべきなのか判断に苦慮しております。実際、私の子どもが中学受験するという事実無根のうわさまで流れていたようですし。

これをすることによって裁判等々に発展するのでしょうか?お時間の許す時で結構ですので教えて頂きたく思います。

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

いつもご相談いただきまして誠にありがとうございます。

民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

まだまだ不安な日々が続きそうですね。

ご心痛お察し申し上げます。

 基本的には、保険もありますし、弁護士の先生を間に入れて

事務的に処理されるべきものを、相手方の保護者の方が、未だに感情的な

ものをお持ちなのでしょう。

 そこは、相手も割り切れない思いもあるでしょうが、前向きにお互いとらえて

いかないと、ずっとネガティブな発想となってお互い精神衛生上良くないでしょう。

相手も言いたいことがあるようであれば、それを吐き出させて

気持ちを楽にさせるしかありません。

 どうも相手方は、感情的なしこりをコントロールできない方々のようですから

ある程度、一気に進めようと思った場合

弁護士の先生との相談にもなるでしょうが

裁判所の民事調停を一度ご利用してみてはどうでしょうか

いつまでも関わられたらご相談者様も精神的にどうかなるかもしれません。

調停委員を交えて、いろいろ説得してもらうと良いかもしれません。

弁護士の先生と言う肩書で来るのも相手方は抵抗感があるのでしょう。

 本来なら学校側で校長先生などが調停委員の役回りをして

解決するのが筋だと思いますが、現在の学校にそこまでの力量は無いようです。

とりあえず調停をご提案してみて下さい。

頑張って下さい。

supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4338
経験: 中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.


最後に、ここに相談させてもらってから1年以上が経過してますが、未だに解決に至っておりません。


 


それどころか、保険会社からの算定額が出たのに関して不服があるとのことで、弁護士も参入しているのに未だに直接交渉のために自宅に押し掛けられて、手紙を投かんされたことが最後の相談時から本日まで22回あった上、本年4月には次男の送迎現場に待ち伏せされてました。


 


☆最後に相談した時からの記録☆


2012/7/3 当方弁護士より入電。被害者より連絡があって、7/21にかかりつけでも診察してもらった後に回答する旨報告があったとのこと。


 


9/21 保険会社から入電。その後の状況を聞かれる。弁護士対応に変更したため、一切語らず。担当弁護士に報告済。


 


10月 保険会社から入電。状況報告がないとのこと、担当弁護士の連絡先を知らせるのみ。


 


11/1 担当弁護士より診断書その他が届く、保険会社からの送付資料を送る。


 


11/2 担当弁護士より資料到着と内容の質問の電話がある。回答済。


 


2013/1/中旬 担当弁護士より保険会社からの支払い意思あり、の連絡を入電。内容は、診断書内の費用+慰謝料に相当分で、5万程度という由。


 


13/1/18 12時頃 被害者母来宅。無言で何度もオートロックのインターホンを鳴らされ、「弁護士さんに申し出てください」と話を締めて切ると、繰り返しインターホンを鳴らされ20分程度その場に留まっていた。数分後、再度来宅し同じことをされたので担当弁護士に相談、警察に出動要請。


 


18時頃 長男帰宅時に、ポストに直筆の手紙あり、担当弁護士にFAX済。後日原紙を送付の旨を伝言。


20時頃 被害者母来宅。13/1/18昼間に同じ。こちらは応対はせず、警察に通報。被害者母の写真を提示。


 


13/1/19 9時頃 被害者母来宅。13/1/18昼間に同じ。こちらは応対せず、警察に通報。2名で事情を聞かれ、家族構成などの個人情報開示する。


 


10時半頃 被害者母来宅。13/1/18昼間に同じ。こちらは応対せず、警察に通報。内容を警察と会話してる間に逃走。オートロックの場所に他の住人が居合わせていることを確認。その後、マンションの管理人に警察が関与している話と事実を告知。


 


12時半頃 被害者母来宅。13/1/18昼間に同じ。こちらは応対せず、警察に通報。内容を警察と会話してる間に逃走。その時の取次警官は弁護士関与を知らず、当事者と会話を勧めてきた。→その時に知らせる。担当弁護士に再度連絡。


 


20時頃 被害者母来宅。13/1/18昼間に同じ。こちらは応対せず、警察に通報。内容を警察と会話してる間に逃走。私の夫が郵便受けに直筆の手紙が投かんされているのを発見。


 


21時頃 被害者母・父来宅。13/1/18昼間に同じ。こちらは応対せず、警察に通報。その後、下のオートロックを乗り越えて、自宅玄関先まで来てドアを叩く、郵便受けの音を立てるなどの行動に出ているのを目撃。呼んでいた警察と接触して、以降この件で私の自宅に来宅しないように注意をしてもらう。窓口の弁護士と話をしても折り合わないのであれば、出るべき場所に出ますよと意思表示をする。


 


13/1/21 9時30分頃 被害者母、私の次男送迎バス停留所に来る。その時送迎を担当していた私の夫は無視していた。次男が接触をしようとしているのを制止。


13/1/24 15時30分頃 私次男送迎で戻り時に、ポストに直筆の手紙4枚あり、担当弁護士に連絡、送付する旨を連絡。


13/1/30 10時30分頃 被害者母来宅。13/1/18昼間に同じ。こちらは応対せず、警察に通報。2名で事情を聞かれ、家族構成などの個人情報開示する。


13/4/17 9時10分頃 被害者母来宅。13/1/18昼間に同じ。私次男送迎のため、不在。こちらは応対せず(私の夫がモニター越しに確認)。ポストに2枚にわたる直筆の手紙あり。担当弁護士にFAX済。


20時25分頃 被害者母・長女?来宅。13/1/18昼間に同じ。こちらは応対せず。私長男の証言:18時頃に近所の公園で良く見かけることがある。


13/4/18 19時30分頃 被害者母来宅(単独)。13/1/18昼間に同じ。こちらは応対せず。担当弁護士に連絡済。


13/4/19 15時30分頃 被害者母、私次男送迎バス停留所に待ち伏せしており、交渉を要求して来る。話すことはないと繰り返してもしつこくついてきたため、弁護士に通報。弁護士対応するとの由。


13/5/8 14:30頃 帰宅した私の息子がポストに直筆の手紙2枚が投かんされている事実を発見。5/7の9:00と記載。弁護士へは連絡、FAX済。次回同じことがあれば裁判にすると明言。


13/5/9 11:00頃 被害者母来宅(単独)。13/1/18昼間に同じ。こちらは応対せず。担当弁護士に連絡済。直接交渉の意思がなく、弁護士を通じて話するよう書いたFAXを弁護士あてに送付する。(弁護士指示) 19:00頃 被害者母来宅(単独)。13/1/18昼間に同じ。こちらは応対せず。担当弁護士に連絡済。携帯動画に来宅時の様子を録画する。警察にも連絡する。2名で事情を聞かれ、家族構成などの個人情報開示する。 20:45頃 被害者母来宅(単独)。13/1/18昼間に同じ。こちらは応対せず。担当弁護士に連絡済。携帯動画に来宅時の様子を録画する。訴訟を起こす旨弁護士明言。(内容:債務不存在確認)


13/5/10 10:30頃 被害者母来宅(単独)。13/1/18昼間に同じ。こちらは応対せず。担当弁護士に連絡済。昼間ポストに直筆の手紙2枚が投かんされている事実を発見。5/9と記載。弁護士へは連絡、FAX済。 21:00頃 被害者母来宅(単独)。13/1/18昼間に同じ。こちらは応対せず。担当弁護士に連絡済。


13/5/11 8:20頃 被害者母来宅(単独)。13/1/18昼間に同じ。こちらは応対せず。担当弁護士に連絡済。


17:30頃 被害者母来宅(単独)。13/1/18昼間に同じ。こちらは応対せず。担当弁護士に連絡済。警察に連絡、被害者の自宅に出向いてもらい事情聴取の回答を得る。まだ治療中につき、裁判は難しい。裁判になるなら弁護士を立てることも考えている。中学も同じなので事を荒立てたくないとのことだった。度重なる訪問は二度と行わないとも発言したとのこと。発言内容を弁護士に連絡済。


13/8/5 14:50頃 担当弁護士より入電。被害者側では裁判に持ち込むと費用倒れになるため、裁判にはせずに保険会社からの算定金額12万にて了承します、という連絡があったという知らせがある。


19:45頃 被害者母来宅(単独)。13/1/18昼間に同じ。こちらは応対せず。担当弁護士に連絡済。弁護士に被害者側で弁護士がいないことを確認済。


13/8/6 14:30頃 2013/8/5に書いて投函した直筆の手紙あり、その直後に被害者母来宅(誰かがいたらしい、大人?)13/1/18昼間に同じ。こちらは応対せず。その後、下のオートロックを乗り越えて、自宅玄関先まで来ているのを確認、直筆の手紙投かんも確認。担当弁護士に連絡、手紙はFAXで送信済。弁護士の話では保険会社にも金額面で不服の意思を伝えているとの話。8/10までに弁護士へ連絡がなければ、裁判にすることを弁護士明言。


19:45頃 被害者母来宅(単独)。13/8/6昼間に同じ。こちらは応対せず、警察に通報。直筆の手紙と添付写真あり。2名で事情を聞かれ、家族構成などの個人情報開示する。その帰宅後、すぐに再度来宅あり。担当弁護士に連絡、8/10に訴訟を起こす旨明言される。


13/8/7 19:45頃 被害者母来宅(単独)。13/8/6昼間に同じ。こちらは応対せず、警察に通報。直筆の手紙あり。


13/8/8 17:45頃 被害者母来宅(単独)。13/8/6昼間に同じ。こちらは応対せず、警察に通報。


13/8/11 18:30頃 被害者母来宅(単独)。13/8/6昼間に同じ。こちらは応対せず。


 


記録に記載があるように弁護士には逐一報告して、手紙もFAXしております。そして、この8/10までに算定額に関して返答がなければ、債務不存在確認訴訟を起こす方針なのですが、今日8/11も玄関口に押しかけられて困っています。


この、不法な来宅を抑止するにはどう弁護士に交渉すればよろしいでしょうか。弁護士はそのような訪問には一切取り合わないでください、ガマンしてくださいと言い続けるだけで、禁止命令など直接行使には出てないんです。裁判を起こしたら報告があるとのことでしたが、8/10過ぎても何の報告もありませんでした。この対応にも不安が少しあります。


また、ここまで執拗に代理人を拒絶して迷惑を被っていることに関して、何らかの訴えを起こすことはできるのでしょうか?そして、逆恨みなどをされたりしないか不安です。


 


 

専門家:  supertonton 返答済み 3 年 前.

いつもご相談いただきまして誠にありがとうございます。

民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

随分、お久しぶりでございます。

未だに解決にいたらなかったと言うのも驚きですが

相手の方もしつこいですね。本当に精神的に病んでいる感じを受けます。

多分、相手の方の家庭環境にも問題があると言えます。

実は、1年ほど経つうちに、このサイトのシステムもかなり変更があり

同じ質問の中で、質問を繰り返されても、1回の評価後には報酬額は追加で

支払われなくなっています。

追加のご質問等は、再度、新規でご質問を投稿していただくシステムです。

今回は、サービスでご回答致します。

 そこまでしつこく相手が対応して来るのは、家庭内の不和のようなものを

ご相談者様に責任転嫁していることがあるのでしょう。

探偵事務所などをご利用されて、現状の相手の家庭の様子を調べて

ご対応されても良いかもしれません。

つまり、なぜそこまで執拗になるかの根本的な原因が分からなければ

いつまでも警察を呼ぶだけの対処療法でしかないからです。

当然、相手方は、精神的に病んでいると言えます。

高齢者で無い場合の精神疾患の方の問題は、保健所の保健師さんが担当します。

自分が被害を被っている立場でも構わないのでご相談されてみても良いでしょう。

後は、裁判と言うより、一度、民事調停を申立ててみてはどうでしょうか?

調停委員を交えての対応も、効果があるかもしれません。

少し視点を変えると、人権無視の問題もあるようですから

法務局の人権擁護委員に相手方の調査をお願いすると言うのもあります。

頑張って下さい。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    388
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RE/remember2012/2012-6-21_145655_IMG088111.64x64.jpg remember2012 さんのアバター

    remember2012

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    80
    社会保険労務士事務所経営
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    25
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee7208 さんのアバター

    srlee7208

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    1
    早稲田大学卒業。 1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
 
 
 

法律 についての関連する質問