JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4627
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

動物に関しての相談です。実は里親より譲り受けた犬2匹、猫1匹を3年程飼っていました。先日妻が不眠が続くため、もともと

解決済みの質問:

動物に関しての相談です。実は里親より譲り受けた犬2匹、猫1匹を3年程飼っていました。先日妻が不眠が続くため、もともとうつ病にて診療内科で処方されていた薬を大量に飲ん でしまい、数日間暴れてしまったため、里親さんに預かってもらうことにしました。しかし里親さんから健全な環境ではない(その他里親には連絡していなかった猫が9匹飼っていたことが気にいらないらしい)とのことにより、預けた猫の返却に応じていただけません。挙句のはてにはこちらも精神安定剤を処方しており、精神的苦痛を受けているためしばらく連絡しないで欲しいと、一方的に言われてしまいました。犬猫のことを考えると、すぐにでも引き取りたいのですが、どうすればよりしいのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お困りのことと存じます。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、そのワンちゃんとネコちゃんを里親様から譲り受けたとありますが

いくらかお支払いになったのでしょうか?

里親様はブリーダーでしょうか。

もし、お金を支払われているのであれば

法律上ではワンちゃん、ネコちゃんは残念ながらモノとして扱われるのですが

所有権はご相談者様に当然あると言えます。

また、どういう形にしても譲り受けたのですから

それも法律上は「贈与」と言うことになり

返還する必要性はありません。

贈与は受け取った時に完了しますので

やはり所有権はご相談者様のものです。

そういう意味では、どうどうと返還請求を

内容証明等で出すべきかもしれません。

内容証明等の作成は、民事法務専門の行政書士か弁護士の先生に

ご依頼されると良いですね。

応じなければ、民事調停など法的処置をすると主張されると良いでしょうね。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問