JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

親子の金銭トラブルの件で30年前からお金の貸し借りがあり親から多額の請求を求められています。どうしたら良いですか

質問者の質問

親子の金銭トラブルの件で30年前からお金の貸し借りがあり親から多額の請求を求められています。どうしたら良いですか
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士のbengoshimailmeです。はじめまして。ご質問の文面から窺える事情に基づき,回答致します。回答には細心の注意を払っておりますが,できるだけ早く回答しようともしているため,単なる法律用語などは,説明なく用いる場合もあります。ご存じない専門用語は,Googleなどで検索なさって下さい。
1.それほどに前からの借金でしたら,とっくに時効にかかって消滅していますよ。
今度親御さんから返済を求められたら,時効にかかっているので消滅しています,とおっしゃって下さい(これを時効の援用といいます)。
2.また,家族といえども借金は借金だともいえますが,親からの借金は,通常,返済を求められることのない,借金とは名ばかりの贈与であることが多いです。貸すときや,貸した後にしばらくたった後は,実質は贈与だと内心は思っていたにもかかわらず,かなり経ってから,子供が親の気に入らないような生き方や態度をしていることに業を煮やして,いきなり返済を求め始めるということはよくあることです。
一定期間請求をしない状態を続ける,という事実状態を尊重してその事実状態を法的な効果にまで高めたのがまさに時効制度なのですが,本件のようなケースは実に時効制度の趣旨があてはまる事案だと思います。
やはり,時効だということを理由とするのが,説明として適切でしょうね。
3.おそらく,23年前 が就職の時期だということからすると,親御さんはちょうど年金を受給できる年齢なのだろうと思います。老後の資金が不安になってくる年頃なのだろうと思われ,老後のお金に充てるべきものを貸したの だから,返しなさい,とおっしゃっているのではないかと想像します。これもよくあることなのですが,老後のお金など,何歳まで生きられるかわからない以上,いくらあっても不安なものです。いずれにしても,親の生活がいよいよピンチになれば,子供が助けるしかないのですから,そのときになったら助ければいいやと考えて,今は時効を援用するなどして,返済を断っておかれればよいのではないかと思いますよ。
(借りた分だけ返せれば良いのでしょうけれど,子の方も子供が大きくなる年代なのですから,実際問題として難しいでしょう。できれば話し合って納得できるのがいちばんですから,一応試みてあげて下さい。感謝してほしいだけだったりもしますから。親子で借金がどうのというのもどうかと思いますが,法律的に論破するというのもどうかと思いますので)

法律 についての関連する質問