JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dresquireに今すぐ質問する
dresquire
dresquire, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 265
経験:  できるだけ迅速かつわかりやすくお答えしようと思っています。
60912397
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
dresquireがオンラインで質問受付中

賃借人が退去する際に原状回復する場合、義務として考えられるのはどの程度の負担と思っていたらよいのでしょうか?一般的な

解決済みの質問:

賃借人が退去する際に原状回復する場合、義務として考えられるのはどの程度の負担と思っていたらよいのでしょうか?一般的な考えを教えて下さい。
この質問の場合は、店舗や営業用でなく、普通の居住用賃貸物件について聞いています。
大ざっぱなきき方で分かりづらかったら申し訳ありません。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  dresquire 返答済み 5 年 前.
弁護士です。
こんばんは。

賃借人の原状回復義務等の負担については、基本的には次のように考えてもらえればいいと思います。

賃借人の原状回復義務は、賃借人の居住・使用により発 生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善 管注意義務違反、その他通 常の使用を超えるような使用による損耗等を復旧すること。

賃借人の負担単位等は、可能な限り毀損部分の補修費用相当分となるよう限定的なものとする。この場合、補 修工事が最低限可能な施工単位を基本とする。いわゆる模様あわせ、色あわせについては、賃借人の負担とはしない。

経過年数の考慮等については、財産的価値の復元という観点から、毀損等を与えた部位や設備の経過年数によって、負担割合は変化するものであり、具体的には、経過年数が多いほど賃借人の負担割合が小さくなるようにする。また、最終残存価値は1円とし、賃借人の負担割合は最低1円となる。

以上です。
dresquireをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問