JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dresquireに今すぐ質問する
dresquire
dresquire, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 265
経験:  できるだけ迅速かつわかりやすくお答えしようと思っています。
60912397
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
dresquireがオンラインで質問受付中

賃貸契約において、営業目的の使用を同時に認める場合は、契約書にその営業内容を限定して書いてもいいですか?参考にできる

質問者の質問

賃貸契約において、営業目的の使用を同時に認める場合は、契約書にその営業内容を限定して書いてもいいですか?参考にできる例はありますでしょうか?よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  dresquire 返答済み 5 年 前.
はい、問題ありません。
営業目的の併用使用を認める特約条項とされるといいと思います。

その例は以下のとおりです。

・第3条の規定にかかわらず、借主は、近隣に迷惑を及ぼさず、かつ、本物件の構造に支障を及ぼさない範囲内であれば、本物件を居住目的に使用しつつ、併せて○○○、○○○等の営業目的に使用することができる。
・借主は、本物件を○○○、○○○等の人の出入りを伴う営業目的に使用する場合は、あらかじめ、次に掲げる事項を書面により甲に通知しなければならない。
 ①営業の内容
 ②営業目的に使用する日及び時間帯
 ③営業目的の使用に伴い本物件に出入りする人数
・乙は、第1項ただし書に基づき本物件を営業目的に使用する場合は、常時、近隣に迷惑を及ぼさず、かつ、本物件の構造に支障を及ぼさないように本物件を使用しなければならない。

または、以下のように簡潔にしてもいいでしょう。

・借主は、貸主の書面による承諾を得て、本物件を居住目的に使用しつつ、併せて営業目的に使用することができる。
dresquireをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
追加情報を記入するのでいいのでしょうか?先ほどのコメントが消えてしまったように感じたのですが届いていますか。分かりにくいです。どうなっているのやら。
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:その他.
ありがとうございました。送信済みです。先生のご回答で解決したので満足しました。

法律 についての関連する質問