JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dresquireに今すぐ質問する
dresquire
dresquire, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 265
経験:  できるだけ迅速かつわかりやすくお答えしようと思っています。
60912397
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
dresquireがオンラインで質問受付中

賃貸住宅契約書において、契約解除の理由(条項)は、どのようにしておくのが標準的でしょうか?望ましいと思われるお考えで

質問者の質問

賃貸住宅契約書において、契約解除の理由(条項)は、どのようにしておくのが標準的でしょうか?望ましいと思われるお考えでもいいのでお教え下さい。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 5 年 前.

雛型を掲げてみました。参考にしてくださいませ。

 

第A条(使用目的)乙(賃借人)は、本件建物を自己の居住のために利用し、他の用途に使用してはならない。

 

第B条(禁止事項) 乙は、甲(賃貸人)の書面による承諾を事前に得ない限り、次の事項をしてはならない。

 

 ① 本件建物の賃借権を譲渡し又は本件建物を転貸すること

 

 ② ①のほか、共同使用その他事実上賃借権の譲渡又は転貸と同様の結果となる行為をすること

 

 ③ 本件建物の増改築、改造、模様替え、造作の設置・改廃等を実施すること

 

 ④ 本件建物内又は本件建物の敷地において動物を飼育すること

 

 ⑤ 本件建物内又は本件建物の敷地内に爆発物なとの危険物を搬入すること

 

第C条(修理) 乙は、電球、障子、ふすま及び畳の交換その他本件建物の躯体に関するものを除く軽微な修理については、自らの負担でこれを実施する。

 

第D条(解除) 乙が次の各号の一に該当する場合、甲は、何らの催告を要せず、本契約を直ちに解除することができる。

 

 ① 前条の禁止事項に反した場合

 

 ② 賃料を2ヶ月以上滞納した場合

 

質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:その他.
申し訳ありません。
同じ回答内容かどうかわかりませんが,サイトが『弁護士や司法書士といった専門家がお答えします…』ということとされているようなので,別の方の回答を希望いたします。
ありがとうございました。
専門家:  dresquire 返答済み 5 年 前.
こんにちは。
弁護士です。

契約解除の賃貸住宅標準契約書は、国土交通省のガイドラインでも下記のような条文が例として示されています。

第○○条 貸主は、借人が次に掲げる義務に違反した場合において、貸主が相当の期間を定めて当該義務の履行を催告したにもかかわらず、その期間内に当該義務が履行されないときは、本契約を解除することができる。
一. 第△条〜に規定する賃料支払義務
二. 第▲条〜に規定する共益費支払義務
三. 前条〜に規定する費用負担義務

2 貸主は、借人が次に掲げる義務に違反した場合において、当該義務違反により本契約を継続することが困難であると認められるに至ったときは、本契約を解除することができる。
一. 第◇条に規定する本物件の使用目的遵守義務
(↑「居住のみを目的として本物件を使用しなければならない」という定めの条文)
二. 第◆条各項に規定する義務
(↑下記参照*)
三. その他本契約書に規定する乙の義務

*第◆条各項の契約条文の例
・借主は、貸主の書面による承諾を得ることなく、本物件の全部又は一部につき、賃借権を譲渡し、又は転貸してはならない。
・借主は、貸主の書面による承諾を得ることなく、本物件の増築、改築、移転、改造若しくは模様替又は本物件の敷地内における工作物の設置を行ってはならない。
・借主は、本物件の使用にあたり、階段、廊下等の共用部分に物品を置く/階段、廊下等の共用部分に看板、ポスター等の広告物を掲示する/鑑賞用の小鳥、魚等であって明らかに近隣に迷惑をかけるおそれのない動物以外の犬、猫等の 動物を飼育する等の行為を行ってはならない。
・借主は、本物件の使用にあたり、契約書に記載する同居人に新たな同居人を追加(出生を除く。)する/1か月以上継続して本物件を留守にする等の行為を行ってはならない。
・借主は、本物件の使用に当たり、畳表の取替え、裏返し/障子紙の張替え/ふすま紙の張替え/電球、蛍光灯の取替え/ヒューズの取替え/給水栓の取替え/排水栓の取替え等の行為を行う場合には、家主に通知しなければならない。

dresquire, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 265
経験: できるだけ迅速かつわかりやすくお答えしようと思っています。
dresquireをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問