JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dresquireに今すぐ質問する
dresquire
dresquire, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 265
経験:  できるだけ迅速かつわかりやすくお答えしようと思っています。
60912397
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
dresquireがオンラインで質問受付中

先日彼が亡くなり、自筆遺言状が出てきました。 それには一緒に暮らしていた自宅の不動産を私にという内容がありました。

解決済みの質問:

先日彼が亡くなり、自筆遺言状が出てきました。
それには一緒に暮らしていた自宅の不動産を私にという内容がありました。
遺言状は検認を受け完了しています。
自宅の名義変更に必要な書類や取得する方法・場所やかかる費用などを教えてください。
遺言執行人は選任されていないです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  dresquire 返答済み 5 年 前.
弁護士です。
こんにちは。

ご質問者のような事案の場合,可能であれば,遺言執行者選任の申立を,家庭裁判所に対してなさるのが得策かと思います。

書類や費用の件をご心配なさっているということから,遺言執行者に委ねる場合もその費用が心配だろうと思うのですが,
私が遺言執行者を担当した経験からは,相続財産が,不動産の評価額3,000万円,現預金500万円くらいの時で,
遺言執行者への報酬,司法書士への報酬,税務申告のための税理士報酬を合計して,40万円程度だったと記憶しています(それら費用は,相続財産から相続人が共同して支払いますので,実質的な痛みはないと思われます)。

必要な書類について,住民票や登記簿謄本など,ご自身で取得できるものもありますが,共同相続人と共同ないし,共同相続人の同意書がないと難しいものもあり,すべてをご自分だけで取得できるわけではありません。
そういう意味でも,遺言執行者選任の申立をなさるのが良いのではないかと思います。
申立の方法などは,家庭裁判所にいらっしゃれば,詳しく教えてもらえますので,心配ありません。
dresquireをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
既存の質問というものを選択しましたが,届いていますでしょうか?
画面が消えてしまったようで,質問が見当たらないのでこちらに入力しています。
専門家:  dresquire 返答済み 5 年 前.
届いていませんので、再度、履歴などが見られるようでしたらご確認お願いいたします。

返信される場合、回答内容に不備や不正確な部分がありましたらご返信下さい。
dresquireをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問