JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

口約束で、墓石を作ってほしいと業者にお願いしましたが、その後当方の事情でキャンセルしてほしいと言ったところ、「キャン

解決済みの質問:

口約束で、墓石を作ってほしいと業者にお願いしましたが、その後当方の事情でキャンセルしてほしいと言ったところ、「キャンセル料が発生する。工事代金の3分の1だ。」という返事でした。このようなことがあるのでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

法律的には、請負という種類の契約を締結したことになります(口約束でも契約は有効に成立します)。そして請負契約では、請負人(業者)が仕事を完成しない間は、注文者(ご質問者様)は、いつでも損害を賠償して契約の解除をすることができます。

ですので、単純に工事代金の1/3ではなく、相手方にその損害の内訳を出してもらい、それが正当なものであれば、その損害額(既に刻みはじめてた場合はその材料費と工賃、まだ刻んでいないは発注に要した人件費など)を支払えば契約を解除できることになります。

なお、口約束だけですので、仮に支払を拒み相手方が訴訟をしてきたような場合でも、こちらに有利な部分が多いかと存じます。

出るところに出た場合、自分に有利な主張は、自分が立証しなくてはいけません。今回でいえば、契約の成立、損害の発生などは相手方が証拠を出さなければいけないということです(要は口約束だけでお金を請求し、強制的に回収するのは大変だということです)。

ですので、こういった点を踏まえて交渉(言い方は悪いですが簡単に支払わずゴネることです)すれば、損害全額ではなく、減額等をお願いして示談することも可能かと存じます。

大変でしょうが、頑張ってください。

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問