JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4908
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

とある専門学校専任教員です。生徒と教師間の恋愛に関して波及した事例です。学院のモラルの考え方に相違はありますが、二十歳を過ぎた男女が民法上の問題も無く、教育基本法上問題もない。倫理

解決済みの質問:

とある専門学校専任教員です。生徒と教師間の恋愛に関して波及した事例です。学院のモラルの考え 方に相違はありますが、二十歳を過ぎた男女が民法上の問題も無く、教育基本法上問題もない。倫理上問題も学則にも記されいない。私たちは以前から学生一部教員から風評被害にあい、後ろ指を刺されながらも真理で何とかやってきました。しかし学校長はとってつけて噂でしか話し合いをせず、その決め付け感は暴君でした。また現在の夫婦間の話でも離婚訴訟中だと言うと、それは駄目だとか、決め付けになっており発言等も侵害でした。夫婦間は訴訟中ではあるが、慰謝料は支払い済みで協議は済んでいるのにチクチクと。
その他多くの風評被害がありますが、せっかくがんばってきた彼女の卒業試験を差し押さえにすると言っています。漏洩したのではということです。事実無根です。すべてに関して遺憾でなりません。やり方も学生からのクレームも学院擁護にすり替えられております。訴訟を起こしたいのですが、どうしたら良いでしょうか。
また、解雇への誘導、不当なものもあります。他の職員も別の形ではありますが、追い込まれています。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お辛い状況だと思われます。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、ご相談者様が、離婚もしてないのに教え子か何かの学生様と

お付き合いをしていて、それが不貞行為(不倫)などと噂されていると言うことですね。

確かに、離婚訴訟中とは言え、別居等してなければ、不貞行為と言われても

仕方のない部分はあるかもしれませんが

それが、専門学校の専任教員として道義的にどうかと言うよりも

これは私の推測ですが、専門学校の経営が思わしくなく

リストラをしたいと言う話で、少しでも落ち度があるところをついてきたのかも

しれません。リストラのような状況になると、どこの会社も社員を含めて

疑心暗鬼になり、告げ口や中傷なども増えてきます。

学生様の彼女の問題に関しては、一応お客様でもありますから

彼女のご両親に前面に出ていただき、話し合いをしてもらうしかないでしょうね。

また、風評被害と言うことで、名誉棄損罪や侮辱罪で訴えると言うのもありますが

下手に動くと、仮に解雇された時点で、次の仕事を探しにくいと言うのもございます。

解雇が不当であれば、まずは労働基準局にご相談下さい。

そこで対応法などご指導をしていただけます。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.

有難う御座います。リストラということはないと思います。 その前に学院から脅しとも言える内容で依願退職を促されました。また試験問題漏洩に関してのことも、無理やりでっち上げられ、懲戒免職すると脅されました。問題もただ一部職員による過剰な風評被害が今も続いており、学生たちを抱きこみ、情報を漏洩しているものです。このパワハラ行為に対してなんとかしたい気持ちです。しかし学院もこの職員を抱え込んでいるのも現状でこのように職員を追い込んだケースが3件もあります。職員たちからもクレームを聞いている内容なので、なんとか阻止したいのです。一部職員に対しての学生たちの抱え込み、あることないことの情報漏洩は証言により証拠として残ってます。また学院側は確かに経営難で非常な状態にありますが、学院長の暴走は止みません。私は不当な懲戒免職にならなければ、次に進む準備ができるので、すっきりしたいというのが本音ですが、名誉毀損罪や侮辱罪でも訴えたい、またもっと有効的なものはありませんか?何卒ご教授の程宜しくお願いいたします。

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

この手の問題は泥沼化されやすいので

あえて戦うとなると、ご相談者様にはあまりメリットが無いかもしれません。

むしろ、時間やお金の無駄と言うのも大きいと思います。

泣き寝入りと言うことではないのですが

もし、次の職場などが決まるようでしたら、そちらに集中した方が良いと思います。

ここのところ、経営難などで、リストラをしたいが

簡単に社員を辞めさせられないので、そのようにちょっとしたことを大げさにして

退職に追い込むことも多いです。

退職が会社都合だと退職金の問題もあるからのようです。

あまりかかわらず、不当解雇の部分のみで労働基準局にご相談される方が

ご相談者様にとってはプラスかもしれません。

学院長様とは早目に関わらない方向で進んだ方が精神衛生上も良いでしょうね。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問