JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

supertontonに今すぐ質問する

supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4276
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

父が他界し、82歳の盲目(障害者1級)の母がいます。母は痴呆などの症状はなく、足腰はしっかりしており、長男と嫁、5歳

質問者の質問

父が他界し、82歳の盲目(障害者1級)の母がいます。母は痴呆などの症状はなく、足腰はしっかりしており、長男と嫁、5歳になる孫と暮らしていましたが、昨年9月、嫁が医師の診断書とともに「うつ病と診断され、お義母さんの面倒はみられない」と言い出しました。(私は嫁いでおり、現在夫と別なところに居住しています)。高齢で目も見えない、ということもあり、母は性格的には「明るく前向き」とは言い難い人ですが、特段理不尽だとも思えません。しかしながら嫁は母とはそりが合わず、自分がうつ病になったのは母のせいだと主張しています。うつ病と言い出した当時、嫁とその両親は母に公共の施設に入るよう提案をしましたが、娘である私としては「目の不自 由な母がまがいなりにも暮らしていけるのは、目がまだ見えていたころから暮らしていた現在の家の中の配置をすべて記憶しているからである」と主張し、母を施設に入れることに反対したところ、嫁は子供を連れて実家に戻ってしまいました。

 嫁が家を出てからは、家政婦さんを雇い、掃除、洗濯、食事の支度など日中母の面倒をみてもらっています。また休日には私が母の面倒をみています。本来であれば住み込みの人を雇うことも考えなければならないのですが、これまでの他人と暮らしたことがない母が嫌がったjこと、また費用の問題もあり、現状では日中のみ来てもらっており、1カ月に20万円程度の費用は母の年金と私が負担しています。一方の長男は(少なくとも母に対しては)金銭的な負担はせず、仕事が忙しいと言って、家に帰ってこない日もしばしばです。母も私も嫁の病気がよくなって、再び一緒に暮らせることを願い、なんとかそれまでの数カ月間を乗り切ろうとしていましたが、事態は一向に進展しないまま、4カ月が過ぎました。

ところがここへ来て、さらなる問題が発生しました。

 両親は家を2軒もっていました。2軒の家は徒歩で2分程度の距離にあり、1軒めは父と母の名義、2軒目は「長男が将来嫁や自分の子供と住めるように」と父、母が購入資金の半額近い頭金を払い購入したもので、ローンは長男が今も払っています。このため、父、母、長男の3人の名義になっていました。母は現在この2軒目の家に住んでいますが、父がなくなったとき、長女と二女は遺産相続を放棄し、父の名義分は2軒分とも長男が相続しました。「長男夫妻が母の面倒を見てくれる」と信じていましたし、文書にこそしませんでしたが、長男には口頭でこのことを伝え、本人も了解していたことです。
 
 ところがここへ来て、長男と嫁から、「お母さんが今の家を出ないのなら、1軒目の家に自分たちは住む。ただし、お母さんの面倒をみるつもりはない」と言明され、嫁にいたっては「何かあって連絡をもらっても、手伝うつもりはない」と主張しています。母としてもすでに夜間一人でいることに不安を感じ始めており、私としては、長男夫婦に母の面倒をみてもらうことが期待できない以上、私の居住地の近くの有料ホームなどに入所させることも検討し始めています。そのためには1軒目の家を売却して資金を作らなければならないのですが、長男夫妻が父から相続した自分たちの所有権を主張し、売却に同意しそうもありません。このような場合、強制的に売却させる方法というのはあるのでしょうか。もともと長男が父の所有分を相続した背景には「母と同居すること」が暗黙の了解としてあった以上、そのことを放棄した長男夫妻が父から相続した分の所有権を主張することは腑に落ちるません。いっそ家は2軒とも売却し、母の老後の資金にあてたいのですが、長男夫妻が売却に同意しなかった場合、不可能なのでしょうか。

アドバイスをいただければありがたく存じます。
長文失礼しました。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、民事法務専門の行政書士のsupertontonでございます。

東京都行政書士会の成年後見サポート組織「ヒルフェ」にも所属しております。

それは大変お困りのことと存じます。

ご心痛お察し申し上げます。

身内と言えども、長男様の奥様は、やはり他人と言うことで

義理のお母様の面倒を見ること自体が負担となり、うつ病なったのかもしれません。

また他人であれば少しは遠慮するところを、兄弟であることが、遠慮が無くなり

欲望の本音丸出しで争いになることが非常に多いのです。

今、まさにそのよな状況だと思われます。

遺言等でしっかり、お母様の面倒をみるようにと書いてあればまだしも

何もないので、そのような誠実さのない対応なってしまったのでしょう。

お父様がいつ亡くなったかにもよりますが、遺産分割協議書など作成されたと思いますが

そこに疑義がある状態になっていますから、相続人間の話し合いが必要でしょうね。

1か月20万円も支払っているということですが介護認定とかされて

介護保険は利用されていないのでしょうか?

障碍者年金が出るからと言うことでしょうか。

実は、在宅介護と言うのは、地域のつながりがしっかり残っている場所で

ないと難しいのはあります。長男様ご夫妻だけで抱える問題ではないかもしれません。

施設が使えるようであれば、施設の職員が、本当に誠実に対応されていることが

わかります。一部は問題あるところもあるようですが、大部分は良いと言われています。

お母様も一人になるのは非常に問題ですし、ご相談者様達によるお世話も

大変な労力になると思います。

いろいろな施設を見学されてはどうでしょうか?

とにかく、口約束レベルにしても、ご長男様がお母様の面倒を見るということで

ご兄弟様達が相続放棄もされた訳です。

当時は、ご長男様に対する不信感も無く

またご相談者様達は、外に出て義理のご両親の介護などがある訳です。

その上に、実のお母様の負担を負わされるのは大変なことだと思います。

最初から疑いの気持ちがあれば、ご長男様お一人に不動産を渡すことも

無かったのでしょうが、今となっては厳しですね。

とりあえず、遺産分割協議の解除は法律上、判例で認めないことになっていますが

相続人全員で合意のもとに解除して遺産分割をやり直すのは可能と言う見解が

あります。これを「遺産分割の合意解除」と言います。

とにかくよく話し合うことで、親族一同、ご相談者様のご主人様など

関わって構わないと思いますので、毅然とした態度で臨んで下さい。

ある意味、兄弟であって女性であるということも、長男様がなめてかかって

いるとも言えます。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.
ご回答ありがとうございます。
親族間の話し合いは当然セッティングすべく努力をしています。
一方で追加お尋ねしたいのですが、
仮に長男が一方の家の処分に合意した場合、
何か書面で残す必要はありますでしょうか。
またそのための文書の雛形はありますでしょうか。(もしあればご教示ください)
また、書面は第三者によって承認をされる必要はあるでしょうか。
その場合は、取りよせる必要があります。

ご教示いただけますと幸いです。
よろしくお願いします。

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

ご長男様の所有となっておりますので、売却等は

ご長男様の自由と言うこともあり、強制されるものではないですが

公正証を作成して、売却をして、それを相続人で分配することで

お母様にも支払うようなことも可能でしょう。

ただ、問題は遺産分割協議が終わった後では

相続にならず、贈与と言うことで

贈与税がかかってしまう問題があります。

そうなると、最初から分けておけばと言う話にもなってしまいますが

そこは、お母様の生活費として暦年贈与的な対応もあるかもしれませんが

まずは、ご長男様が応じるかどうかですね。

当然、合意がないといけません。

ご相談者様も本当に大変でしょうが

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.
回答ありがとうございます。
繰り返しのご質問になりますが、
仮に長男が一方の家の処分に合意した場合、
何か書面で残す必要はありますでしょうか。
またそのための文書の雛形はありますでしょうか。(もしあればご教示ください)
売却で得た現金を母の施設の入所費用にあてた場合でも、「贈与」になるのでしょうか。
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

すでにご長男様の不動産ですから、売却して高額な金銭をお母様に

渡せば贈与になります。ストレートにお母様に相続させれば

何も問題なかったのですが、いずれお母様から相続できる流れだったのに

それを無視した結果、つまらない出費になってしまいました。

特にこれと言って決まった書式はございません。

公正証書を作成できる専門家が良い案分を考えてくれます。

当然、ご自分たちではなく、専門家にご依頼されることです。

それと、ご長男様には、扶養の義務がありますので生活費レベルであれば

贈与税の対象にならないとも言えます。

月10万円にも満たなければ、最初から贈与税はかかりませんが

それ以上だと税務署の判断になってきますね。

入所費用は、何で!と思うぐらい高いですよね。

ご長男様を信じすぎたためにいらぬ遠回りになってしまいましたが

頑張って下さい。

supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4276
経験: 中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.
丁寧なご回答をありがとうございます。
さらに追加の質問なのですが、
仮に長男 が家を売却することに同意し、
長男が取得した代金を全額母の施設への入所の費用に当てることに同意した場合でも、
それは母への贈与にあたり、贈与税などがかるのでしょうか。
長男が得る売却代金は1000万円未満と予想されます。
ご回答をいただけますと幸いです。

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

贈与税に関しては、税務署なりでご確認いただいた方が

正確だと思います。

基本的には、税務署の判断になります。

ですから、相続の時に慎重にされるべきだったかもしれません。

しかし、それだったら、遺産分割協議の合意解除をしてみるのも

手かもしれませんよ。

ご長男様が相続した不動産を、お母様にすれば良いのですからね。

そうなると、相続税扱いとなり、税金がかからない可能性はあります。

ただ、大掛かりな変更になりますから

弁護士の先生にご依頼された方が良いと思います。

あくまでもご長男様が合意されればの話ですね。

頑張って下さい。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    388
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RE/remember2012/2012-6-21_145655_IMG088111.64x64.jpg remember2012 さんのアバター

    remember2012

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    80
    社会保険労務士事務所経営
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    25
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee7208 さんのアバター

    srlee7208

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    1
    早稲田大学卒業。 1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -