JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

車の立て替えたお金でもめてます。義兄の車の購入にあたり、全額立て替えましたが、まともに払ってもらえません。車の名義は

解決済みの質問:

車の立て替えたお金でもめてます。義兄の車の購入にあたり、全額立て替えましたが、まともに払ってもらえません。車の名義は立て替えた私の名義です。法的に取り上げる方法は ないでしょうか?法的にと思ったきっかけは、全額返済してもらうのを諦めたうえで、払えないなら売却して、売却したお金の半分はあげる、残額に対する債権も放棄するから手放してほしいと、1週間前にメール(今なら売却金額が50万から60万位だろうと見込んで)してみたものの音沙汰なし。電話にでない、訪ねれば居留守、このままでは車は手放さない、代金もどれだけ回収できるのか分からないという、状態なのでなんとかならないかと思い質問させていただきました。ただ返済方法に関しては、とくに書面での約束はなく、払ってもらった分に関しては、私がそこら辺のノートに、返済日時と金額を簡単に記した程度なので、相手にもっと払ってると主張された場合の証拠能力としてはいかがなものかと。金銭に対しての訴訟もQ&Aみたいなのは多いのですが、私みたいな案件はどう検索したらいいのかも分からず、そもそも法的に無理なのでしょうか?ちなみにこちらの債権は残り99万円。支払ってもらったのは2年半で32万円。毎月2万円ずつ払うとの口約束だったが、相手の経済状況の悪化から5千円に変更。その時点で全額回収は諦めてます。毎月5千円の返済すらままならないので、売却金の半分を渡してでも確実に20万から30万位回収できないものかと、もくろんでいるのですが、相手も車の代金を1部払ってるのだからとか、払う意思はあると主張されたら、取り上げて売却は無理でしょうか?それともこの程度の金額で訴訟はマイナスですか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士のbengoshimailmeです。はじめまして。ご質問の文面から窺える事情に基づき,回答致します。
回答には細心の注意を払っておりますが,できるだけ早く回答しようともしているため,
単なる法律用語などは,説明なく用いる場合もあります。
ご存じない専門用語は,Googleなどで検索なさって下さい。
ご質問の件は,残額のうち60万円を請求することにして,少額訴訟を提起すると良いと思います。少額訴訟のメリットは,原則1回の審理で終わるということ,証拠は原則書面に限られること,勝訴すれば預金や給料に対して強制執行も可能であることです。少額訴訟の手続は後ほど説明します。
・書証によることになるので,相手も反論を主張するためには,それを裏付ける証拠が必要です。あなたが返済状況をノートに記したものがあるとすれば,それは立派に証拠となり,相手が反論するとすれば,もっと返したことを裏付けるような書面による証拠が必要です。ですので,そうした反論の方が通るのは難しいと思いますよ。
・車を取り上げて処分して回収するより,あなたが残債99万円中60万円でよいならこの方法の方が直接的だろうと思います。最悪の場合は給料に強制執行できる点がメリットでしょう。
・少額訴訟はご自分でできますから,掛かる費用は申立時の数千円です(後掲の手数料表参照)。
試してみて損はないと思いますよ。
bengoshimailmeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.

少額訴訟の手続の説明は以下のとおりです。参考になさって下さい。

・被告の住所の管轄の簡易裁判所に訴えを提起します管轄区域表

簡易裁判所における民事手続の概要(簡易裁判所における民事事件についてご案内しています。また,Q&Aでは,民事訴訟の種類,民事訴訟の審理手続(手続の開始から上訴まで)等をご案内しています。【民事事件Q&A】【簡易裁判所の民事事件Q&A】)

少額訴訟事件について(少額訴訟手続の特徴や流れをご案内しています。また,Q&Aでは,手続の説明や少額訴訟債権執行手続についてご案内しています。【簡易裁判所の民事事件Q&A】【手数料郵便切手】)

・上記リンクは裁判所による説明ですのでとてもわかりやすいし信頼できますよ。

・裁判所への訴状(定型訴状 提出は,郵送でも可能(http://www.courts.go.jp/saitama/saiban/tetuzuki/minji.html)です が,審理にはあなたが行かねばなりません。それゆえ,審理は1回がいいですね。1回で終わることができるよう,審理の期日に,裁判官から和解を勧められた ら,それに応じられた方がよいと思います。

・かかる費用(裁判所に納める費用)は,訴えにより求める額によりますが,数千円です(手数料額早見表)。

法律 についての関連する質問