JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shonansolicitorに今すぐ質問する
shonansolicitor
shonansolicitor, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 435
経験:  中央大学法学部卒。事務所経営者。裁判所事務官・地方公務員上級職等合格。
62133260
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shonansolicitorがオンラインで質問受付中

はじめまして。私、離婚した元旦那の連帯保証人になっております。離婚して六年たちました。未だに返済が終わってないで保証

解決済みの質問:

はじめまして。私、離婚した元旦那の連帯保証人になっております。離婚して六年たちました。未だに返済が終わってないで保証人のままです。。。こういう場合、どうすればよいのでしょうか?一生、保証人でいなくてはならないのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

  はじめまして。質問を投稿頂きまして有難うございます。早速ですが、下記の通り回答させて頂きます。

 

  債権者をA、元ご主人の主債務者をBさん、連帯保証人であるあなたをCさんとさせて頂きます。
  

  連帯保証というのは、AがBさんでもCさんでも返済請求することが出来るという債権者Aにとっては極めて都合の良い制度です。 AはBさんではなくて、直接あなたCさんに請求することも出来ます。

 

  連帯保証人から外れるのはかなり難しいです。Aが納得するとしたら貴方より資力のある方、つまりお金持ちの方に連帯保証人を代わってもらわない限り、AはOKする可能性は低いと思います。

 

  <一生、保証人でいなくてはならないのでしょうか? >とのことですが、そんなことはありません。 元ご主人のBさんが、この債務を完済すれば保証債務も消滅します。金融機関によっては80%以上債務を返済した時点で、連帯保証人を外してくれる場合もあるようです。契約書をご確認下さい。

 

 債権には消滅時効という制度もあります。「権利の上に眠っている者は保護せず」という考えです。

 

 Aさんが、民事債権でしたら10年以上、商事債権でしたら5年以上、支払の請求してこなかったら、「時効期間が満了しているので、時効の利益を受けます」と貴方は主張すれば、返済を免れることが出来ます。 消滅時効はもっと短期のものもあります。

 

 時効の援用(時効の利益を受けますと主張すること)は内容証明郵便など文書で出す事が望ましいです。

 

  なお、お金の問題ですから、貴方に貯金やお給料など差押えるものが仮になかったら、Aさんはお手上げですよね。ない袖は振れませんので。

 

  お金の問題は、ある意味、お金を持たないようにすることが一番強いです。持ってないところからは、取りようがないですから。。。

 

  と言うように、貴方が救済される方法が全くない訳ではないです。

 

 

 尤も、連帯保証人になるということは、自分自身が借金をしたのと一般的には、さほどかわらないぐらい責任が重いのです。世間の人は、意外と知らない方も多いようです。

 

  今後は寧ろ、出来れば二度と連帯保証人にはならないように注意することが大切だと思います。

質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございました。。

 

借金は元主人は、当時、自営で仕事をしており、銀行からの借入でした。

 

でも、返済が遅れているときだと思うのですが、保証協会というところから、たまにハガキが届きます。。そちらに連絡を取ったことはありませんが・・・この先、どうなってしまうのかと思い、相談いたしました。

 

この場合は、民事債権になるのでしょうか?

専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

 借入先が、銀行等の法人であると商事債権になります。債務者Bさんの借金は5年間で時効にかかります。(10年の民事債権は個人から借入れの場合です。) 

 

  債権者Aが銀行さんということですと、消滅時効によって貴方が債務の弁済を免れるということは、考えにくいですね。ただ、先にお話しましたように貴方が資力を持たないようであれば、お金の問題は回収しようがないです。

 

  ところで、保証協会Dですが。 一般的に信用力が弱いと考えられている中小企業や個人事業主が、銀行から融資を受けるにあたりDが保証人となることで銀行融資を受けやすくしている機関です。

 

  万が一、債務者Bが銀行融資の返済が不能となった場合には、債務者Bに代わって保証協会Dが銀行Aに返済を行います。

 

  しかし、保証協会Dは返済しっぱなしというわけには行きません。それでは、Dの存続が困難になってしまいます。

 

  Dとしては万一Bの借金の肩代わりをした時は、債務者Bまたは連帯保証人である貴方Cに肩代わりした返済を返してもらわなければなりません。

 

  そこで、そうならないように今の内から、連帯保証人である貴方CにもDは通知してきているのだと思います。

 

  ご参考になりましたら、幸いです。

 

専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

2回目の当初の回答に、その後大幅に加筆して補足して回答させて頂きましたのでご覧下さいませ。改めてご質問がございましたら、承ります。

shonansolicitorをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問