JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

生命保険について質問です。5~6年ほど前に義母(当時59歳)に義姉の紹介でソニー生命に加入しました。加入する際、私の

解決済みの質問:

生命保険について質問です。5~6年ほど前に義母(当時59歳)に義姉の紹介でソニー生命に加入しました。加入する際、私の主人、私が聞いていた保険とは違う内容の保険に加入していました。義姉には、受取人を主人と義姉と二人にして相続税対策にしようと聞いていたことまで違い、義姉のみの受取人にしてありました。加入後わかった保険については、二人の名前に変更しましたが、義姉一人の名前の保険があったことが、最近わかりました(この 保険が一番高い保険で月5万以上の保険料でした)。しかしこの保険は去年6月に年金生活をしている義母には支払いができなくなり、解約したそうですが。この解約時も、「娘さんにお金渡せなくなりますがいいのですか?」としつこく拒否したそうですが、義母が押し通したそうです。
 義姉とこのセールスがすごく親しい友達みたいです。
 そして今加入している保険も保険料の安いものに見直そうとこのセールスに言ったのですが、その際、主人にも話聞いてもらうからと義母が伝えると、できれば二人がいいと言われたそうです。
 このセールスも義姉も信用できなくなっていますが、今、寝たきりに近い義母がほかの保険に入れるとも思えなく、まったく解約するのは不安です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
詳しい状況がやや不明なため、まずは一般的なお話をさせて頂きますね。

話と実際の契約内容が異なる保険に加入していたとは、随分ひどい話ですね。
セールスの方も随分強引な面があるようにも感じます。

まずは本当に生命保険に加入する必要があるかどうかを考えられたらいかがでしょうか。
相続対策とありますが、相続税は基礎控除が5000万円+法定相続人1人につき1000万円となっています。
そのため、通常は相続税が掛かるケースが少ないことも多々あります。

また生命保険の目的についても死亡時多額の現金を残す必要があるかどうかなどを
判断されて必要であればその金額の保険に加入するようにしましょう。

また、医療や介護など必要に応じた保険商品がありますから、
保険に加入する目的を再度検討のうえ、適切な商品を選ばれるようにされたらどうでしょうか。
takatsukasaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問