JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4805
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

私は38歳男です。妻と2人の子供の4人家族です。昨年の9月に分譲マンションを購入しました。 まだ、仮契約段階で3月

解決済みの質問:

私は38歳男です。妻と2人の子供の4人家族です。昨年の9月に分譲マンションを購入しました。
まだ、仮契約段階で3月初旬に本契約(住宅ローン)を締結して融資実行後3月の下旬に引き渡し予定です。
先日、入居説明会がありその中のブースの一つで大手インターネット会社のA社の営業がおり、他の入居者同様
私にも契約を勧めてきました。お話を聞くと当初B社も参入予定でその2社から選択出来るとマンション販売の営業に確認済みであったが、A社いわく2,3日前に急遽B社が参入を取りやめたと の説明があり、事実上A社しか入らないイコールA社と契約せざるを得ないと思い、取りあえずこの契約書にサインと捺印を求められ簡単な説明を受け
記入しました。入居説明会を終えたのち、マンションの営業担当に電話をして、なぜB社が入らなくなったのか問うと
すぐに確認しますと、、、。すぐに連絡がありB社は入りますとのこと。私は騙されたかたちで契約をさせられた思い
翌日の12時にA社にクレームを入れ担当者に確認して折り返しますと連絡があったのが19時、対応の遅さにさらに苛立ちが募りました。相手は一度会って謝罪したいとの一点張り。本当に謝罪する気であれば初期対応の連絡の遅さなど全く誠意が感じられず口だけの謝罪を会ってもう一度聞いても時間の無駄だと思ったから
受け入れる気にならないといいました。それでも同じことの繰り返しを言うだけで平行線です。
半年前から、入居を心待ちにしていてあともう少しというところでこんな嫌な思いをさせられて、この家には
住みたくないと思うほど、相手の態度に怒りを覚えたのでマンションの契約自体を破棄するので、手付金など
返金してもらえない分などと精神的苦痛に対する慰謝料をA社に請求したいと考えています。それは可能でしょうか?
これぐらい?!のことでここまでするかとおっしゃるかたもいるかもしれませんが、私にとっては色々な事情を
かかえてようやく本契約の直前まできたのに嫌な思いのまま入居したくないと思ってしまいます。
このまま、嫌な思いのまま入居するのでそれに対する慰謝料の請求は可能ですか?
現時点では損害はおっていませんよね?B社が入ることを知らなければこのままA社と契約していたことになり、B社(現在のマンションで契約中で最近更新したばかりです、それは事前に営業に引っ越し先でもB社が入ることを確認していたからです。)を解約することになり違約金まで請求されていたところでしたので。
このままでは、怒りが収まりません。どのように今後すすめていくのが最良の方法だと思われますでしょか、
先生方のご教授をよろしくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

いつもご相談いただきまして誠にありがとうございます。

民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変なお腹立ちだと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

確かに、マンションは一生に一度の大きな買い物です。

そこで最初にけちがつけば、何かことあるごとに

あの時のA社のことでと、ネガティブな発想になりがちで

いつまでも面白くないと思います。

とは言え、慰謝料に関しては、難しいかもしれません。

やはり個人対個人のように簡単には行かず

個人対企業ですと、絶対に慰謝料等は認めないことが多いのです。

認めれば同じようなトラブルに全部同じ対応をしないといけないからです。

その手のトラブルはA社は多いのではないでしょうか。

多分、裁判等になっても難しいと思います。

先方の判断はこうです。

それほどB社が良いのなら、なぜその場でB社に確認しなかったのか

それはご相談者様の落ち度であり、営業なのでつい口がすべることがあるなどと

言い逃れをしてきます。またそれが裁判で通ったりします。

実損があれば、それは支払うと思います。B社の解約手数料とかですね。

マンションを解約して手付金の請求は難しいと思います。

マンションだと手付金も高額ですよね。

とにかくA社には書面で謝罪させたり、そのマンションで営業するときに

こういうトラブルがありましたと、張り紙などしてもらうことです。

大手の良心的なメーカーやデパート等はそういうことはします。

業者側も勇気がいることですが、それぐらいしないといけないですね。

ただ、ご相談者様も悔しいでしょうが

ポジティブに考えてもらって、これで厄落としができたと

あまりネガティブにとらえないで下さい。

マンションで快適な生活ができることをお祈りいたします。

質問者: 返答済み 5 年 前.
supertonton先生にはいつもお世話になっており、本当に感謝致します。

本当に私達一家も良いことがなく、迷いに迷い購入を決意し、本契約直前にこんな

ケチがついてしまうと正直購入を躊躇ってしまいます。

電話では、今回の入居説明会に来場したすべての人にA社より電話して同じことが

起こっていないか確認させてもらいますと言っていましたが、その人達にとっては

プラスにはなりますが、我が家にとってなんらメリットはなくそんなことでは怒りが

収まるどころか余計に腹が立ち、もう言われることすべてが嫌味に聞こえ冷静に

話せなくなっているため、不動産会社とA社で話し合う様にお願いしましたが

とりあえずA社と直接会い、謝罪を聞いてあげて頂きたいと言われ、仕方なく来週

会う予定です。慰謝料という制裁が与えられないなら、それなりの制裁をやはり

与えなければ腹の虫が収まりませんが、あまり言い過ぎても最後には顧問弁護士を

出してきてたたみかけるでしょうね。

ホームページや新聞の広告の1面に今回のトラブルの原因および発生機序、今後の

対策等を掲載してもらうぐらいは要求したいものですが、正当ですかね?

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

いつでも企業側は、慰謝料に関しては渋いですね。

また、当事者のお辛い気持ちを全く考慮しないと言う有様です。

裁判になれば、やるだけ時間や労力の無駄です。

謝罪広告の要求はしても良いでしょうね。

ただ、謝罪広告と言うのは本当に、企業側には勇気がいることで

単なる勘違いとかではなく、故意に嘘の情報を流したのですからね。

表現の仕方が難しいケースです。

また、その営業マンがどうなるかも、考えると

ご相談者様もお辛くなるかもしれません。

先ほどの厄落としではないですが

ある意味、A社に貸しを作ると言う姿勢でも良いのかもしれません。

多分、そのまま契約すれば、数か月は無料とかの対応は受けれると思います。

謝罪広告は取り消すが、A社にそれなりの誠意を見せてくれと

要求するのもあるでしょうね。

あまり脅迫的にならないように注意して下さい。

後は、会うなら、一人ではなく友人やご親類などと複数で行かれた方が

変に丸め込まれずに済むと思います。

また納得いかない場合は、その場で返事をしないで持ち帰ることも大事です。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問