JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

2/29に退職するに当たり、2/1から1ヶ月間の有給休暇消化を望みましたが聞き入れられませんでした。引き継ぎが終わり

解決済みの質問:

2/29に退職するに当たり、2/1から1ヶ月間の有給休暇消化を望みましたが聞き入れられませんでした。引き継ぎが終わり次第有給休暇を取得せよとのこと。私が有給休暇を消化できない不利益はどうしようもないのでしょうか?有給休暇の買い上げや、退職日延長などの提案があってしかるべきと思っていたのですが・・・。また(そんなつもりはありませんでしたが)引継ぎなしで有給休暇取得は認められないし、業務の放棄として懲戒解雇に値する、とも言われました。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
有給休暇は、労働者の権利ですから、その権利を行使する時期を指定すれば、使用者は事業の正常な運営を妨げない限り拒否できるものではありません。

事業主に与えられているのは、事業の正常な運営を妨げるような場合に時期変更権を行使することだけです。
但し、退職時については、時季変更権の行使はできませんから有給休暇を拒むことはできない訳です。

会社が対応できる措置としては、あなたが言われるように有給休暇の買い上げや、退職日延長などでしょう。

会社に対し、有給の消化や買取など出来ないようであれば、、法違反の事実を労働基準監督署へ申告せざるを得ないと交渉されては、いかがでしょうか。

もちろん引継ぎもせず有給を取得したからと言って懲戒解雇となった場合には、逆に不当解雇で会社を訴えることが可能となります。
質問者: 返答済み 5 年 前.
私自身は、引き継ぎなしの有給消化、退職も望んでいません。
その状態で、争っても勝てるでしょうか?
つまり、有給の買取や退職日の延長などに強制力を持たせたいと考えているのですが…
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
有給の買取は法的には、定めがありません。また有給消化のための退職日の延長も法的に定めがある訳ではありません。そのためこれらに強制力を持たせることは難しいように思います。あくまでも会社との交渉によって決定するしかない訳です。

先ほど、法違反の事実を監督署へ申告せざるを得ないと申し上げたのは、交渉のための手段です。

有給を消化したいのであれば、実際に有給を取得して、それに対して、会社が給与をカットしたり懲戒処分した場合に監督署へ申告する形になります。
質問者: 返答済み 5 年 前.
なるほど、少し無理がありそうですね。
それでは、懲戒解雇をちらつかせて有給消化を認めなかったことを、
パワハラ?職権濫用?として訴えた場合、勝てるでしょうか?
専門家:  takatsukasa 返答済み 5 年 前.
それでは、懲戒解雇をちらつかせて有給消化を認めなかったことを、
パワハラ?職権濫用?として訴えた場合、勝てるでしょうか?

これも現実的には、難しいと思います。
労働基準監督署の判断基準は、法違反に対して指導するという形ですから、まずは会社に法違反の事実を作らせる必要があります。
takatsukasaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問