JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

本日、法律事務所を名乗る所から、罪状認否通知書なるものが送られてきました。 内容は、わいせつ図画販売で逮捕された業

解決済みの質問:

本日、 法律事務所を名乗る所から、罪状認否通知書なるものが送られてきました。
内容は、わいせつ図画販売で逮捕された業者からDVDの販売を受けたことがあるため刑事責任に問われるというものでした。
もちろん心当たりはないので、連絡先という電話番号にTELしてみましたがつながりませんでした。
通知書には、事件番号 平成23年 (に) 第3866号 裁判執行予定日 平成23年2月4日とありました。

架空請求の類かと思うのですが、本当だったらどうしようかと心配でたまりません。
このような通知が実際に弁護士さんから送られるようなことはあるのでしょうか?
またこの事件が本当かどうか確かめる方法はありますでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 5 年 前.

こんばんは。司法書士のshihouと申します。

そのような通知が来ると、身に覚えがなくとも不安になってしまいますね。

 

ご安心ください。

数年前から使われている架空請求の手口ですので、ただ無視すれば良いのです。こちらから電話連絡などもしてはいけません。

弁護士・法律事務所がそのような通知をすることはありませんし、事件番号も裁判所が使うものとは違います。

 

千葉県のHPに、消費者センターからの注意が掲載されていました。

これと同じ、もしくは模倣した手口でしょう。

http://www.pref.chiba.lg.jp/customer/oshirase/h19/kakuu.html

AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問