JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

シェアハウスという個室以外は共同のところに住んでいます。その隣人の部屋でお酒を飲んだときに、男女の仲になったものの、

解決済みの質問:

シェアハウスという個室以外は共同のところに住んでいます。その隣人の部屋でお酒を飲んだときに、男女の仲になったものの、彼は今彼女はいらないからという理由で私たちの関係は進みませんでした。しかし、彼の周りにいる女性から無言電話を受けたり、いやがらせの手紙が届いたりしたので、彼にそのことを 話し、このハウスから引越しをお願いしました。昨年12月のことです。彼は承諾しましたが、年末になり「引っ越さないから」と言い残し私と今は話したくないと一方的に拒否をして今に至っています。

元々、彼に誘われなかったら私の眼中になかった人でしたので、彼に誘われそこから色々嫌なことが発生しています。

彼の隣に住んでいるのも嫌ですし、彼が出て行ってくれないのなら、私が出て行こうと思っています。その際、なんらかの慰謝料というか、引越し費用を彼に求めることはできますか?(元々彼が引っ越すはずだったので)
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のshihouと申します。
そのような事情で引っ越すことになったのでは、彼に一定の負担を求めたいとお考えになるのも無理はないと思います。

 

ですが、結論から申し上げますと、慰謝料や引越費用の負担を彼に求めることはできません。

 

男女間の関係において、道義的に男性側に多くの非があり女性側が心情的な理由で引っ越さざるを得なくなったととしても、そのことで法律的に責任を問うのは極めて難しいのです。
また男性が誘ったことが原因とはいえ合意の上で男女の仲になったのですから、その結果生ずる人間関係についても一方のみの責任と言うことはできないでしょう。
無言電話や嫌がらせの手紙についても、その責任はそれらを行った女性達を負うべきもので、彼がそれらの行為の動機になっていることをもって、彼の責任を問うことはできません。

 

法律的には彼が拒否した場合に強制することができませんが、一度は自分が引越すことを承諾したのですし、道義的な責任は彼も感じているのでしょうから、費用の半額程度は負担するよう請求してみてはいかがでしょうか。

質問者: 返答済み 5 年 前.
すみません。補足説明をくわえます。
男女の仲になったと完結に書きましたが、同意の上ではありません。お酒で酔っていたとはいえ、彼が誘導していくその過程の中できちんと嫌であることを伝えています。そこを彼がむりやり襲ったにすぎません。

そういう場合であっても、彼に引越し代その他諸々、強姦罪などを適用することはできないのでしょうか?

宜しくお願いいたします。
専門家:  AE 返答済み 5 年 前.

同意の上ではなく、むりやり襲われたのですね。失礼しました。


酒に酔わせた上で無理やり行為に及んだのであれば、(準)強姦罪または強制わいせつ罪(刑法176~178条)にあたりますので、慰謝料や損害賠償を請求することができますし、警察に被害届を出す、告訴をすることもできます。

 

むりやりだということを相手が認めれば良いのですが、相手は合意の上だと主張するでしょうし、相手や警察とのやりとりをお一人でするのは大変ですので、弁護士に依頼すべきです。

日数が経過していることや、その後もシェアハウスでの生活を継続している状況はあなたにとって不利に働きますので、しっかりした客観的な証拠・証言が無いと難しいという印象をお話からは受けます。

 

このサイトでお伺いできる事情、お話できることには限りがありますので、実際に弁護士と面談し相談することをおすすめします。

経済的に余裕がなければ、下記の法テラスを利用することで無料の法律相談を受けたり、比較的低額で弁護士に依頼することができますので、こちらもご検討ください。

 

○日本司法支援センター 法テラス
http://www.houterasu.or.jp/
電話 0570-078374 受付時間 平日9時~21時まで

AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問