JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

親の財産について相談させてください。長女 長男(私) 父親で別々に暮らしております、長女 私ともに結婚しております。

解決済みの質問:

親の財産について相談させてください。長女 長男(私) 父親で別々に暮らしております、長女 私ともに結婚しておりま す。2年ほど前に母親が亡くなり父親は1人暮らしで理容業を今も一人でやっております、母の生前、姉の家の敷地内に母の介護(末期がん)を理由に家を建てさせましたが、母はほとんどそこに住むことなく亡くなりました。父親は家計についてはタッチしておらず、母親にまかせっきりで何も解らないようです。そこに姉が出てきて母親名義の銀行口座の解約や父親への名義変更など自分がやるといい、私に印鑑証明5通と実印を押させました。その書類上では、母親の財産をすべて姉に任せ父親へ相続をするという書類だけをもちその書類に私の実印を押させました。母が生前ある銀行へほとんどの財産をそこに積んであると聞いておりました。姉はその銀行印だけは知っており母が生きていると装い解約をしてきました。が姉の生活ぶりが急に派手になり、外車を2台買うなどおかしいとは思いつつそのままにしておりました。ところが先日私のうちにやってきて、自分の家のうらの土地が売りに出たので父親が住む実家を売って父親が買おうと思うと言ってきました。母の建てた家に住めるのに、すでに、不動産屋に頼んであると言う状態です、姉に母の財産の総額を聞くとそれほど残っていないといい切り。今後の父の話になると姉が自分で看るとは言うものの老後もし父を姉が看られなくなったときに施設などを利用するに当たり父の年金では足りない分を私に払うように言ってきました。私は姉に財産だけを取られ父親を押し付けられそうな状態です。今更遅いとは思いますが姉にやられっぱなしのことにきずき悔しくてなりません。今私に出来ることは何でしょうか、雑な文章ですいません。よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

この件について、お父様は何といってらっしゃるのでしょうか?もし、お父様がお姉さまの行為を承諾(娘に任せるといった感じでしょうか)されているのであれば、残念ですがお母様の相続の件についてはあまりできることはないかと思われます(あまり深く考えずに書類にサインしてしまったかと思いますが、一度した合意を取り消すことは困難です)。

仮に、お父様が知らないところで勝手に遺産(お父様の財産)を処分していたとすれば、民事で損害賠償請求するということも理屈としては考えられますが、自分の娘を訴えるということをお父様は望まれないかと思います(この場合、客観的には横領、窃盗などという刑事事件に該当する場合もありますが、親子間の場合、実際に刑事告訴することはできません)。

これから、ご質問者様がなされることは今回の件を教訓に、お父様がお亡くなりになられた際に備えておくことかと存じます。そもそも、このようなことになっているのをお父様はご存じなのでしょうか?もし把握されていないのであれば、一度お父様と現状についてお話をされるべきかと存じます。そのうえで、お父様の財産がまだあるのであれば、それについてご質問者様に相続する旨の遺言書を作成してもらうようお願いしてみては如何でしょうか(お姉さまがやっていることを正直に話せば理解して頂けるのではないでしょうか)?

※遺言を作成する場合は、公正証書で作成することをお勧めします。最寄りの公証役場に問い合わせれば手続きの方法はわかるかと存じます(電話でも教えてくれます)。

なんなら親族皆さんでお話してみてもいいかと思います。お姉さまももしもの時にご質問者様に負担を要求するようなことを言っているのであれば、ご質問者様も遠慮せずに今回相続できなかったことを主張して、お父様の時にはそのようなことがないよう上記のような約束をしておきたいと主張されたほうがよろしいかと存じます。

言い方は悪いですが、実際のところお父様を抱き込まなければ、やはりご質問者様が損をする可能性が今後も高いかと存じます。気分的には良くないでしょうが、このくらいの気持ちで臨まないと今後もお姉さまのいいようにされてしまうことかと思います。

大変でしょうが頑張ってください。

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問