JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4807
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

父親(母親は既に死亡)の相続でもめている。同居していた家族に父親名の郵便物が届かなくなって判明した。故人に来る文書等

解決済みの質問:

父親(母親は既に死亡)の相続でもめている。同居していた家族に父親名の郵便物が届かなくなって判明した。故人に来る文書等を把握するためと思われるが、亡くなったことを隠し、郵便局員をだまし故人の住所変更を郵便局に届け、了承させてしまったことの違法性について。どのような法律に触れるのか。教えてください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

現時点で郵便局員を騙したのか、ご相談者様達を騙したかのポイントはありますが

ご相談内容ではっきりしないのは

同居した家族にお父様の郵便物が届かなくした人物は誰でしょうか?

ご相談者様は同居した家族なのでしょうか?

一応、郵便物を別の住所に送ってもらうためには

転居届を郵便局に出します。この場合は本人確認などが必要ですが

郵送でも可能です。多分、郵送したのでしょうが、その場合の本人確認の

書類はどうされたのでしょうか?

そう考えると同居されていた家族にその方に同調される方が

いらっしゃるのかもしれません。

そういうことは別として

今回のケースでは、私文書偽造と行使の罪にあたり懲役や罰金もあり得ます。

告訴しても良いかもしれませんが

基本的に相手はご親族の誰かではありませんか?

調停の場できちんとした遺産分割協議をされた方が良いかもしれませんよ。

その時に、そのようなこうい

基本的に亡くなったかたの郵便物は家族のものではなく

差出人に返送されるもののようです。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
現在は、手続きをとり差出人に返送されていますが、同じに育った親族として話し合うこともできずに自分勝手な行動に、悲しみから怒りにかわってきています。
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

お話から、まだ遺産分割協議ができていらっしゃらないようですので

内容証明等で、先方に遺産分割協議に参加するよう要請して

参加して協議に応じないのであれば

家庭裁判所に遺産分割協議の調停を申立てると主張されても良いでしょう。

相手も調停は面倒でしょうし、譲歩する余地はあると思われます。

仮に調停になった場合は、今回の件を調停委員に話して

遺産分割協議を有利に進めましょう。

内容証明は、民事法務の得意な行政書士か、弁護士の先生にご依頼

されると良いと思います。

相続は骨肉の争いが出る場面です。特にこのような不景気な時代ですと

ちょっとでも得をしようと不正に走る方もいます。

他人なら遠慮するところも、身内だからこそ遠慮が無くなり

大変なことになります。

ご相談者様も毅然とした態度で相手に立ち向かって下さい。

頑張って下さい。

法律 についての関連する質問