JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

お世話になります。弁護士費用の着手金について、お聞きします。先日、父が祖父の遺産相続を巡り、相談所から紹介された弁護

解決済みの質問:

お世話になります。弁護士費用の着手金について、お聞きします。先日、父が祖父の遺産相続を巡り、相談所から紹介された弁護士事務所に伺って来ました。実のところ遺産相続分がどの程度あるのか、全く把握しておらず、相続金額の調査からお願いする事となりました。そこで、着手金として¥420,000を言い渡され、お願いしてしまいました。その時の依頼書類等は、まだ父の手元には無いとの事ですが、相続金額がわからない状態で、報酬とは別にこのような高額費用がいきなりかかるのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士のbengoshimailmeです。はじめまして。ご質問の文面から窺える事情に基づき,回答致します。回答には細心の注意を払っておりますが,できるだけ早く回答しようともしているため,単なる法律用語などは,説明なく用いる場合もあります。ご存じない専門用語は,Googleなどで検索なさって下さい。

着手金42万円というのは,弁護士報酬として必ずしも高額すぎるというわけではないのですよ。
結果的に,遺産総額が,現段階で分かっているものだけだったとしても,だいたいこれくらいは掛かってしまうものなんです。弁護士が着手金を要求するのは,後払いだと,人間の心理として,後になって結果が出てしまうとどうしても払いたくなくなってしまうものなので,そうなると弁護士は取りはぐれることになってしまうため,最低限を先に支払ってもらおうという予防策に出ざるを得ないからなのです。
成功報酬は,遺産の額に応じて計算されることになります。

42万円が必ずしも高額すぎるとはいえないことを示す資料として,市民のための 弁護士報酬ガイド - 日本弁護士連合会をご覧下さい。30万円〜50万円が一般的です。

もちろん,あなたとしては,その弁護士に依頼するかしないかの自由がありますから,他にもっと着手金の設定が低い弁護士をお探しになって,その方に依頼することもまったくの自由です。基本的には,着手金を払い終えるまではいつでもチェンジできますから,お気楽に考えると良いと思います。

ただ,私は,個人的な考えとして,こういう場合の報酬をどのように考えているかを説明しますと,依頼者の方は,どうしても弁護士に依頼しなければ解決できないから依頼しようとされ,そして依頼者の方々は,弁護士に依頼して問題が解決す れば,相続という,直接は自分の努力でなくお金が入る制度により得られる利益が数千万円ある。そうだとすれば,そうした利益を得るために専門知識やスキルがいるのなら,最低数十万円くらい支払うことも,必要なコストとして考えるべきなのではないか,というようなことを考えています。そして,この考え方は無理強いではなく,このコスト感覚に賛成して下さるなら依頼して下さったらよいわけですから,公平なのではないかなと思う次第です。

でも,相続の問題で,相続人間で争いがあまりない場合でしたら,何も弁護士ではなくて,司法書士さんや場合によっては税理士さんでも大丈夫ですから,そちらの先生方でもっと低額で引き受ける先生がいらしたら,お任せしても,それほど結果は変わらないと思いますので,ご検討されると良いと思いますよ。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答、ありがとうございます。昨年の2月に祖父が亡くなり、今年の1月に父の長男から、相続停止書類にハンコを押せとの連絡が入ったのが経緯でして、司法書士さんが運営する相談センターに相談した結果、弁護士さんの選択になったとのことです。長男が税理士によって、いろいろな手続きを済ませている以上、やはり弁護士さんの選択が妥当なのでしょうか?

専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
その「相続停止書類」というのは法律的に正しい用語ではないですので,何のことかはっきり分かりませんが,雰囲気からすれば,険悪な感じのする響きですから,弁護士に依頼なさることが,結局は良いと思いますよ。そういう意味で,弁護士の紹介になったのではないかなと思いますし,先ほど申し上げたとおり,平均的な着金の額ですので,その先生に依頼なさるのが得策だろうと思いますよ。
bengoshimailmeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問