JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

㈲小野工務店 小野と申します。 当社所有のアパートの屋根から落ちた雪で隣のアルミの塀が壊れました。隣の屋根は境界ギ

解決済みの質問:

㈲小野工務店 小野と申します。
当社所有のアパートの屋根から落ちた雪で隣のアルミの塀が壊れました。隣の屋根は境界ギリギリにあり雪は
アパート敷地に落ちます。アパートからの雪と隣の屋根の雪はアパート敷地に一方的に落ちますが、隣の言い分は
自分の屋根からは絶対雪は落ちないという事です。当初は当社負担で修理する旨を伝えました所、住人の方 からは了解を得ましたが、その後長男という方が来て、修繕プラス100%当社の責任という文章を一筆添えるよ言ってきました。当社としても納得がいかなっかたので、司法書士の方に相談してそれは出来ないとの返答をしました。
それから数ヶ月して保険会社より30数万円の請求が来ました。理由は当社アパートに雪止めがない為の災害としての請求です。当初当社で修繕の見積もりは18万でしたが、全額支払う必要がありますか?
平成21年1月30日の事故です。本日保険会社の弁護士より簡易裁判の通知が届きました。よろしくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士のbengoshimailmeです。はじめまして。ご質問の文面から窺える事情に基づき,回答致します。回答には細心の注意を払っておりますが,できるだけ早く回答しようともしているため,単なる法律用語などは,説明なく用いる場合もあります。ご存じない専門用語は,Googleなどで検索なさって下さい。

1.私が思うに,30数万円という,相手方の言うままのの金額を支払う必要などありません。

2.それから,相手方の「長男」という方の,一筆添えるようにという申し入れに関しても気にする必要はないです。それに対する反応としては正解だったと思いますよ。

3.弁護士から簡易裁判の通知が来たとのことですが,
 これは,貴社宛の簡易裁判所からの被告宛の訴状の送達と口頭弁論期日の通知でしょうか?それともこの「保険会社」というのは,貴社の加入している保険会社で,相手方に対して簡易裁判所に訴えを提起しましたよという報告のことでしょうか?
 どちらでも特にどうだということはないのですが,貴社が直接出廷しなければならないのだとしたら,裁判所宛に書面を出して(出すよう求められていると思います),期日に裁判所にお出掛けになって,貴社の主張をなさると良いと思いますよ。

以上に関してご質問がおありでしたらどうぞ遠慮なく書き込んで下さい。
bengoshimailmeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

早速回答頂きありがとうございます。訴状は相手方が加入している保険会社(東京海上日動火災保険株式会社)からです。訴状の理由は屋根に雪止めが無い為、注意義務を怠ったためとあります。当初は雪止めが有りませんでした。今は雪止めを設置しております。

答弁書にはどのように書いたら良いでしょうか?㈲小野工務店 小野

専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
基本的には,答弁書(これは裁判所のサイトにあるものですので,出どころは確かですから信頼して大丈夫です)を見て書いてみて下さい。

相手の言い分に対して,その言い分への反論(自分の言い分)を書くのですが,
相手の言い分の中心的な主張が,注意義務を怠ったこと,となっているとのことですから,
貴社の主張としては,①「注意義務を怠っていないこと」②「注意義務を尽くしたとしても結果の発生は避けられなかったこと(雪という不可抗力&相手の過失も組み合わさって発生した結果であること)」
の2本の主張をすべきですね。
そして,この①②は,上記のような結論だけじゃなくて,弊社は○○したから怠ってない,などというように,「事実」を示して書くことが必要です。つまり,例えば①は,「注意義務を怠っていなかったことを示す事実」を書いて下さい。

ちゃんと書いて出せば,裁判ではすぐに裁判官から和解を勧められるはずです。
相手は保険会社ですから早く解決したいはずですので相手もそれに乗るはずです。
ですので貴社も,できるだけ和解に乗るようにされた方が,早く終わって結局はお得ですよ。
(答弁書には,弊社の負担すべき責任は,あるとしても15万円だ,それなら払うのもやぶさかでない,30万円は全責任を転嫁していて法外だ,というようなことも書いておかれると良いと思いますよ)
bengoshimailmeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問