JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

bengoshimailmeに今すぐ質問する

bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

平成23年12月31日をもって会社を退職しましたがその後退職した会社より通告状が家に届きました。内容は前に行った工事

解決済みの質問:

平成23年12月31日をもって会社を退職しましたがその後退職した会社より通告状が家に届きました。内容は前に行った工事について虚偽が判明したため損害賠償請求をすると記載されていました。私の立場は正社員で土木工事の現場責任者でしたが、会社とコミュニケーションがうまくいかず、かつ年末に経営者より暴力をうけたことがきっかけで退職に至りました。今後民事裁判に発展すると考えますがどのように対応してよいかアドバイスいただけたら幸いです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士です。

それはひどいですね。かなり。就業規則を見ていない点は関係ありませんよ。あなたの非ではないです。
少しお尋ねしたいのですが,以下の点にお答え頂いてよろしいでしょうか?
1.あなたは,退職するつもりはなく,暴力により自己都合退職に追い込まれたということでよろしいでしょうか?
2.民事裁判に発展と書かれていますが,これは以前行った工事について虚偽があったから?損賠請求ということですか?この請求を民事裁判でやると通告されているということでしょうか?
3.上の損害とは具体的にどのような?
4.10万円天引きされたのは,あなたが会社のため立て替えた経費14万円があり,本来は戻って来るはずが,10万円引かれて4万円しかもらえず,ということでしょうか?
5.暴力とは何についてでしょうか?差し支えなければ。
6.勤めていらした期間は何年くらいでしょう?

以上お願いします。
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 818
経験: できるだけ分かり易くお答えします。
bengoshimailmeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
ちょっと待って下さい。承諾頂きましたが,まだ実質的なお答えをしておりません。
それでは,先の質問の答はないままに,分かる範囲で一応の回答をいたします。

①総論&結論:この件では,民事訴訟になることが確実な場合,相手方に対して,感情的でなく効果的な主張をした方がよいと思いますので,弁護士に依頼なさって下さい。

弁護士にお心当たりがおありでなければ,弁護士会の法律相談センターの相談をお受けになり,依頼なさると良いかと思います。

②民事訴訟に至らない場合:裁判所の,労働審判手続を利用なさってはいかがでしょうか。

これは,個別労働紛争を,原則として3回以内の期日で審理し,適宜調停を試み,調停による解決に至らない場合には,事案の実情に即した柔軟な解決を図るための労働審判を行うという紛争解決手続ですので,迅速ですし,裁判より柔軟ではないかと思います。この手続はご自身でもできますが,できればこの分野に慣れた弁護士のサポートを受けられた方がよいと思いますので,上記の①の弁護士会の相談センターに相談なさって下さい。

③あるいは,都道府県労働局の「個別労働紛争解決制度」のご利用も有効かと思います。

「個別労働紛争解決制度」は行政サービスですので、無料で行われます。強制力がないことが欠点ですが、裁判と異なり、労使双方の歩み寄りによる解決を目指しており、遺恨を残しません(相手からも恨みっこなしの結果を一応期待しやすいということです。完全な勝ち負けではないので)。

相談窓口は事業場管轄の労働局又は労働基準監督署です。

質問者: 返答済み 5 年 前.

1.その通りです。

2.通告状が1月14日(土)に郵送されてきました。現在竣工していない土木工事について訴える見たいです。理由は1月10日(火)に中間検査があり書類の出来栄えが悪いのが理由だそうです。12月末に引継ぎを行う予定でしたが、会社は引き継ぐ人間がいなく書類を1式検査が受けれるようにして机の上に置いとけというだけでした。それでは1次下請けとして元請に迷惑がかかると思い1月7日(土)から1月10日(月)朝まで元請さんの事務所で検査が受けれるように書類をともに作成しました。

3.損害は会社の信用失墜と書類の手直しにかかった費用、12月分の給料返納です。

4.工事の材料があまり、それを次の工事に使用できるのですが、運搬の費用をどうするのかとしつこく自腹着る方向にプレッシャーをかけられ、電話で分割でいいから給料から引いてくれとは言いましたがいきなり10万円はきつですし、10万円分の領収書を返納してくれるのが筋だと思います。

5.会社の資金繰りと現場の資金繰りについて意見を交わした時になぐられました。

6.個人事業主で9か月、正社員で2か月です。

パワーハラスメントでしんどかったです。

質問者: 返答済み 5 年 前.

1.その通りです。

2.通告状が1月14日(土)に郵送されてきました。現在竣工していない土木工事について訴える見たいです。理由は1月10日(火)に中間検査があり書類の出来栄えが悪いのが理由だそうです。12月末に引継ぎを行う予定でしたが、会社は引き継ぐ人間がいなく書類を1式検査が受けれるようにして机の上に置いとけというだけでした。それでは1次下請けとして元請に迷惑がかかると思い1月7日(土)から1月10日(月)朝まで元請さんの事務所で検査が受けれるように書類をともに作成しました。

3.損害は会社の信用失墜と書類の手直しにかかった費用、12月分の給料返納です。

4.工事の材料があまり、それを次の工事に使用できるのですが、運搬の費用をどうするのかとしつこく自腹着る方向にプレッシャーをかけられ、電話で分割でいいから給料から引いてくれとは言いましたがいきなり10万円はきつですし、10万円分の領収書を返納してくれるのが筋だと思います。

5.会社の資金繰りと現場の資金繰りについて意見を交わした時になぐられました。

6.個人事業主で9か月、正社員で2か月です。

パワーハラスメントでしんどかったです。

専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
ご返答ありがとうございます。やはりそうですか。非常にしんどかったでしょうね。極めて正義にもとる会社です。憤りを感じます。
1.そうですか,要は,むりやり退職に追い込まれたと。
2.中間検査の結果が良くないことを,あなた個人の責任にするのですか?そんな会社は聞いたことがないですね。(ただ,個人事業主で関わっていらしたということからすると,この工事の着工時からある段階までは,社員としてではなく,個人事業主(一人親方さん?)的な立場で関わっていらしたのでは?そうすると,その個人事業主の期間での下請への責任追及のような見方をされているのかも知れませんね)。
3.わかりました。給料返納ですか。。。なんということを。
4.当然ですね。なんで社員に負担させる会社があるものですか。
5.あまりにひどいです。
6.わかりました。
パワハラ……世間一般でいうパワハラなど遊びのようなものに感じます。本当に劣悪な環境だったのですね。さぞ情けなく悔しいことでしょう。言葉がないです。

あなたは,これはあまりにひどすぎますし,その会社には戻る必要はありませんので,とにかく早く損害の回復を目指しましょう。あなた独りでは太刀打ちできないでしょうから,弁護士の助力を受けて下さい。弁護士にお心当たりがおありでない場合は,法テラス|相談窓口に相談するか,日弁連の相談窓口のご案内から地域の弁護士会に連絡して弁護士の紹介を受けるサービスを利用なさるとよいと思います。

相手からの民事訴訟の提起を待つ必要はありません(コストがかかりますから本当に訴えてくるとは思えませんが)。
一刻も早く,弁護士に相談して(弁護士との相性もありますので,紹介を受けた弁護士と波長が合わなそうであったり,話をあまり理解してもらえていなさそうであれば,最初の相談だけで終えて(「考えさせて」と言って),別の弁護士の紹介を受けて下さい。相談は無料の場合と30分5000円の場合がありますが,5000円は損をしたとしても,合う弁護士を探して下さい。遠慮無く),相手会社に資力があるタイミングで,訴え提起と同時に仮処分をかけて責任財産の保全をして下さい。
ここで詳しく説明するよりも,一刻も早く弁護士に直接相談なさって欲しいです。
無事解決することをお祈りしています。このようなサイトですので,こんなことくらいしか言えず,申し訳ありません。
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
オンラインでいらっしゃるようですから,付け加えます。
元の会社,普段はお金がないでしょうけれど,あなたは内部にいた人ですから,会社に元請け等からお金が入ってくるタイミング(4,3,3とか,進行中の工事とか)をご存じのことと思います。さらに会社の取引銀行も分かる立場にあると思います。
ですから,そのタイミングで仮差しをかければ,あなたの損害は確実に回復されるのではないかと思いますから,ぜひとも,いい弁護士を見付けて下さい。
どういう法律構成で責めるかは,弁護士ごとに方針もありますし,細かい事情にもよりますので,依頼する弁護士と相談なさって下さい。

質問者: 返答済み 5 年 前.
通告状が送られてきましたが、これは何ですか?放っておいてもいいのですか?何か返信しないといけないのですか?
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
はい。通告状というのは,法律用語ではありませんし,法的には何ら意味のない書面ですから,放っておいてけっこうです。
(そういうものは,訴訟をできればしたくないと思っている人が,最後通牒だぞと脅せば払うと思って出す類のものです)
返信などしなくて大丈夫です。「訴えられたくないんだな」と調子に乗らせるだけですから。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3395
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3395
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    444
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee さんのアバター

    srlee

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    43
    早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    27
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    1629
    東京司法書士会所属
 
 
 

法律 についての関連する質問