JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shonansolicitorに今すぐ質問する
shonansolicitor
shonansolicitor, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 435
経験:  中央大学法学部卒。事務所経営者。裁判所事務官・地方公務員上級職等合格。
62133260
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shonansolicitorがオンラインで質問受付中

父が入院してから、いとこが時々見舞いに行きたいけど、車が家に1台しかないので、息子が使うとなかなか行けないという話を

解決済みの質問:

父が入院してから、いとこが時々見舞いに行きたいけど、車が家に1台しかないので、息子が使うとなかなか行けないという話を父にしたところ、「もう自 分は車の運転も出来ないし自分の車を乗ってくれていいよ」と、いとこに車の鍵を渡しました。それからしばらく、いとこが車を使用していましたが、先日父が亡くなりました。父の預金はほぼ0に近く、葬儀費用も足りない状態で、入院費や支払いもたくさん残っていたので、車を売却して少しでも足しにしようと車の返却をお願いすると、「あの車はもらったつもりでいた」と言われました。父は貸したつもりだと思うのですが、今更確かめることもできないし。どうすればよいでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

  はじめまして。質問を投稿頂きまして有難うございます。早速ですが、下記の通り回答させて頂きます。

 

  結論から申し上げると、いとこが、亡きお父様の車の贈与を受けるのは極めて危険というか困難だと思います。

 

  いとこが車検を受ける場合、申請書にお父様の名前を書き、押印することは出来てしまうかもしれません(実印や印鑑証明は不要ですから)。しかし、車検時に添付を要する自動車賠償責任保険証の名義人を、いとこさんは誰にされるつもりなのでしょか?任意保険の名義人を何方されるつもりなのでしょか?お聞きになってみて下さいませ。


  万が一、事故があつた場合、お父様の死亡日が確定しているので、警察及び損保会社への説明が必要となるとは思います。事故の関連で最悪、文書偽造等で問題がおこる可能性もあります。

 

 ですから、この車は正攻法で相続人が遺産分割協議のうえ相続するのが望ましいと思います。 運輸支局発行の簡単な自動車限定の遺産分割協議書があるようなのでそちらを利用して相続人が相続するようにして下さいませ。 その上で売却するならば売却することになります。

 

 いとこさんには保険のこと、事故の時の対応を考えたら極めて危険な状況におかれますし、そもそも違法行為です。そのお話をなさって諦めて頂くのが宜しいかと思います。  

  

  参考になりましたら幸いです。

shonansolicitorをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

もし仮に、父がいとこに車をあげると言っていたとしても同じでしょうか? 

相続人さえ承諾して名義変更すれば、いとこへの贈与も可能なのですか?

もし可能ならば、それを求めてくるのではないかと不安です。

専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

① <父がいとこに車をあげると言っていたとしても同じでしょうか?>

 

 

  いとこがお父様から贈与を受けていたら、その時点で車の名義変更しているのではないでしょうか?

 

  また、仮に車の価値が110万円を超えていれば贈与税が発生すると思いますが、贈与税を、いとこは払っているのでしょうか?

 

  客観的にみれば、タダで車を使用させていた使用貸借(593条)ではないでしょうか。

 

 

②<相続人さえ承諾して名義変更すれば、いとこへの贈与も可能なのですか?>

 

  相続人のどなたかが相続したあと、相続した方がその車をいとこに贈与するのは自由ですが。。。

 

  ①から客観的にみて贈与が成立していたとは思えません。  そもそも先の保険の問題・事故の問題があるので、相続人の誰かが相続するしかないと思います。

 

  その上で、いとこが贈与されることを希望しても、相続した方があげるつもりがなければ、「差し上げられません」とおっしゃれば良いのではないでしょうか?

 

  

shonansolicitorをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問