JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shonansolicitorに今すぐ質問する
shonansolicitor
shonansolicitor, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 435
経験:  中央大学法学部卒。事務所経営者。裁判所事務官・地方公務員上級職等合格。
62133260
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shonansolicitorがオンラインで質問受付中

18~19年前のことで相談します。当時付き合っていた17歳か18歳の子から今、「当時妊娠して中絶をしたのでその費用を

質問者の質問

18~19年前のことで相談します。当時付き合っていた17歳か18歳の子から今、「当時妊娠して中絶をしたのでその費用を払ってほしい」と旦那が言っていると言われています。旦那は調べて領収書等も持っていると言っています。まだ旦那とは会っていませんが、私の今の立場もあり、できれば今後何事もないように(再請求や他言をしないように)請求金額を用意しようと思っています。再請求や他言をしないようにするために、どのようなことをすればよいですか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

 はじめまして。質問を投稿頂きまして有難うございます。早速ですが、下記の通り回答させて頂きます。

 

 既に民事上、時効が成立している内容だと思われます(民法724条)。しかし、時効はあくまでも貴方が時効の利益を受けることを主張した場合に完成します。

 

 時効の利益を受けないで、相手の要求に応じるとのことのようですので。再請求や他言をしない旨の和解協議書兼誓約書をお作りになるのが良いと思います。

 

 公証役場で公正証書になさって、相手が誓約を破った場合は違約金を取るという内容が望ましいと思います。ご参考になりましたら幸いです。

 

全国の公証役場http://www.koshonin.gr.jp/sho.html

公証人連合会HPhttp://www.koshonin.gr.jp/index2.html



専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

 多少時間が出来ましたので補足させて頂きます。相手の方をX、貴方をYとして回答します。

 

  XY当事者間で話合いをして話がまとまった内容を、当事者からお聞きして法律文書にするするだけなら行政書士の方でも可能かも知れませんが。 更に、それを原案として公証役場に提出し、公正証書になさることが望ましいと思います。

 

  しかし、XまたはYが相手方と直接和解金の交渉をなさらず、代理の方に交渉をお願いしたいと考えた場合、和解金の交渉となると、通常は弁護士の先生に依頼する必要があります。(簡易裁判所で扱える140万円以下の内容ですと、認定司法書士の先生でも可能と思います。)

 

  お知り合いに弁護士(や認定司法書士)の先生がいらっしゃらなければ、地元の弁護士会(司法書士会)から、ご紹介を受けるのは一番だと思います。(なお、このサイトに登録なさっている弁護士の先生(または認定司法書士の先生)から直接お話をお聞きになりたい場合は、当方はオプトアウト(回答権放棄)しますので、お申し出下さいませ。但し、ここに登録なさっている先生方に直接、業務の依頼は出来ないことにシステム上なっていますので、ご了承下さいませ。)

質問者: 返答済み 5 年 前.
相手からは、行政書士を通して内容証明郵便を送るからと言われています。お金も振り込みしましたので、その内容を見てから判断させてもらっていいでしょうか?

回答を2ついただいて大変助かりますが、専門的なことなのではっきりさせておきたいので。
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

  内容証明が貴方のところに来てから、改めてご相談なさりたいということでしょうか? ご相談はいつでも結構です。常に即時に回答出来るとは限りませんが。12時間以内には回答出来ると思います。

 

  Xから来た内容でよければ、Xにお支払をなさり、再請求や他言をしない旨の誓約書を兼ねた和解協議書兼誓約書をお作りになるのが望ましいには既にお話した通りです。  公証役場で公正証書になさって、相手が誓約を破った場合は違約金を取るという内容が一番望ましいと思います

 

  X側は内容証明を行政書士さんに作成を依頼したそうですが。行政書士さんは、基本的にはXが言った内容を法律用語を使って作成代行(代書)をするだけです。 Xさんにアドバイスぐらいはするかもしれませんがが。行政書士さんが貴方と直接交渉することはありません。法律上、出来ません。

 

  貴方はXさんからの内容に異議があればXさんと直接交渉することになります。 Xさんとの交渉を他人に依頼する場合は、基本的には弁護士さん(140万円以下は認定司法書士でも可)となります。

専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.
頂いた質問に回答を送らせて頂きましたので、ご確認下さい。ご不明な点がございましたら、改めてご質問下さいませ。

 

法律 についての関連する質問