JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

質問です。 台湾のヤオフクで、空気銃の銃身を購入し日本に送ってもらうつもりでいます。 銃身だけですので、銃刀法に

解決済みの質問:

質問です。
台湾のヤオフクで、空気銃の銃身を購入し日本に送ってもらうつもりでいます。
銃身だけですので、銃刀法には違反しないと判断していますが、いかがなものでしょうか?
銃刀上部品の規制をしているのは、拳銃部品のみの様なのですが、
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士です。こんにちは。

確かに,銃刀法で部品の輸入の規制があるのは,けん銃についてのみです。
(銃刀法3条の5)

ですが,関税率表第19部 武器及び銃砲弾並びにこれらの部分品及び附属品,第93類 武器及び銃砲弾並びにこれらの部分品及び附属品にある,第93・04項に「空気銃」が規定されており,また,

この空気銃等の輸入にあたっては,
武器等製造法(昭和28年法律第145号。以下「武等法」という。)第17条の規定によ る猟銃等製造事業者、武等法第18条ただし書の許可を受けた者、武等法第19条の規定によ る猟銃等販売事業者(武等法の対象から除かれている銃砲を業務のために輸入する場合は銃刀 法第3条第1項第11号による届出等をした者)、国若しくは地方公共団体から輸入の委託を 受けた者、銃刀法第4条第1項の規定による所持の許可を受けた者、前記以外の者であって銃 刀法第3条第1項の規定により所持が認められている者又はこれらの者から輸入の委託を受けた者

でなければ,

輸入貿易管理令第4条1項2号に基づく,貨物の輸入についての経済産業大臣による承認を得られない(平成19年3月5日付け経済産業省告示第49号(輸入公表の一部を改正する告示)

ため,
輸入することはできないのですよ。
質問者: 返答済み 5 年 前.

罰則はあるのですか。

又、税関も無事通過して手元にと届いた場合どのようなてつつぎ

ガ必要なの手続きが必要なのでじょうか ?

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

罰則はあるのですか。

又、税関も無事通過して手元にと届いた場合どのようなてつつぎ

ガ必要なの手続きが必要なのでじょうか ?

今後配達された場合、どの様な対応が必要なのでしょうか。

税関さえ通過すれば、その後の所持は違反しないのでしょうか?

又、銃刀法上の免債事項はないのでしょうか

 

 

専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
税関通過後の所持に関して,これは部品にすぎないため,所持そのものは問題ないと思われます。
(これは銃刀法上に規定のない部品ですので,免責事由にあたらないと解されます)
質問者: 返答済み 5 年 前.
特別な事情が無い場合の他、税関からの告発等が無い場合は、刑事事件として発展する恐れはないのでしょうか。
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
税関で止められると,呼び出しがありまして,そこへ行くと,事情をいろいろ訊かれた後に(税関職員にも逮捕権のようなものがあります),警察には通報されると思われます(すなわち刑事事件に発展します)。

かといって,税関からの通知を無視 していると,没収の通知が届きますが,銃の部品でしたら間違いなくその通知よりも先に,捜査官が事情聴取に来ると思われます(しかし,来るまでに1ヶ月とかそれ以上掛かることもありますので,かなり怖いと思います。ですから,最初の税関からの通知が来た時点で,自首した方が良いかも知れないです)。

無事に商品が届いた場合は,おそらく何もないと思います(けん銃そのものの場合とはちがって,コントロールドデリバリーということはないと思います)。
bengoshimailmeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

税関でとめられた場合、受け取りを拒否するとか、所有権放棄するなどすればそれで、一件落着するときいていましたが、初犯でも告発もあるのでしょうか?

 

 

専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
はい。受取拒否,所有権放棄は,難しいですよ。
つまり,そうするためには,最初に税関から届くはがきにようなものに対して,自分で電話するか行くかをしなければなりません(あるいは無視するか) 。
税関職員と話して,「こんなものを購入した覚えも,送ってもらった覚えも,送り主も知らない」としらを切らねばならないからです。ところが,少しでもあなたの指図で発送させた痕跡,あなたが購入した痕跡があれば,それは通りません(相手が,明細書などを入れていて,「○○様,ありがとうございました」などと書いていたら,税関はそれを開封して知っているのに,あなたはその存在をしらないため,賭けに出なければならないからです)。

そして,届けには来てくれませんので,受取拒否というのは事実上できないでしょう。

所有権放棄については,最初の通知の時に行って,うまくしらを切ることができれば,可能でしょう。そんなものは知りませんからいりません,と。
ですが,あなたが自分の意思で購入し,自分宛送らせたと分かると,それは通じません。既に犯罪が成立してしまっているので。
銃の部品は,銃そのものではないにしても,かなり厳しく取り締まられるはずですから,ばれてしまったら,初犯であっても一件落着はないと思います。初犯であることが影響するとすれば,送検後,起訴の有無に関してと,起訴後の量刑に関してですね。


先ほど,罰則について書いたのですが,サイトの不具合で,投稿されていませんでした。
罰則は,5年以下の懲役または500万円以下の罰金あるいはそれらの併科です。

ただ,送られてくるものが大量でなく,また単なる金属の筒状のものであるとすれば,それがバレルであるとバレることはあまりないかもしれませんね。
質問者: 返答済み 5 年 前.

これまでの質問の結果として、銃刀法上の規制は無く、税関を通過すれば直接的な問題はないとの理解で、良いのでしょうか、税関に申し出ることも教示してもらいましたが地理的にもむりですので、なるようにしかならないとりかいしたいのですが、いかがでしょうか?

専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
そのとおりです。なるようにしかなりませんが,私は立場上,お勧めはできません。
銃刀法上の規制はないですが,密輸になってしまいますので,関税法違反と,外国為替及び外国貿易法69条の7第5号「第五十二条の規定に基づく命令の規定による承認を受けないで貨物の輸入をした者」にあたり,5年以下の懲役または500万円以下の罰金あるいはそれらが併科されます。
税関を通過すれば事実上なにもないとおもいます。

法律 についての関連する質問