JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

以前民事調停を行い、折り合いがつかず、裁判官から提案された民事調停法第17条に基づく調停に代わる決定をもらいました。

質問者の質問

以前民事調停を行い、折り合いがつかず、裁判官から提案された民事調停法第17条に基づく調停に代わる決定をもらいました。内容は申立人である私に、相手方が30万円を支払うというもの。
最後の調停は12月15日。裁判所から通知された決定書の日付は12月20日。
しかし相手方から異議申し立てがありました。
その日付は、相手方が異議申 し立てをしたのが、1月9日。
裁判所が受理したのが、1月10日。
20日付けの書類には、2週間以内に異議申し立てがない場合は、裁判上の和解と同一の効力を有すると記載があります。
なぜ異議申し立てが受理されたのでしょうか?もう2週間は過ぎているはずです。
和解したとばかり思っていて、急に書類が届いたのでとても動揺しています。
裁判所
に問い合わせたいけど、時間外。
乱文で申し訳ないですけど、返事頂けませんか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

二週間の異議申述期間は、当事者が決定の告知を受けた時から開始します。また、告知が郵送などで行われた場合、その日は含まれません(初日不算入)。

ですので裁判所が決定を出した日が12/20でも、それが送付されてきた日が12/26だったりすると期間の開始は12/27からとなったりします。

ですので、相手方がいつその告知を受け取ったかによって期間内かどうかという話になってきますので、そこを裁判所に確認する必要があろうかと存じます。

質問者: 返答済み 5 年 前.
お返事ありがとうございます。ただ1点疑問なのですが、書類を受け取った日とは、自己申告なのですか?
それならいくら日付が経っていようとも、ポストを見ていなかったといえば、いくらでも成立すると思いますが。
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

ご返答有難うございます。

通常、この書類は書留郵便で行われます。ですので裁判所はその郵便記録を確認して到達したかどうか判断します。

それにしてもおっしゃるとおり、少し遅いような気もしますので、やはり裁判所に事情を確認すべきかと思います。

質問者: 返答済み 5 年 前.
何度も質問してすいません。私の家には普通郵便できました。
相手にだけ書留郵便でいくなんてことありますか?

少なくとも私の封筒の消印は21日です。
受け取ったのも23日です。

明日朝一番で裁判所に連絡するつもりですが、一度受理した異議申し立てを取り下げるなんてことあるのでしょうか?

もし裁判所から相手が26日に受け取ったと言っているから、しかたがないといわれたら、どう返答したらいいでしょうか?
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

裁判所が、告知の到達を当事者の申告によって判断していることはないかとは思いますが、どうしても裁判所の手続きに納得がいかない場合、即時抗告という申立てをして手続きの不当性を訴えることができます。

異議申立ての受理決定が覆る可能性は低いかとは思いますが、どうしても納得いく説明がもらえない場合は、ご検討の余地があろうかと思います。

法律 についての関連する質問