JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dresquireに今すぐ質問する
dresquire
dresquire, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 265
経験:  できるだけ迅速かつわかりやすくお答えしようと思っています。
60912397
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
dresquireがオンラインで質問受付中

祖母が認知症の疑いがあります。その祖母の口座から他の家に嫁いだ娘が祖母の同意もなく勝手にお金を引き落とししていました

解決済みの質問:

祖母が認知症の疑いがあります。その祖母の口座から他の家に嫁いだ娘が祖母の同意もなく勝手にお金を引き落とししていました。なお祖母が知らない所で勝手にキャッシュカードやデビットカードを作ってあります。これは犯罪ではないのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  dresquire 返答済み 5 年 前.
弁護士です。こんばんは。はじめまして。

たしかに,その行為は,無権限で,ご本人の同意なしに,ご本人が認知症であることをいいことに,ほしいままにその財産を我がものとする行為ですので,窃盗あるいは横領罪にあたりうる行為です。
しかしながら,親子の場合,直系血族ですので,直系血族間の窃盗,横領は,犯罪にならないとされているのです。これを親族相盗例といい,「法は家庭に入らず」との法格言から刑法上定められているものです。

それゆえ,もともと犯罪ではないということになってしまうのですよ。
もしも,あなたがお孫さんとして,この行為を止めたいとお考えでしたら,あなたが,お祖母様の任意後見人となることにより,
財産の管理をなさると良いと思いますよ。
お祖母様の身体が弱って公証人役場まで行けないような場合は,
「Q体力が弱って,公証役場に出向くことができないときでも,任意後見契約を締結することができますか?
Aその場合には,公証人が,自宅や病院に出張して公正証書を作成することができます。なお,この場合には,上記1の手数料が50%加算される(1万6500円になります。)ほか,日当と現場までの交通費が加算されます。」
(上記リンク公証人役場ウェブサイト)
その後,家庭裁判所で,後見人選任の手続をなさることで,任意後見人としての職務を遂行でき,お祖母様の財産を勝手に使い込んでいらっしゃる伯母様(叔母様)の行為を,正々堂々と阻止することができますよ。
dresquireをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問