JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

先日高校生の息子が夜8時頃ジョギング中、前を走る自転車の女性にぶつかり転ばしてしまいました。息子は目が悪いのにコンタクト無しでしかも携帯画面を見ながら走っていた為、前が見えてなかっ

質問者の質問

先日高校生の息子が夜8時頃ジョギング中、前を走る自転車の女性にぶつかり転ばしてしまいました。息子は目が悪いのにコンタクト無しでしかも携帯画面を見ながら走っていた為、前が見えてなかったようです。
後ろからぶつかったのもあり相手はキャーキャーと言って騒がれ 、びっくりした息子はすみませんと言ってその場を離れたした。その後警察に通報されたようで警官が集まっているのを見た息子があたしに事情を話、警察で事情聴取となりました。女性は自転車の荷台をつかまれ転ばされたと言われているようで、できたら直接話して事情を説明し謝罪をしたいと警察にお願いしたら今はそれはできないと言われました。勿論息子の非は認めますが、携帯を持って見ながら人にぶつかったら何罪になりますか?
警察にそんな感じのことを言われ、立派な罪なんだから、簡単に考えると言われました。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士です。
こんにちは。

警察官は,被害者の言うことを鵜呑みにする傾向があります。そして,女性は,夜間だったりして,驚きから身の危険を一瞬感じたりすると,勘違いにもかかわらず必要以上に騒ぎ立て,警察がくると引っ込みがつかなくなって余計に大袈裟に被害者ぶるという傾向があります。そのせいでたいへんな目に遭った例を何度も見ています。
今回の女性は,自転車の荷台をつかまれ転ばされたと主張しているとのことですが,勘違いにもかかわらず極めて大袈裟ですね。

ただ,事情聴取をお母様と受けることができたのは非常にラッキーだったと思います。
警察も,その場では意地悪なことを言ったようですが,もしもおかしな意図が息子さんにあったとすれば,母親と一緒に出頭するはずがありませんし,聴取では一貫した説明ができているでしょうから,事件性なしとの結論に持って行こうと,被害者女性を説得している頃なのではないかと想像します。

二輪車に対して,歩行者がぶつかったという事件ですから,およそ犯罪にはなり得ないと思います。仮に女性が転倒して怪我をしている場合でも,過失傷害罪といって罰金刑だけの軽い犯罪ですので,刑事事件にはならないはずです。そして,おそらく,傷害といえるほどの怪我はしていないでしょうから(していればすぐに写真撮影,病院での診察,診断書ということになります),それも可能性は低いです。
歩行者の前方不注視では,道路交通法違反にもなり得ないと思います。

ということですので,お話を聞く限りでは,犯罪になどならないと思われます。今は安心なさって大丈夫でしょう。

(謝罪させてくれとの申し出を拒否するというのは,情状を軽くする謝罪や示談の機会を警察が妨害しているわけですから,その点からも,たいした事件ではないと考えていると思われます。わざと意地悪くしているだけなのではないでしょうか。「立派な罪」などと言うなら罪名をはっきり言えば良いわけですけど,罪名など無いから言えないのです)



質問者: 返答済み 5 年 前.
同一方向へ走ってる自転車に走る人がぶつかるのは不自然だし、携帯を持って走って人にぶつかるのは「〇〇罪に当たります」と言われました。何罪だったか良く聞き取れなくて…
当日は夜も遅くなり、1時間くらいの事情聴取はしましたが10分の1しか済んでいないと言われ、後日また呼ばれることに。すでに1週間経っていて学校も始まるので催促の電話をしたらもう少し待つように言われました。息子も落ち着かない様子なので 先方と話をさせて欲しいと頼んだら、上記のようなことを言われて…
事情聴取が済めば相手と話をさせてもらえるのでしょうか? また話をしても被害届を取り下げてもらえなければ家庭裁判所へ書類がいくのですか? 弁護士を頼んでぶつかっただけで故意にしたのではないことを弁護してもらうこともできますか?家庭裁判所に書類が行く前にそれはできますか?
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
それはあまりに陰険な対応だ。許し難いですね。

すぐに,お住まいの都道府県の弁護士会の刑事弁護センターに電話して,弁護人(少年付添人)を要請して下さい。

>事情聴取が済めば相手と話をさせてもらえるのでしょうか? 
→それはなんとも言えないです。その対応を見る限り。

>また話をしても被害届を取り下げてもらえなければ家庭裁判所へ書類がいくのですか?
→そうなのです。私はなんら犯罪の構成要件にあたることはないと思いますが,仮に警察がなんらかの犯罪だと考えるとすれば,被害届の取り下げとはおそらく無関係に,「全件送致主義」といって,全部の少年事件は家庭裁判所に送られることになっています。しかし,この家裁への送致自体は,それほど恐れることはないですよ。私の考えでは犯罪などではありえないのと同様,家裁もこれを犯罪だとして処理することはないと思いますので。
>弁護士を頼んでぶつかっただけで故意にしたのではないことを弁護してもらうこともできますか?
→それはもちろん可能です。少年付添人というのが大人でいう刑事弁護人なのですが,その役割を,その弁護士がやってくれます。
>家庭裁判所に書類が行く前にそれはできますか?
→犯罪として処理されてしまうと,先ほどの全件送致主義になってしまうのですが,付添人の活動次第では,それを防ぐことができるかも知れません。
ただ,繰り返しになりますが,家裁への送致自体は,前歴にもなんにもなりませんし,他人に知れることもありませんので,心配なさらないで下さい。また,それ以上に大きな事件化されるようなことにもなりませんので,ご子息と一緒に落ち着いてあげて下さい。次の事情聴取までに,必ず,上記の弁護士に来てもらうようにして,その弁護士と契約して下さい(経済状態により国の扶助を受けることができます)。

とにかく,私も腹立たしくなるほどにひどい対応ですから,
の連絡先=被疑者段階及び第一審の私選弁護人紹介申出受付
に連絡なさって,弁護人の紹介を受け,相談なさってください。
相談後は,安心されて大丈夫ですよ。

法律 についての関連する質問