JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

自分が、家賃滞納の被告なのですが、答弁書作成、裁判における答弁の 相談を、司法書士と弁護士どちらに相談するのが

解決済みの質問:

自分が、家賃滞納の被告なのですが、答弁書作成、裁判における答弁の

相談を、司法書士と弁護士どちらに相談するのが良いのでしょうか?

裁判は、地方裁判所です。 
 
                      東京都在中
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

地裁案件ということであれば、代理人を頼みたいのであれば弁護士先生、書類作成のサポートであれば司法書士でもよろしいかと存じます。

ご存知かもしれませんが、司法書士は簡易裁判所でしかご本人を代理できません。ですので、全ての手続きを依頼したいのであれば弁護士先生、書類作成のみ専門家にまかせ、実際の裁判はご自分で出頭することができるのであれば司法書士にサポートを依頼してもよろしいかと思います。

そして、費用についてですが、これはそれぞれの事務所によって異なりますので一概にはいえませんが、上記のようにご本人をサポートできる範囲が異なりますので、弁護士先生のほうが高額になろうかと思います。あくまで一般的な相場となりますが、弁護士先生なら10万以上、司法書士の書類サポートなら10万以下(裁判が伸びればこれを超える可能性も十分あります)くらいかと思います。

なお、弁護士の先生で書類作成のサポートのみ受けるという先生はあまり聞きません。仮にそういった希望があったとしても、そういった先生を探すのは大変かもしれません。

また、当サイトでは個別に専門家をご紹介することはできませんので、その旨ご了承ください。

質問者: 返答済み 5 年 前.
御返信有難う御座います、質問の補足ですが
裁判での自分の主張は、答弁書でも十分できますか?
又、司法書士の方に依頼する場合
法的所見からアドバイス頂けるのでしょうか?
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

ご返信有難うございます。

基本的にご自分の主張はすべて答弁書や準備書面に記載します。

そして、裁判期日に出頭した際にも、答弁書に書いて内容は陳述したとみなされますので、改めて口頭で話す必要はありませんのでご安心ください。

※裁判官が被告は答弁書記載の通り陳述しますか?と聞いてきますので、陳述しますと答えてください。

また、書類作成をサポートする際は、当然に法的な所見を述べさせて頂きます(でなければ司法書士が作る意味がありません)。ですので、ご質問者様のご主張から法的に主張しうるもの、その主張の仕方などは司法書士からアドバイスを受けることができますし、それを如何に答弁書に記載するかも書類作成を請け負った司法書士の仕事ですのでご安心ください。

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
有難う御座いました。
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

大変でしょうが頑張ってください。

法律 についての関連する質問