JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

ペットの里親募集サイトを運営している非営利法人です。 保護団体と里親希望者をマッチングするサイトです。 里親

解決済みの質問:

ペ ットの里親募集サイトを運営している非営利法人です。
保護団体と里親希望者をマッチングするサイトです。

里親希望者の中には、ペットを虐待するために
やさしい里親になりすます里親詐欺がいます。
先日も川崎市で事件がありました。
里親詐欺を防止するために、サイト利用者の情報を保護団体と共有したいのですが、
おそらく個人情報保護法にひっかかると思いましたので、
専門知識のある方にご相談したいと思いこちらに投稿させていただいています。

こちらとしては、サイト利用者のサイト利用状況(保護団体への問い合わせと結果の履歴)や
詐欺等の前歴を持つ要注意人物の情報などを「氏名」「メールアドレス」「住所」で
検索できるようなシステムをつくりたいと思っていますが、
どのあたりまでなら法律的にグレーゾーンなのか、
万が一訴えられた場合、どのような懲罰になるのか、
等、教えていただけないでしょうか。
また、利用者が利用登録する際に、保護団体が掲載登録する際に、
規約として同意してもらう内容も知りたいです。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士です。こんばんは。

お考えの趣旨は分かりました。
おっしゃるとおり,別の目的で得られた個人情報を,他の目的で利用すること,利用させることは,個人情報保護法に抵触すると思います。
しかしながら,一方で,あなたの実現しようとしている,詐欺防止,詐欺・虐待者排除という目的は正当です。

この目的を達成するために,どのような手段が考えられるかという観点から検討されてはどうでしょう。
あなたは,氏名,メールアドレス,住所のクロス検索のシステムを作りたいとお考えですが,虐待者を発見する,排除する方法は,他にないでしょうか。
また,上記の項目のうち(上記は例だろうと思いますが),メールアドレスは,手軽ですが,あまり意味はないかも知れません。メールアドレスは,1人に1個という固有の情報ではなく,いくらでも変えて登録することも可能であり,情報として膨大になる割に,ヒットの可能性は下がりますよね。

たとえば,Yahoo!オークションなどでは,要注意の利用者の情報として,銀行口座の銀行名・支店名・口座番号の1桁2桁を隠したもの,を公開しています。詐欺かどうかというのは,厳密には,最終的には起訴され,かつ有罪判決が確定しなければわからないことですよね。ですが,利用者からの被害報告で上がってきた銀行口座は,少なくとも被害報告をした利用者がお金を振り込んでも,商品を送付しなかった者の口座であることに違いありません。
これは,口座名を出さないで,かつ番号の全ての桁を明らかにしなければ,誰のプライバシーを傷つける情報ではないので,なんら法に抵触しないのではないかと思います。
里親に なるのに,お金がからむかどうかは存じませんが,たとえばサイト利用の登録時に,IDの代わりとして銀行口座を登録してもらうシステムにして,利用者をそのID=口座情報で管理するというのはどうでしょう?(もちろん,今思い付いただけのことですから,他にも方法はあると思います。口座としてしまうと,過去のデータと照合できない弱みがありますしね)  そういうようなことにして,あくまで身元とつながりやすいデータと,利用者の識別情報的なデータを切り離すことができるのではないかなと思います。怪しい利用者の情報は,その識別情報の方と結びつけると,切り離された方のデータを持たない者・データにアクセスできない者=一般の利用者には,疑わしい者を実在の主体としては特定することはできないかしづらくなるため,個人情報保護法が保護しようとするプライバシーを過度に脅かす危険を少なくすることができるのではないか,などと思います。

あなたがサイトの運営者で,ある意味サイトの責任者なのでしたら,あなたが利用者の情報に触れることは当然に予定されていることですので,問題はないわけです。サイト利用にあたって登録する個人情報を,本来とは別の目的に使うことはしないと,おそらくプライバシーポリシーで表明されていると思いますが,その目的の中に,「ペットの里親制度をその趣旨にかなうものにするため,ペットの虐待や虐待を隠した人物が里親となることを防ぐ」というのを入れておくというのも手でしょうね。
そうすれば,管理者としてアクセスできる利用者の個人情報を,ペットへの被害を被らせるおそれのある利用者の発見と排除のために利用することは,利用者の範囲が厳しく守られているならば問題ないでしょう。
個人の利用者のもとへ誰がメールをしたかの追跡までできるとすると,それは技術的にはもちろん可能ですが,かなりまずいですね。

さっと考えてみただけですから,粗いですが,このような感じで考えることは可能だと思いませんか?

これ,という回答を示すには,少し漠然としているのと,このサイトの利用の仕方,回答の仕方の都合上,これ以上詳細な検討は難しいため,これで良しとして下さい。

継続的な相談が必要だとのあなたの予想は正解だと私も思うのですが,当サイトでは,特定の方とのサイト外での接触はお互いに禁止されていますし,特定のサイト外の弁護士などをご紹介することもできない決まりです。

そこで,メールなどで相談可能なサイトとして,「弁護士.com」というところなんかがあります。
当サイトよりも登録している弁護士が圧倒的に多く,メールのみでの受任というのもありますので,利用なさってはいかがでしょう。メールの3往復まで3000円とかそのような料金設定もあったと記憶しています。
bengoshimailmeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問