JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表。
60879286
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

3年程前に離婚しました。こどもが二人いて、親権は元妻にあり、養育費を月々11万円払っています。扶養家族がいなくなった

解決済みの質問:

3年程前に離婚しました。こどもが二人いて、親権は元妻にあり、養育費を月々11万円払っています。扶養家族がいなくなったことで所得税等も上がり、自分の生活が結構圧迫されてます。源泉徴収でその辺りを考慮してもらうことは無理なのでしょうか?ちなみに元妻は近々結婚すると聞いています。教えて下さい。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

こんにちは、行政書士のyorozuyaです。質問を投稿いただき誠にありがとうございます。ご質問への回答は下記の通りになります。わかりやすい回答を心がけておりますが。ご不明な点などありましたら、お気軽にご返信ください。

 

収入の減少や家族構成の変化は養育費減額・免除の理由になります。

 

元奥様が再婚されてお子さんが新しい旦那さんと養子縁組した場合、扶養すべき第一次的義務者は養親になり、実父は二次的な扶養義務を負います。

 

元奥様が再婚されて養子縁組が済んだ頃に養育費免除を求めて調停を申し立てれば最低でも減額、場合によっては免除が認められる可能性が非常に高いと考えられますので、再婚後に元奥様に申し入れ、協議でまとまらない場合は家裁に調停を申し立てることをお勧めいたします。

sakurabitoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問