JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表。
60879286
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

不倫問題についてです。 ある男性(A)が既婚女性との間に子供を作ってしまいました。子供は9月に妊娠しまだ産まれていません。 その既婚女性(B)は夫(C)と別れてAといっしょにな

解決済みの質問:

不倫問題についてです。
ある男性(A)が既婚女性との間に子供を作ってしまいました。子供は9月に妊娠しまだ産まれていません。
その既婚女性(B)は夫(C)と別れてAといっしょになりたいと思っていますが、Aは別に彼女(D)がいて結婚を前提としています。 既婚女性(B)は1人で育てても構わないのでAにあなたの子供が欲しいと迫っていました。またAはBの結婚生活が破綻していてもうすぐ離婚す るということを聞かされていました。

質問ですが、Aが既婚女性(B)またはCより慰謝料または養育費の請求を受けることはあるのでしょうか。またその支払の義務はあるのでしょうか。またはAとDが子供を引き取り育てることはできるのでしょうか。Bは精神的に不安定な部分もあり生まれる子供にとって良い影響になるのか疑問です。

どうぞよろしくお願いいたします。ちなみに質問者はAとDです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

 

不貞行為について。

AさんとB子さんは共同して夫であるCさんの貞操権を侵害したことにより、Cさんから不貞行為に対する精神的苦痛の慰謝料請求をされる恐れがあります。

 

交際相手である片方の配偶者から「破たんしている」と聞いていたとしても、それが事実かどうかわからないわけですから、CD夫婦が不貞開始時にすでに別居でもしていない限り家庭内別居・破綻を証明することは困難ではないでしょうか?

 

単なる言い訳と取られる可能性が高いです。

 

B子さんが、「自分がAさんに破たんしていると話して騙したのだから、すべての責任を一人で負う。」といって夫に慰謝料を支払うならそれでも構いません。

 

裁判で慰謝料が確定したら支払う義務が確定します。

 

ABにCさんが請求するかどうかはCさん次第であり、請求することは義務であありません。

何もなしに終わる可能性もあります。

 

 

養育費について

以前の回答でもお答えしましたが、認知するなどの方法で親子の関係が出来れば扶養すべき義務が発生します。

 

話し合いや調停が不成立になったとしても、審判や裁判になれば当事者双方の収入に応じた養育費を支払うべき判断が出されると思います。

 

こちらも、監護養育をBさんがしている場合、Bさんが請求しなければ当面払う必要は無いと考えてよいですが、将来、子供が自分の意思で請求する事も考えられます。

 

B子さんとAさんの間で、「養育は要らない」という合意が出来ていたとしても、その約束に子供は拘束されません。

 

 

子供を引き取るかどうかですが。

 

基本的に離婚がまだ成立していないので、このまま子供が生まれても出生届を出せばとりあえずはBC夫婦の子となります。

 

Cさんが、自分の子ではないから戸籍を直したいと思うなら。

Cさんは子の出生を知った時から1年以内に、嫡出否認の訴えを起こす必要があります。

 

裁判所>嫡出否認調停

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui/kazi/kazi_07_15.html

 

Bさんが子供を自分で育てるといっている限りはなかなか難しいですが、虐待や育児放棄など著しく子の福祉に叶っていない養育をされているようなら、児童相談所に相談して保護してもらい、Aさんが認知後に親権者変更の申し立てをして認められればAさんがDさんと育てることは可能になるでしょう。

 

民法818条

 父が認知した子に対する親権は、父母の協議で父を親権者と定めたときに限り、父が行う。

 第1項、第3項又は前項の協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは、家庭裁判所は、父又は母の請求によって、協議に代わる審判をすることができる。

 子の利益のため必要があると認めるときは、家庭裁判所は、子の親族の請求によって、親権者を他の一方に変更することができる。

 

AさんとDさんと、生まれてくるであろう子供の人生に関わることですので、面談で家族法に詳しい弁護士さんに相談されることもお勧めします。

 

以上、お答えします。

sakurabitoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問