JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

私は六月にバイクの窃盗にあいました。しばらくして、警察の方から ナンバーだけ回収されたので受け取ってくださいと

質問者の質問

私は六月にバイクの窃盗にあいました。しばらくして、警察の方から

ナンバーだけ回収されたので受け取ってくださいとのことだったので、諦めていました。

そして十二月、あれから半年の月日がたった今になって犯人が逮捕されたことを知りました。

こういった場合私が民事訴訟を起こせば、私のバイクは賠償されるのでしょうか?

またその裁判にかかる期間と費用は概ねどれくらいなのでしょう?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

  はじめまして。質問を投稿頂きまして有難うございます。早速ですが、下記の通り回答させて頂きます。

 

  まず、貴方の受けた被害は刑事事件では窃盗罪(刑法235条)による被害。民事事件では不法行為(民法709条)という被害になります。損害賠償の請求の対象になります。

 

  不法行為の消滅時効は損害の発生及び加害者を知った時から3年ですから、消滅時効にかかっているということもありません(民法724条)。従いまして、損害賠償請求出来ます。

 

  このケースでは、場合によっては相手(加害者が未成年の場合は相手の親権者)または代理人等から示談にして欲しいと言ってくる場合もあると思います。

 

  若しくは、請求意思を明らかにするために、配達証明付きの内容証明郵便を出して貴方から請求するという方法もあります。

 

  相手が支払いに応じて、しかも支払が一括の場合は、おそらく示談書を相手は要求してくると思います。

 

  相手の支払が分割の場合は、支払が滞った場合は強制執行をかけられるように、公証役場で公正証書を作ってもらうという方法もあります。

 

  相手に払う意思がある程度あれば、一般の方でもある程度までは対応出来るかもしれませんが、ご自身でなさる時間がない若しくは大変そうとお思いになりましたら、行政書士さん等に依頼するという方法もあります。 

 

  相手があくまでも支払を拒んだ場合は貴方が書いているように最終的には民事訴訟ということになります。

 

  日本では本人訴訟と言って、代理人を立てずに自分で裁判をすることも一応認められています。(訴状だけを弁護士さんや司法書士さんに書いて貰う人もいます。)

 

  相手に支払う意思がある、または請求すれば支払う可能性がある場合は民事訴訟をする必要はありません。(相手が既に支払を拒んでいるので、貴方が最初から代理人を立てて民事訴訟を考えている、若しくは弁護士(認定司法書士)さんと相談したいという場合はそのように返答して頂ければ、このご質問の回答権を放棄しますので、ご返答下さいませ。)

 

  

 

   

専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士です。

刑事事件についても,民事訴訟についても,相談に応じる法的資格を有しない者がお答えしたために,はっきりしない回答をお送りしてしまっており,たいへんご迷惑をお掛けしました。

1.犯人逮捕とのことですが,犯人やその家族,弁護人(弁護士)から,被害者であるあなたへの謝罪や示談の申し出はありませんでしたでしょうか?
通常 ,犯罪の被疑者は,逮捕・勾留されると,起訴までの20日ほどの期間内に,少しでも公判における情状を良くして,量刑を軽くするために,被害者には謝罪をし,またそれとともに被害弁償金・示談金を支払って示談をします。
それゆえ,あと数日以内か,年始の10日くらいまでの間に,上記の打診があるのではないかと予想されます。
(被疑者に家族や親戚等がおらず,または,いたとしても何等かの理由で関わりを絶っているような場合は,被疑者に被害弁償をするだけの経済力がある場合でなければ,謝罪の手紙しか来ないということもありますが。窃盗犯人には,あまり貯金などはないことが多いです)
もしも,被害弁償と示談の申込があれば,あなたの被害は回復するでしょう。

2.次に,民事訴訟を提起して不法行為に基づく損害賠償請求をすることについて。
もちろん,今回の被疑者が,犯人として逮捕された以上は,この者が犯人である可能性がとても高いわけですから,これに対して民事責任を追及することは法律的には可能です。
しかしながら,先に述べましたように,被疑者から損害賠償(被害弁償)を受けるためには,被疑者に弁償するだけの経済力がなければ意味がありません。
そして,もしも,それだけの経済力があれば,あなたが民事訴訟を提起するまでもなく,自らの量刑を軽くするために,上記のように示談を申し入れてくるはずです。逮捕され,起訴される被疑者としては,捕まったからには,最大の関心事は自分の量刑となりますので,いかにそれを軽くするかに全力を注ぎますし,弁護人の弁護活動の中心も情状を良くすることにほとんど集中します。よって,資力がある限り,また家族や親族からの援助が受けられる限り,判明している被害者には,被害弁償と示談を願い出てくると思われます。
よって,逆にいえば,この申し入れがない場合は,本人には弁償するだけの経済力がなく,援助してくれる家族親族もいない,ということになりますから,民事で請求したとしても,無い袖は振れぬということで,勝訴はするがお金は取れないという結果に終わります。

あなたのご質問の中心は,むしろ「2.」の民事訴訟での被害回復についてでしたが,実際は,刑事事件の方で示談がなされるかどうかにかかっている,と解されます。
以上のとおりお答えします。
前回答者が,的外れな回答をしましたことをお詫びします。
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士です。

刑事事件についても,民事訴訟についても,相談に応じる法的資格を有しない者がお答えしたために,はっきりしない回答をお送りしてしまっており,たいへんご迷惑をお掛けしました。

1.犯人逮捕とのことですが,犯人やその家族,弁護人(弁護士)から,被害者であるあなたへの謝罪や示談の申し出はありませんでしたでしょうか?
通常 ,犯罪の被疑者は,逮捕・勾留されると,起訴までの20日ほどの期間内に,少しでも公判における情状を良くして,量刑を軽くするために,被害者には謝罪をし,またそれとともに被害弁償金・示談金を支払って示談をします。
それゆえ,あと数日以内か,年始の10日くらいまでの間に,上記の打診があるのではないかと予想されます。
(被疑者に家族や親戚等がおらず,または,いたとしても何等かの理由で関わりを絶っているような場合は,被疑者に被害弁償をするだけの経済力がある場合でなければ,謝罪の手紙しか来ないということもありますが。窃盗犯人には,あまり貯金などはないことが多いです)
もしも,被害弁償と示談の申込があれば,あなたの被害は回復するでしょう。

2.次に,民事訴訟を提起して不法行為に基づく損害賠償請求をすることについて。
もちろん,今回の被疑者が,犯人として逮捕された以上は,この者が犯人である可能性がとても高いわけですから,これに対して民事責任を追及することは法律的には可能です。
しかしながら,先に述べましたように,被疑者から損害賠償(被害弁償)を受けるためには,被疑者に弁償するだけの経済力がなければ意味がありません。
そして,もしも,それだけの経済力があれば,あなたが民事訴訟を提起するまでもなく,自らの量刑を軽くするために,上記のように示談を申し入れてくるはずです。逮捕され,起訴される被疑者としては,捕まったからには,最大の関心事は自分の量刑となりますので,いかにそれを軽くするかに全力を注ぎますし,弁護人の弁護活動の中心も情状を良くすることにほとんど集中します。よって,資力がある限り,また家族や親族からの援助が受けられる限り,判明している被害者には,被害弁償と示談を願い出てくると思われます。
よって,逆にいえば,この申し入れがない場合は,本人には弁償するだけの経済力がなく,援助してくれる家族親族もいない,ということになりますから,民事で請求したとしても,無い袖は振れぬということで,勝訴はするがお金は取れないという結果に終わります。

あなたのご質問の中心は,むしろ「2.」の民事訴訟での被害回復についてでしたが,実際は,刑事事件の方で示談がなされるかどうかにかかっている,と解されます。
以上のとおりお答えします。
前回答者が,的外れな回答をしましたことをお詫びします。

法律 についての関連する質問