JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表。
60879286
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

夫の不倫が原因で離婚することになりました。現在離婚の合意ができ、夫より慰謝料も支払いできるという返事をもらいっていま

解決済みの質問:

夫の不倫が原因で離婚することになりました。現在離婚の合意ができ、夫より慰謝料も支払いできるという返事をもらいっています。しかし、相手の女性から受けた苦痛は許すことができません。
夫から慰謝料を受け取り、どのタイミングで相手の女性へ慰謝料の請求をすればよいか教えて下さい。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

こんにちは、行政書士のyorozuyaです。質問を投稿いただき誠にありがとうございます。ご質問への回答は下記の通りになります。わかりやすい回答を心がけておりますが。ご不明な点などありましたら、お気軽にご返信ください。

 

旦那様との離婚協議の中では、不貞の慰謝料について相手女性には請求しないような確認はされていますか?

 

していないのであれば、いつでも請求は可能です。

 

ただ、不貞行為は共同の不法行為ですので、夫と相手女性両者の慰謝料の支払い義務は、同額の範囲で不真正連帯債務の関係にあります。

 

夫から不貞の慰謝料として十分すぎる額を受け取っていた場合には、裁判でも女性への慰謝料の請求が拒否される可能性はあります。

 

相手女性から不貞発覚後に追い打ちをかけるような発言や誠意のない対応をされたのであれば、それを個別の不法行為ととらえることもできます。

 

旦那様からの慰謝料の支払いは一括での支払いですか?

 

一括払いであれば、慰謝料を受け取ってから女性に請求したほうが良いと思います。

旦那さんが女性への請求に腹を立てて慰謝料の支払いを拒む可能性もあります。

 

旦那様の支払いが分割であるなら離婚協議書を執行認諾文言のついた公正証書にして作成し支払うべき内容を確定させてから、不足と思われる慰謝料を女性に請求したら良いと思います。

 

先に申し上げたとおり、旦那さんから十分と思われる額の慰謝料が支払われるのであれば、女性の慰謝料の支払いを裁判でも認めてもらえない可能性があります。

 

その場合でも相談者様としては気持ちが収まらないと思います。

旦那さんとの離婚協議の中で、直接女性から誠意のある謝罪あるいは謝罪文を出してくれれば女性に請求しない。

 

と持ちかけて、夫から慰謝料満額、女性から謝罪を得る、として解決するという選択肢もあります。

 

離婚に至る不貞の慰謝料は、200~300万円が裁判の判例で多いようです。

 

旦那さんの支払う不貞の慰謝料が300万円よりも格段に多い額であるなら、女性に請求しても認められない可能性がありますが、同額かそれ以下の場合には女性へ請求することでいくらかの慰謝料が認められる可能性は高いと思います。

 

以上、お答えします。

 

不足がありましたら返信でご質問ください。

質問者: 返答済み 5 年 前.

相手には請求するといった話はしていません。一括で支払いすることになっています。

支払われる金額は500万ですが内訳 慰謝料250万と・リフォーム費用を私の親に援助してもらったもの250万です。

結婚20年での離婚で少ない額と思いましたが。

相手の女性は、会社の部下。この半年間、毎日深夜に及ぶ帰宅、それだけではなく生活費も入れなくなりました。相手の女性に貢ぐといった状況です。同居している実母も精神的な苦痛を受けました。相手への慰謝料は額ではなく、戒めでしたいのが本心です。

専門家:  sakurabito 返答済み 5 年 前.

婚姻期間が長い方が慰謝料も高くなる傾向にありますので、 そのような事情であるなら、旦那さんから慰謝料とリフォーム代金計500万円を受け取った後でも、女性に請求して裁判でも慰謝料の支払いが認められる可能性は高いと思います。

 

財産分与についてはリフォーム代金のほかは解決済みですか?

 

協議済みかもしれませんが、旦那さんが厚生年金や共済年金をかけている場合、年金分割を手続きもしたほうが良いと思います。

sakurabitoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問