JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shonansolicitorに今すぐ質問する
shonansolicitor
shonansolicitor, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 435
経験:  中央大学法学部卒。事務所経営者。裁判所事務官・地方公務員上級職等合格。
62133260
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shonansolicitorがオンラインで質問受付中

男女間のトラブルについてご相談させて頂きます。 付き合っていた時に使ったお金を返してくれと言われています。

解決済みの質問:

男女間のトラブルについてご相談させて頂きます。

付き合っていた時に使ったお金を返してくれと言われています。

しかし、それ以前から付き合っていた彼女がいる状態でのいわば浮気状態の相手と関係 を清算した後、1年近く経過した後にその浮気相手から要求されています。

その浮気相手とは、会社の上司部下の関係であり、そこから昨年8月頃より男女の関係に発展。その状況を解消しようとしても会社にその事をバラすとか、会社を辞めると言った無理を言われ、関係を解消出来ずにズルズル関係を引きずり約4ヶ月関係を続けた後、今年1月に解消。(それ以前から付き合っていた彼女にもその事が発覚し、俗に言う元鞘に戻った格好)。

その後、一切連絡を取り合う事はなかったのですが、今年12月中旬に会社を退社したようで(部署が違うのでその事すら知らなかった)その後、その時に使ったお金を返してくれとメールを送りつけられてきました。

金額は20万を請求(実際はもっと使ったと言っているが真偽は定かではない)。

私自身、その当時の使ったお金など払う必要は無いと考えていますが如何でしょうか?
また、その時に使ったお金はこちらから出してくれとか、後で返すとか言った事は一切なく、当時あまりお金を持ち合わせていなかった私の事情を理解して自分で払っているという認識でした。

使った金銭の使い道は、飲食代や遊興費であり、金銭の受け渡し等は一切ありません。
因みにこちらから「貸してくれ」とかの要求はありません。

また、まだ現段階でのメールではそこまで過激ではありませんが、金銭の要求自体は恐喝には該当しないのですか?話し合いにまともに応じそうもなく、警察に相談しようかとも考えています。
また、元鞘に戻った彼女とは今年7月に入籍し、夫婦関係になっているのですが、その妻に対して浮気相手から当時の暴露話メールや今付き合っているという相手(男性)から電話で連絡をしてきたりと行動は常識の範囲を超える可能性もあります。(妻は身の危険も感じています)この段階で、警察に相談しても対応してくれないのでしょうか?

ご返答お願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shonansolicitor 返答済み 5 年 前.

  はじめまして。こんばんは。早速ですが、ご相談に回答させて頂きます。貴方がX、貴方をYとします。

 

  Xが貴方Yにおごってくれた行為は贈与(契約)といいます(民法549条)。単に口約束でおごってあげると言っただけでしたら、いつでも取消せるのですが(同550条。)

 

  既におごったものを返してくれとは法律上は言えません。

 

<まだ現段階でのメールではそこまで過激ではありませんが、金銭の要求自体は恐喝には該当しないのですか?>

 

  エスカレートしてくると、恐喝や脅迫になる可能性はあると思います。 法的義務のないことを要求したり、その他嫌がらせ行為をしている事実を明記し、法的措置を取るというような内容のメールまたは文書を送ってはいかがでしょうか?

 

  行政書士や弁護士に配達証明付きの内容証明郵便の作成を依頼をした方が、より効果的だとは思いますが、若干費用(2~5万円位)がかかります。

 

 

 

 

shonansolicitorをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問