JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

takatsukasaに今すぐ質問する

takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

週5日勤務の契約社員Bです。指定休を会社側から勝手に入れられるのですが仕方ないのでしょうか?会社に尋ねたら、契約

質問者の質問

週5日勤務の契約社員Bです。指定休 を会社側から勝手に入れられるのですが仕方ないのでしょうか?会社に尋ねたら、契約社員A(週4日以内勤務の方)との勤務日数の兼ね合いもあるとのことでした。このことを都道府県の労働相談の人に聞いたところ、法的には指定休は、本人の同意なく入れられないと聞きました。契約社員には、社員~契約社員になられた方と最初から契約社員の人がいます。社員出身だった方は指定休が年間15日あったそうです。会社側に質問したところ、その制度をそのまま適用しているので問題ないように言われました。社員だった場合は月給制なので収入に影響しなかったのだと思いますが、契約社員は時給制なので有休でなければ影響してきます。してきます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.

都道府県の労働相談の人に「法的には指定休は、本人の同意なく入れられない」と聞かれたように労働条件の不利益変更にあたるためあなたの合意を得ずに買ってに休みを入れることは、法令に違反にあたります。

 

上記の内容は会社に伝えてあるのでしょうか。まだであるなら伝えてみてはどうでしょうか。その際にはICレコーダーや、その時の会社の対応を記録しておきましょう。

 

また直接都道府県の労働局長からの助言・指導という方法もあります。第三者に入ってもらい話をされたらよろしいかと思います。

 

詳細については、こちらをご参照ください。

http://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/dl/01a.pdf

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答頂きましてありがとうございます。

詳しく付け加えるのを忘れてしまいましたが、「法的には同意なく入れられないと言う事を聞きました」と会社に言った所、「元々、今の週5日契約社員は社員からの変更で作られたもので、社員出身だった契約社員が、社員時代は年間指定休が15日あったのでその制度をそのまま適用しているので問題ない」みたいに言われました。

それと、「あなた、法律、法律って言うけどね...」とも言われました。

後、何かちょっとした失敗とかで何かにつけて「会社のルールに従わないようなら辞めていただくしかないんだよ」と口走ったりされます。

ルールに従わなかったわけではなく、忘れただけなのにそのように言われたりしています。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答頂きましてありがとうございます。

詳しく付け加えるのを忘れてしまいましたが、「法的には同意なく入れられないと言う事を聞きました」と会社に言った所、「元々、今の週5日契約社員は社員からの変更で作られたもので、社員出身だった契約社員が、社員時代は年間指定休が15日あったのでその制度をそのまま適用しているので問題ない」みたいに言われました。

それと、「あなた、法律、法律って言うけどね...」とも言われました。

後、何かちょっとした失敗とかで何かにつけて「会社のルールに従わないようなら辞めていただくしかないんだよ」と口走ったりされます。

ルールに従わなかったわけではなく、忘れただけなのにそのように言われたりしています。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答頂きましてありがとうございます。

詳しく付け加えるのを忘れてしまいましたが、「法的には同意なく入れられないと言う事を聞きました」と会社に言った所、「元々、今の週5日契約社員は社員からの変更で作られたもので、社員出身だった契約社員が、社員時代は年間指定休が15日あったのでその制度をそのまま適用しているので問題ない」みたいに言われました。

それと、「あなた、法律、法律って言うけどね...」とも言われました。

後、何かちょっとした失敗とかで何かにつけて「会社のルールに従わないようなら辞めていただくしかないんだよ」と口走ったりされます。

ルールに従わなかったわけではなく、忘れただけなのにそのように言われたりしています。

専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.
会社へ「法的には同意なく入れられないと言う事を聞きました」伝えられたのですね。 それでも会社は、問題ないと言ってるのですね。
労働条件の変更については、労働者と使用者の合意に基づき決定されるのが原則となっております。(労働契約法3条1項)そのため、あなたの同意を得ること無く一方的に労働条件を切り下げることは無効となり、従来通りの労働条件の履行を求めることができます。
もちろん「会社のルールに従わないよ うなら辞めていただくしかないんだよ」というのは、会社側の脅し文句となり法律的にも許されるものではありません。先程も回答したように、このような脅しは後日の強迫の証拠となりますので状況を記録しておきましょう。
あなたの今後の対応によっては、解雇や労働契約の打ち切りをしてくることもあると思います。その際に和解金を求めて労働局のあっせん等をすることも可能ではあります。
退職するのも困るというのであれば、不本意かも知れませんが受け入れることも致し方ないと割り切るか、退職となっても構わないとのことであれば、会社に対して強い対応を取るという選択肢もあるでしょう。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    388
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RE/remember2012/2012-6-21_145655_IMG088111.64x64.jpg remember2012 さんのアバター

    remember2012

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    80
    社会保険労務士事務所経営
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    25
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee7208 さんのアバター

    srlee7208

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    1
    早稲田大学卒業。 1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
 
 
 

法律 についての関連する質問