JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

初めまして 古物商についてお聞きしたい事があります。お願い致します。 私はレコードを5000枚程持っているんです

解決済みの質問:

初めまして
古物商についてお聞きしたい事があります。お願い致します。
私はレコードを5000枚程持っているんですがよく聴く1000枚以外は処分しようかと思っています。
レコードショップで査定してもらったのですがあまりに低い査定だっ たので海外のオークション等で売ろうと思うのですがこの場合古物に関する法に触れたりしないでしょうか?
4000枚という数の問題と自分はコレクターのような感じだったので同じレコードを5、6枚持っているのでそれを継続的に売っていると判断されないかな?と心配になり質問させていただきました。
お忙しいとは思いますがお暇な時に返信よろしくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
こんにちは。
弁護士です。

古物商の許可は,ご相談の場合なら不要ですよ。
なぜなら,古物営業法は,古物商が,他人から古物を仕入れて,別のところへ売る,
という商売の性 質上,贓物(盗品)を扱ってしまう危険や窃盗犯との接触の危険が高いため,
警察に予め登録をさせること(で,怪しい者に古物を扱わせないこと,盗品商を防ぐこと)
に趣旨があるからなのですが,
そうすると,あなたのようにご自分の持ち物の処分として私的に行うオークションへの出品は,
古物営業法の想定する危険を含まないからです。

よって,安心して出品なさって下さい。いくら継続的でも,業者ではないことが明らかですから。
質問者: 返答済み 5 年 前.
返答ありがとうございます!
色々ネットで調べていると出品数が多かったり同じものを何回も売っていると違法と見なされ捕まって言い訳出来ないと書いてあったので。。
ちなみに(買い取りはしないという前提で)お店で中古本やcd等を買って転売する場合も古物営業法の危険を含まない気もするのですがこの場合は必要になるのですよね?




専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
こんばんは。

古物営業法の趣旨から考えて,出品数の多さや回数から,「違法とみなされる」ということはあり得ないと思われます。
1. 古物営業許可を取らずに,明らかな中古品をネットオークションに出品しているときに,出品物が違法であるか,違法の疑いが強いという場合があります。このようなことはけっこうあり,私も何度もオークション出品物の出品停止や取り下げの申立をしたことがあります(著作権侵害の場合も多いです )。
 そうした場合に,対象出品物の出品者情報を見て,屋号,取引連絡の文言,その他から,明らかに業者なのに,古物営業許可を取っていない者の場合には,それが出品取り下げを求める場合にいちばん効果的に突けるポイントとなるので,使います。
 そうした場合の悪質な相手方のときに,最終的に警察に連絡することがあります。
 なぜなら,古物営業法違反の現行犯ですので。
 ネットオークションで捕まる場合というのは,たいていそういう場合なのではないかと思われます。自分でも経験があるので,それは確実です。
 
2.次に,出品物に,捜査対象となっている物が含まれている場合。これは直接に警察が動いている場合です。
  たいてい,ユーズドの高級品,ブランド物の場合でしょう。

3.このように,違法とみなされて捕まる場合というのは,それなりに合理的な,「他の理由」があることがお分かりのことと思います。
  もちろん,何かのきっかけで,嫌がらせとして通報されたりすることがないとはいえませんが,上記のとおり,単に数や回数が多いか ら違法とみなされるなどということはありませんから(通報を受けた捜査機関の判断として),あなたのように,中古品の「仕入れ」をしていない場合に,違法とされることはありません。下記参照。

次に,お店で中古本やcdを買って転売する場合について。
1.警視庁の古物営業法FAQというウェブサイト
  http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/tetuzuki/kobutu/faq.htm
  のQ4に,参考になる箇所があります。
 「自分で使っていた物をオークションで売りたいと思いますが許可は必要ですか?
  自分で使用していたものも中古品ですので古物には該当します が、自己使用していたもの、自己使用のために買ったが未使用のものを売却するだけの場合は、古物商の許可は必要ありません。しかし、自己使用といいながら、実際は、転売するために古物を買って持っているのであれば、許可を取らなければなりません。」
2.ここから,警視庁の運用では,自己使用の限度をこえて,”転売するために,古物である本やcdを買うような場合”は,同法の許可が必要であるとされることになりますね。
  このことは,古物営業法の趣旨との関係で,あまり説得力があるとは思えないですね。
  ですが,おそらく,マンガ,cdやdvdについては,万引きの被害品 というのが,想像以上に多いと思われ(TSUTAYAなどでも実際に事件になっています。買取品が盗品だった場合ということが)。
  そうすると,古物営業法の趣旨のひとつである,「被害の迅速な回復」(1条参照)のため,大量に転売目的で仕入れる場合は,許可が必要となると解されます。

*古物営業法は,第一条 で「この法律は、盗品等の売買の防止、速やかな発見等を図るため、古物営業に係る業務について必要な規制等を行い、もつて窃盗その他の犯罪の防止を図り、及びその被害の迅速な回復に資することを目的とする。」と規定しています。これが同法の趣旨です。

*古物営業法が想定していることから考えて,仕入れをしないで,売るだけの場合には,許可が必要ではありません。窃盗犯人から盗品を買い受けることも,盗品犯人から盗品を買い受けることもないからです。

bengoshimailmeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問