JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4912
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

円満調停で申し立てを起こしています。

質問者の質問

 


夫婦の営み250回し500万円投資をしたのですが、相手は28~30歳、私の年齢が32~35歳で貴重な時期で(かえることのできない)、今円満調停で申し立てを起こしています。11月28日を最後に連絡がきません。年齢も考慮し、身体にも影響が出てるのですが、慰謝料や賠償金を請求することはできますでしょうか。


申し立て人は、現在に至るまで、下記のような事がありました。


2008年8月にローソン西衣山店で出会い、2010年4月に入籍。


申立の実情


1、 申立人は、相手方へ交際2008年の8月から現在に至り、交際費、贈与含めを500万円(夫のみ)支払いました。


2、 両親にまだ認められてないため、2008年から2009年までは、申立人の家にのみ訪れていたのですが、癌を患っている母の手料理を3年間食しても、挨拶もお礼もなかったです。


3、 両方の自宅で会えないためもあり、送り迎えも運転全て私ですが、ガソリン代も一度しか支払わず。


4、 相手方は、3度となくメールや連絡をしてこないことがあり、精神的苦痛を感じています。去年2010年八月、2011年10月、現在2011年11月。浮気への疑心が強まります。


5、 夫婦の営みも500万円の支払い後、連絡を途絶えるのは、こちら側が怒っても仕方がないです。


6、 平成22年4月に結婚してから、生活費を支払ったことが全くないです。


7、 メールも連絡をし、警察を通しても連絡をしない。話しに応じないので、理由を聞きたい。


8、 付き合いする段階で、結婚前提にも関わらず、相原さんという人と同じ宗教へ入り、浮気をしていた。


9、 両親へ結婚後の挨拶もする気配もなかった。


10、 相手方の財力不足も一因で同居をしていないのですが、不審な点や行動が多い。


11、 ずっと支えてきたのに、連絡しなくなるのは、不合理です。


12、 こちらは精神的苦痛により3度となく倒れ、先月は入院しました。


13、 精神的苦痛と、金銭的負担もありましたので、解決金の支払いを要求いたします。


14、 円枚解決をしたいので、生活費の支払い、浮気なし、4月には同居。そして離婚には応じないことを申し伝えます。


 


上記のことで、無責任でいい加減極まりないので、申立人も家族も立腹しています。


 


1、 生活費の支払い


2、 浮気防止


3、 4月には同居


4、 離婚は応じません


5、 連絡を途絶えないように必ずする


申し立て書がこのようなのですが、アドバイスいただけませんでしょうか。

投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 6 年 前.

いつもご相談ありがとうございます。

夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

なかなか進展が無いようですね。精神的にも大変お苦しいと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

円満調停の申し立てを起こしていると言うことであれば

すでに調停が始まっているのでしょうか?

それとも、まだ、申し立てる前の準備段階と言うことでしょうか?

いずれにしろ、離婚しないで修復したいと言う考えが

円満調停ですので解決金等の支払いは要求しない方が良いかもしれません。

ただ、当然、別居をしている形であれば

婚姻費用の調停も関連事件として申し立てるべきでしょうね。

婚姻費用は、収入が多い方が、少ない方に別居中支払うことになりますし

法律的な権利となります。

応じなければ、審判も出やすいものですから

必ず申し立てたい項目です。

浮気防止は、調停では難しいかもしれませんが

ご主人の所在が分かれば、「夫婦関係調整の公正証書」を作成した方が

良いでしょうね。

4月には同居を求めるのは問題ないと思います。

夫婦には基本的に単身赴任とかの正当な理由が無い限り

同居の義務がございます。

連絡に関しても、夫婦であるだけでなく別居をしていても

通知義務があります。

そうしなければ悪意の遺棄となりますから

ますますご主人の有責性が高くなりますね。

有責配偶者からの離婚要求や認められていません。

解決金の支払いを求めるのは離婚に仮になる時にして

今は止めた方が良いでしょうね。

その他は要求しても問題ないと思われます。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 6 年 前.

回答どうもありがとうございます。1月12日に円満調停です。夫婦関係調整の公正証書はどうやっていつ作成するのでしょうか。

専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

夫婦関係調整の公正証書は公証役場で作成いたします。

このまま調停をすると

最後に調停調書と言う、公的な契約書のようなものが

家庭裁判所から出されますが、自由度が低い

1枚の程度の契約の文面です。

そういう意味では、相手がいろいろ条件に応じるようであれば

調停を取り下げて、協議で公正証書を作成した方が良い場合がございます。

特に公正証書の場合は、金銭の支払債券がある場合に、未払いが発生すれば

すぐに強制執行が可能で、ここが大きな特徴になります。

夫婦関係調整の公正証書は、あまり知られていないので

離婚業務専門の行政書士などにご依頼されると良いと思います。

離婚関係の公正証書は代理人でも大丈夫ですので

お仕事などで公証役場に行けない場合は

代理人で作成されても良いですね。

頑張って下さい。

法律 についての関連する質問