JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

7年前に解約した、賃貸マンションの未払いとされる家賃を請求されている。 7年前に不動産会社の社員に賃貸借契約

解決済みの質問:

7年前に解約した、賃貸マンションの未払いとされる家賃を請求されている。

7年前に不動産会社の社員に賃貸借契約解除を申し出たところ、その社員が本来なら途中解約の違約金が発生するが特別に「解約手続きは私がやっておきます」と言う ので任せたが、実際にはその2ヵ月後に解約した模様で、家賃未払いが2カ月間発生していた。

毎年1年に1回ぐらい請求の封書が届いてはいたが、解約成立してると思っていたので無視してました。

ところが今回は頻繁に電話が来る様になり、尚且つ不動産会社から債権回収を受託した司法書士事務所から未納分支払えと、請求されている。
司法書士に事情を話しても「うちは未納分の回収を依頼されてるだけだから、そんな事は知らない」と言われるだけ

そこで不動産会社に話しをしてみるも、その担当社員は既に退職しており、証拠もないので取り合ってもらえずでした。
これは、2カ月間の未納分27万円を支払わなければならないのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士です。

こんにちは。

相手にも証拠はないのでしょうから,そんなものは払う必要ないでしょう。

ひょっとすると,相手方である司法書士は,簡易裁判所に少額訴訟の提起をするかも知れません。
これは,証拠は書面のみ,審理は1回で終わる形式のものです。
その場合は,裁判所から訴状と共に,「あなたの言い分を書いて出して下 さい」といって一応そのフォームにしたがって書けば出来上がる答弁書を送ってきますので,指定された期限までに出して,裁判の期日に出掛けて下さい。
答弁書は,相手の言い分について,すべて否認でよいです(賃貸契約があったことは認める。でも終了日は相手の言うものより2ヶ月前。その頃に解約したことの必然性を書く。たとえば,転勤,今の住居の賃借開始。その証拠=今の賃貸借契約書のコピーなどは用意しておく)。
当日は,言い分に間違いないかと聞かれたらありません,という。
裁判官が,原告に,「和解をする気はないか」と尋ね,「金額によっては」と言うと,あなたにも「一銭も払う気はないですか?判決を求めますか?原告はいくらか払ってもらえれば納得するようですが」と訊くでしょうから,
そこでは一応,和解の交渉を受けて下さい。裁判官を挟んで入れ替え式で双方の意向を調整しようとしてくれます。
あなたは,あくまでも,5万円くらいまで,と粘ってみて下さい。
それで相手が納得しなければ,後日,判決が出るでしょう。
相手方に明白な証拠がなければ,原告の請求は棄却されると思われます。
未払賃料があることの証明は難しいだろうと思うので。
(そのあたりは,その時に見て判断して下さい)

または
少額訴訟になったら,『通常訴訟を希望する』と申し出ても良いです。
27万円で通常訴訟(少額訴訟ではないもの)をすることは,相手方のコストが割に合わないからです。相手は代理人も司法書士から弁護士に変えないといけませんし。なので相手に負担が大きくなりすぎるので,訴えを取り下げてくる可能性があります。

裁判などがなければ,放っておいて良い事案だと思います。
上記は,万が一訴えられたら,の場合と思って下さい。
質問者: 返答済み 5 年 前.

では、司法書士事務所から電話が来ても出なくて良いのでしょうか?

放って置いていいのですね・・・

専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
電話で請求するなんて意味が分かりませんから,出ないでけっこうです。

(万が一訴えられるまでは)徹底無視でお願いします。

わたし的には,代理人が,電話なんかで支払わせようとするなど考えられないので。
相手を素人と思ってなめていますね。
bengoshimailmeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

分かりました頑張ってみます。

 

ありがとうございました。

法律 についての関連する質問