JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

実母(79歳)、実弟(51歳)の間で平成1年2月に練馬区大泉学園町4ー14ー10(実母、私ー長女52歳、娘ー20歳、

解決済みの質問:

実母(79歳)、実弟(51歳)の間で平成1年2月に練馬区大泉学園町4ー14ー10(実母、私ー長女52歳、娘ー20歳、大学2年、息子ー18歳、正社員研修中)の四人が住んでいる土地家屋)に土地、家屋も含め、根抵当を弟が設定し、現在の残高は約一千万円、借主は母らしく、お金を自由に借り受けられるのが弟になっています。 設定当時の金融機関名称は国民金融公庫 三鷹支店、限度額2600万円、と登記抄本に記載されています。
残高の一千万円は8年間で完済の計画が組まれているそうです。 家屋に120万円程、土地に800万円と少し、多分金利計算なしで、合計968万円との事でした。 担保になっているのは知ってはおりましたが、根抵当とはしりませんでした。 この様なケースの場合、弟が返済を終える前に母が亡くなった場合は相続権利の半分を放棄すれば弟の負債を半分払う義務はなくなるのでしょうか? 又、娘、息子には、私が生前放棄をした場合、弟の根抵当の負債額から逃れる事はできますでしょうか? 弟は今のままでいいんだと主張しておりますが、本当に返せるかは疑問ですので、弟の負債から逃れたいのですが、どうしたら良いのでしょうか。

公庫にも行きましたが、負債は人には掛かっていないので大丈夫ですと言われましたが、その意味が分かりません。 実母も水曜日に初めて普通の担保では無いと、残高や返済期日などを知り、公庫の方にこれ以上負債を抱えさせたくないと話したのですが、専門家ではないのと根抵当というものが難しく、公庫の方の説明も半分しかわかりません。 公庫側では、家族間でトラブルのある事をチェックしておきます。と言われています。 その上で、私達が尋ねる前に公庫側でも一千万円の融資 がギリギリと回答が出ていたそうです。 弟は自営で接骨院を根抵当設定後から開業しておりますが、この10数年、暮らしにも困っている様子です。 母は競売に掛かった時に考えれば良いじゃないかというのですが、私と私の子供達は今からきちんとしないといけないのではないかと思っています。 

公庫の方で司法書士が普通ですが、根抵当確定書を作成して貰って下さい、それを持って来てくれれば、版を押してお返ししますので、家族間がどうも上手く行っていないようなので然るべき方を頼んで、当事者同士は話さない方が良いですね。と言われて帰ってきたのですが、根抵当確定書とはなんなのか、全くわかりません。 調べましたが、根抵当に関しては難しく理解ができずに不安です。
法務省に謄本をとりに行って初めて分かった事で、それが先週の水曜日です。

どうも母が借主になっているらしく、銀行との取引中止に弟が印を押せばどうかなるようなのですが、疎いので分かりません。 母も高齢ですので、いつどうなるかも分かりませんが、私が生前遺産放棄をすれば、弟の負債を半分返す事からは逃げられますでしょうか? この様な場合の一番良い方法はなんなのでしょうか?
家族間で話し合う事は弟の憎しみの感情が強く、又実母も手の平を返したようにいつも意見が変わってしまい現在は家を出ていくとまで怒鳴ってきます。 

まずは何をしたら良いのか分かりませんが、本当に出きるのであれば根抵当の負債だけは負いたくありません、いつそれがくるのか分からない状態を打破するために次の居住先も探しています。 弟は一人なので家族はおりませんしマンションで暮らしているので家には近づく事は殆どありません。

なにか良いアドバイスなりありましたらお願い致したく思います。
よろしくお願い出きることを願っています。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

まず、根抵当権とは、債権者(公庫)と債務者(弟様)の間の一定の取引(登記簿謄本の”債権の範囲”という項目に書かれている内容)から発生する債務を担保するため不動産に設定されるものです。普通の抵当権との大きな違いは、担保する債務が最初からいくらときまっておらず、公庫と弟様の間で行われる一定の取引によって発生する債務を限度額までの範囲で担保するところです。

そして、お母様がお金の借りてということでご説明されておりますが、推測するにお母様は不動産の所有者であり、返済が滞ったときに不動産の価値分だけ弟様の負債を背負わなければならない立場にあるのではないかと思われます(お母様の立場を物上保証人といいます)。

お母様が別途連帯保証人になっているなどの事情がないのであれば、もし弟様が返済できなくなり、根抵当権が実行された場合、現在住まわれている不動産は失うことになりますが、それで返済しきれなかった部分まで負債をおうことはありませんのでご安心ください。

また、根抵当権確定書とは、この根抵当権の元本を確定させるための書類を作成してくださいとのことです。元本の確定とは、この根抵当権で担保する債務を現時点以上に増やさないようにすることです。

しかし、先に述べました通り、この手続きをしなくても、お母様が物上保証人にしかなっていないのであれば、不動産を差し出す以上に責任はありませんので、ご安心頂いてよろしいのではないかと存じます。

あくまで質問内容から、お母様が借主(債務者)というのは誤解で、弟様が債務者、お母様は弟様の借金に対して不動産を担保として提供している物上保証人という立場ではないかという前提でお話しさせて頂きましたが、この点はもう一度ご確認いただいたほうがよろしいかと存じます。

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

 御返答、本当に有難うございます。

母はどうやら物上保証人になっているだけのようですが、公庫の話しでは催促は一応くるそうなので、話しが長引き、嫌な思いしかしないのなら、保険として生前遺産放棄をしようと思っております。

 知人から400万円以上の生活費の援助があって暮らせていけたのでそれは子供達が返済する事を承諾しました。それを元に頭金を貯めて、知人(将来の私の連れ合いです)と子供達とで2世代ローンを組んで小さい家を買った方がこれから弁護士や何かにかかる費用を考えると利口かと思えましたのでその方向で考えています。

8年で済めばよいですが、70歳まで接骨院を経営するつもりでいれば、いつどうなるのかという不安は弟が亡くなる迄付いて廻りますから、遺産放棄が一番安全かと思っています。

生前に遺産放棄などはできるものなのでしょうか?
贈与という形をとった時は贈与税はどちらにかかるのでしょうか?
もし分かりましたらお教え願えたら思います。

 土地しか価値もなく、根抵当が付いているため、売れないだろうというのが見解です。
 その際の残債は消滅するのでしょうか? 弟に現金支払い命令がでるのでしょうか?
 それが支払えない場合は誰が支払う事になるのでしょうか?
 弟には家族はいません。 親戚も少なく叔父のみです。 叔父迄巻き込む事はないです
 よね? 本当にお金は怖いと思いますが、現況を知って対策を講じるのが一番かと思って
 おります。 再度よろしくお願いできますでしょうか?

 本当にご迷惑と存じますがよろしくお願い致します
質問者: 返答済み 5 年 前.

 御返答、本当に有難うございます。

母はどうやら物上保証人になっているだけのようですが、公庫の話しでは催促は一応くるそうなので、話しが長引き、嫌な思いしかしないのなら、保険として生前遺産放棄をしようと思っております。

 知人から400万円以上の生活費の援助があって暮らせていけたのでそれは子供達が返済する事を承諾しました。それを元に頭金を貯めて、知人(将来の私の連れ合いです)と子供達とで2世代ローンを組んで小さい家を買った方がこれから弁護士や何かにかかる費用を考えると利口かと思えましたのでその方向で考えています。

8年で済めばよいですが、70歳まで接骨院を経営するつもりでいれば、いつどうなるのかという不安は弟が亡くなる迄付いて廻りますから、遺産放棄が一番安全かと思っています。

生前に遺産放棄などはできるものなのでしょうか?
贈与という形をとった時は贈与税はどちらにかかるのでしょうか?
もし分かりましたらお教え願えたら思います。

 土地しか価値もなく、根抵当が付いているため、売れないだろうというのが見解です。
 その際の残債は消滅するのでしょうか? 弟に現金支払い命令がでるのでしょうか?
 それが支払えない場合は誰が支払う事になるのでしょうか?
 弟には家族はいません。 親戚も少なく叔父のみです。 叔父迄巻き込む事はないです
 よね? 本当にお金は怖いと思いますが、現況を知って対策を講じるのが一番かと思って
 おります。 再度よろしくお願いできますでしょうか?

 本当にご迷惑と存じますがよろしくお願い致します
質問者: 返答済み 5 年 前.

 御返答、本当に有難うございます。

母はどうやら物上保証人になっているだけのようですが、公庫の話しでは催促は一応くるそうなので、話しが長引き、嫌な思いしかしないのなら、保険として生前遺産放棄をしようと思っております。

 知人から400万円以上の生活費の援助があって暮らせていけたのでそれは子供達が返済する事を承諾しました。それを元に頭金を貯めて、知人(将来の私の連れ合いです)と子供達とで2世代ローンを組んで小さい家を買った方がこれから弁護士や何かにかかる費用を考えると利口かと思えましたのでその方向で考えています。

8年で済めばよいですが、70歳まで接骨院を経営するつもりでいれば、いつどうなるのかという不安は弟が亡くなる迄付いて廻りますから、遺産放棄が一番安全かと思っています。

生前に遺産放棄などはできるものなのでしょうか?
贈与という形をとった時は贈与税はどちらにかかるのでしょうか?
もし分かりましたらお教え願えたら思います。

 土地しか価値もなく、根抵当が付いているため、売れないだろうというのが見解です。
 その際の残債は消滅するのでしょうか? 弟に現金支払い命令がでるのでしょうか?
 それが支払えない場合は誰が支払う事になるのでしょうか?
 弟には家族はいません。 親戚も少なく叔父のみです。 叔父迄巻き込む事はないです
 よね? 本当にお金は怖いと思いますが、現況を知って対策を講じるのが一番かと思って
 おります。 再度よろしくお願いできますでしょうか?

 本当にご迷惑と存じますがよろしくお願い致します
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

ご返信頂きましてありがとうございます。

まず、現時点で弟様の負債を、根抵当権がついてる不動産を手放すこと以外で、ご親族が負担することはありませんのでご安心ください。

不動産を処分しても残る残債は、あくまで弟様に支払い義務があるのみです。

しかし、ご心配されているとおり、弟様がお亡くなりになったときに相続することはあります。

弟様にご家族がいないとのことですので、そのときにお母様がご存命であればお母様が、お母様がすでにお亡くなりになっていれば、兄弟であるご質問者様が負債を相続することになります。

そして、残念ですが、遺産(負債)を生前に放棄することはできません。ですので、もし、弟様がお亡くなりになったら、そのことを知った時から、3カ月以内に相続放棄の手続きを取るしかありません。手続きはそんなに難しいものではありませんので、最寄りの家庭裁判所でご説明をうければ、ご自分でもできるかと思います。

その他、取りうる手段としては、もし返済ができない状況になった場合に弟様に自己破産手続きをお勧めしてみてはいかがでしょうか?

弟様が返済できない負債を負ってしまった場合、基本的には誰かが善意で返済を肩代わりするか、本人が破産するかしかないかと存じます。

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

贈与について回答が足りませんでしたので、補足します。

贈与税は、贈与を受ける方にかかります。根抵当権のついている不動産を弟様に譲るおつもりでしょうか?

現在の弟様の負債の問題が、他の方に及ばないか心配で名義を変更するおつもりなら、あまり効果的な方法とは言えないかと思います。

名義が誰であろうが、弟様が返済できなければ、今のお住まいは処分されますし、前述しましたとおり、不動産の名義とは関係なく、ご親族はそれ以上の負債をおいません。

メリットがあるとすれば、固定資産税を払うのが、お母様から弟様になることくらいです。

ただ、弟様がそもそも贈与税など名義変更にかかる費用を支出できないのではないかと思われます。

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

母の死亡が確定された時、遺産放棄をすれば、事は全て収まるでしょうか?

弟の根抵当で生じるかもしれない負債は、母の死後でも、相続の形で継続するのでしょうか?
弟が家庭を持てば違ってきますか? 家庭を持たない場合、親族は私、私の子供二人、婚姻する予定の夫(子供達は養子縁組を行う予定です。)、叔父家族(母方)だけになりますが、親等で言えば、私か私の子供しか残りません。 母の代でわたしが遺産放棄をしても弟の死後負債があれば相続(負債)は来てしまうのでしょうか? 売却できない土地が残ってしまっている場合、それを相殺する手立てはありませんでしょうか?
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

弟様がお亡くなりになった時に、親族の方がその負債を相続する可能性があります。

その順位は、現時点ではまずお母様、その次が質問者様となります。

ですので、弟様が亡くなった時にお母様がご存命なら、①お母様が弟様の負債について相続放棄、②お母様が放棄したことで相続権が回ってくる質問者様が弟様の負債について相続放棄(この時点で質問者様がお亡くなりになっていればお子様が相続放棄)、という二つの手続きをする必要があります(お母様が弟様より先にお亡くなりなっていれば②のみ)。

もし、弟様が家族を持てば相続順位が変わってきます。お子様ができれば、お子様+奥さまが第一順位、お母様+奥さまが第二順位、質問者様+奥さまが第三順位で相続することになります(先順位の方が放棄すると次順位の方に相続権が移るのは同じ理屈です)。

また、弟様が返済できなくなって不動産を処分する必要が出てきた場合、基本的には裁判所が主導する競売という手続きが取られることになるかと思います(この申立てを債権者である公庫が行います)。

ですので、質問者様やお母様が売却の手続きを取らなければならないという流れにはならないかと思われますので、余計な費用や手間をかけたくないのであれば、弟様へ名義変更する等のことはせず、現状のままにしておいてもいいのではないかと存じます。

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
根抵当の土地家屋に付随する質問なのですが、宜しかったら、ご回答お願い致したいのですが、夜中にすみません。 

 まずは、8年間の1千万円の返済もその先借りるであろう金額も全て含めてなのですが、弟は来月51歳になります、先んじて59歳迄に返済が不可能な場合は公庫と弟が話し合い、長めの返済などを相談するなどあるようですが、現在、こちらの家族3人(私、娘、息子)ー母は弟の所にいるらしく2日前に家を出ていきました。荷物はあるので、多分当面はあちらにいる、それで荷物を取りにくるのだろうと3人とも思っています。
母には月約8万円の遺族年金がありますが、残された私達3人は息子の給与を頼るしかありません。 出来れば生活保護に戻った方がまだ良いのでしょうが、息子の給与の問題もあるので、戻れません。 息子も自活するつもりでいたのですが、生活費を13万入れると貯金もできないありさまです。 娘もアルバイトをするには大学も遠く山梨県のキャンパスまで往復5時間の道のりですので、アルバイトをしても短期しかできません。 

 今は、どのように生活したら良いのか(金銭的に)困り果てています。
最初の母の話しでは、生活保護が抜けた11月15日から医療費もばかにならず、土地を売って借金を返済し、皆で分けて生活を立て直そうというのが発端でした。

本当に生活ができない場合は弟の接骨院を守るために根抵当のついた土地を諦めて、借金を増やして生活しなければならないのでしょうか? こんな状態でも根抵当設定者は守られるものなのか怒りすら感じます。  このまま、生計も建てられず、息子の給与を頼って息子の人生も狂わして生活しないといけないのでしょうか?
いずれ、返済がとどこうった時、競売になってしまった時は、私達親子はどうしたら良いのか見当もつきません。 なにか抗弁する方法はないものでしょうか?

それから叔父家族に話した所、自分達の所まで、相続(負債)が来るのか調べて欲しいと言われております。 親族会議で話し合う必要があるのではないかと打診されました。
叔父は母に頼まれ赤の他人の保証人も受けています。 どうしてこんなに苦しまないといけないのかわかりません。 私には天秤にかけるとしたら、母も含め、私、子供達4人の生活の方が弟の接骨院の経営より重いのではないかと思っています。

生きていけるように、根抵当を外して貰える抗弁なりは、一千万円返済後、できないものなのでしょうか? 弟のプライドでは債務整理、自己破産は絶対に行わないと思われるのと、クレジットカードを多数持っているのでそちらの負債もあるのではないかと、それと他にも借入れをしているのではないかと思われます。 

叔父、叔母には迷惑は行きませんか?
抗弁の仕様はないのでしょうか?
生活は本当に苦しいです、土地さえ売れれば、何とか生きていけるそのような生活を10年以上続けています、弟からの援助などなかったので、彼の派手な生活を見ていた私には彼を哀れむ事も考えられません。
根抵当から救済される道はないのでしょうか?
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

根抵当権の件ですが、先の質問にもありましたとおり、公庫側も返済が見込めない方に追加の融資は行わないかと思いますので、土地の担保価値(評価額)を超えて、弟様への融資を続けるとは思えないので、これ以上余計に手を付けなくても良いかとアドバイス致しましたが、それでもご心配であれば、これも最初の質問に戻りますが、根抵当権の元本確定という手続きをされてみては如何でしょうか(公庫が司法書士に確定証明書を作成してもらえば印鑑を押しますと言っていた件です)?

この手続きは、根抵当権設定者であるお母様が公庫に対して、今後発生する公庫と弟様の取引についてこれ以上は根抵当権で担保しないよう請求する手続きです。

実際の書類をご自分で作るのは難しいでしょうし、請求するためには細かな条件(確定期日がないなど)も多少ありますので、公庫のいうとおり、お近くの司法書士にご相談されることをお勧めします。

次に、叔父、叔母に迷惑がいかないかとのことですが、前回お話ししたとり、弟様が負債を抱えてお亡くなりになった時にその相続人になりえる、お母様(親)やご質問者様(兄弟)たちが皆さんが相続放棄の手続きをちゃんとすれば問題になりませんが、もしお母様が相続を承認(弟様の借金を引き受ける)してしまった場合は、ご注意が必要です。

この場合は、次にお母様が亡くなった時にその借金を相続するのは、①ご質問者様(お母様の子)、②叔父又は叔母(お母様の兄弟)の順になりますので、前回お話ししたのと同じく相続放棄の手続きが必要になります。

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問