JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

大阪に単身赴任中の50代男性です。 田舎(岡山の山間部)に実父(母親は他界)と家内、娘がおります。実家は父親名義で

質問者の質問

大阪に単身赴任中の50代男性です。
田舎(岡山の山間部)に実父(母親は他界)と家内、娘がおります。実家は父親名義で築30年程度の持家です。
週末(金・夜~月・早朝)はほぼ毎週帰省しています。田んぼや畑の耕作や父の身の回りの世話は見ているつもりです。
実父が痴呆気味(身体は健康、話は普通 だが、さっき言ったことの記憶がないときが多い)
帰省すると帰省旅費として3万円程度を受け取れと言われ、今まで一旦あずかり、保管(無駄使いはしていません)していました。
先日、実姉が父親と銀行に行くことがあり、父親が引出す際に、通帳を見たら、1年で500万円位引出していました。カードは持っていないので、振り込め詐欺ではないです。
色々1年間の出費を推測したら、祝い事や、お寺への寄進、車の修理代、薬代などで使っており、
ますが、私はその内50万程度もらった計算になります。
姉と妹がこの通帳を見て、私がだましてもらっている。痴呆なので判断付かない人からもらうのは泥棒だといい、長男の私が、父からお金をもらうことはおかしいとも言いました。もちろん食料や光熱費は私の財布からでています。
父も年金や土地代で月35万円程度収入があり、ほかに使い道もないし、お金をだすのは自分が焼くに立ちたい思いもあるようで、出したがっています。
痴呆気味の親から金銭をもらうのは犯罪でしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

まず、あくまでお父様の意思で金銭の援助を頂いているのであれば犯罪などではありませんのでご安心ください。

しかし、痴呆気味ということであれば、今後も同じような疑いを受ける恐れもありますので、成年後見制度の利用をお勧めいたします。

成年後見制度を利用すると、お父様の財産を管理する人(成年後見人)を選任し、このような争いを防止することができます。後見人は、親族または弁護士、司法書士などが選任されます(申し立ての内容をみて、誰が管理に適任かを家庭裁判所が判断します)。

一度家庭裁判所にお問合せしてみることをお勧めします。

次に遺言のについてですが、意思能力に乏しい方でも、遺言の当時、意思能力があることが確認できれば遺言することができます。ただし、この意思能力の確認には、医師二人の立ち合いが必要ですので、かかりつけのお医者様などおりましたら、ご相談されてみてはいかがでしょうか?

専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

先日の回答に補足させていただきます。

遺言に関し、医師二人の立ち合いが必要と申しておりましたが、これは遺言者が被後見人の際の規定であります。

ですので、後見制度を利用する前であれば、ご本人のご意思に基づいて遺言することができます。

しかし、先の回答でも申し上げましたとおり、すでに痴呆気味で他の親族からクレームがきている状態で遺言を作成しても、それがさらに争いにもとになることは往々にしてあります。

ですので、後見制度の利用→遺言の作成の順で手続きされたほうがよろしいかと思い、以上の通りご回答しておりました。

説明不足で誤解を招いてはいけませんので補足させて頂きました。

質問者: 返答済み 5 年 前.

公証役場に問い合わせましたら、公証人が本人と話して、本人の意思であるということが、確認できる状態であれば、遺言は作成可能と聞きました。

今回は不動産でもめることになりそうです。(一部兄弟はお金ではなく、土地がほしい)

私が母親から相続した土地が資産価値が高いのですが、その土地を父親の不動産とバターして渡すことは可能でしょうか?無理なら、父親の不動産見合い分として、私が渡す(贈与?)は問題がありますか?

専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

ご返答ありがとうございました。

公正証書遺言が可能であれば、チャレンジしてみる価値はあるかと思います(ただし、役場で確認した通り、公証人が遺言の意思ありと判断した場合ですので、その時のお父様の状況によっては、遺言できないこともありますのでご注意ください)。

不動産の件ですが、バターとはどういう意味でしょうか?

元お母様の土地(仮にA土地とします)は、すでにご質問者様の所有になっていて、お父様が亡くなった時に、その土地をもらう代わりにA土地の持ち分なり、その所有権全部を他の兄弟に対価として提供するという意味でしょうか?

それで相続人の皆さんで合意がとれるのであれば、お父様がお亡くなりになったあと、その旨の遺産分割協議をすることは可能かと存じます。

質問者: 返答済み 5 年 前.

父の土地(仮にB土地)と私が母から受け継いだA土地のバーターです。

父の遺言がなければ兄弟(4人)で遺産を1/4分割となると思いますが、

私が長男なので、家や墓を守る義務もあり、土地だけは私の所有にしたいのです。

B土地は、自宅から1時間半程度離れた別の市にあり、私としては余り執着心はありません。

元来地元に根付いた土地を引き継ぎたいので、対価見合いでA土地は分割して他兄弟に渡してもいいと考えています(他兄弟が了承するかどうかは?ですが)

 

対価でも贈与税がかかりますか?(遺産対価の扱いが分からないので)

よろしくお願いします。

専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

ご返答有難うございます。

前回お話ししたとおり、お父様がそれを望んでいるなら遺言をし、B土地を質問者様に相続させるようにして、他の方が遺留分を主張した時に、金銭またはA土地の持ち分を対価として提供する旨、交渉してみてよろしいかと思います(ただし、おっしゃられるとおり、交渉がまとまるかどうかは断言できませんが・・・)

遺言がなければ遺産分割時に同じく交渉してみることになろうかと存じます。

また、贈与税がかかるかとのご質問ですが、このような場合、贈与ではなく相続税の規定が適用されます。詳しくは下記国税庁のホームページをご覧になるか、税理士の先生にご相談されることをお勧めします。

※要は贈与税はかからないが、相続税と譲渡所得税がかかるということです。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4173.htm

法律 についての関連する質問