JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kasoliciterに今すぐ質問する
kasoliciter
kasoliciter, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 141
経験:  日本大学 法学部 法律学科 卒業  行政書士事務所 代表
61894791
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kasoliciterがオンラインで質問受付中

妹と姉(私)の二人姉妹です。妹は知的障害(b-2)で施設に入所しています。障害年金を受給しています。母が死亡して財産

解決済みの質問:

妹と姉(私)の二人姉妹です。妹は知的障害(b-2)で施設に入所しています。障害年金を受給しています。母が死亡して財産は私が管理しています。妹に後見人はつけていません。今妹の代理人だと称して、弁護士から遺産分割と年金の残高を請求する訴訟をお こしてきました。そのときに使い込んだとに断定して、私の夫にまで民法709条の不法行為にあたるからと被告にしてきました。おまけに夫の不動産にまで仮差押をしてきました。こちらも弁護士に相談にいったのですが、こちらの弁護士も何で夫に請求してきたのかわからないといっていました。結局弁護士費用が高いので自分ですることにしたのですが、この場合、不法行為の事実はないので、夫は相手弁護士に精神的慰謝料を請求するといっているのですが、それは可能でしょうか? 又いい方法があれば教えてください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kasoliciter 返答済み 5 年 前.

行政書士のkasoliciterと申します。どうぞよろしくお願いいたします。

弁護士の一連の行為について、当職にも理解しがたいものがありますね。果たして妹さんが、弁護士に話ができるような状態であったのかが、甚だ疑問ですし、財産を管理している姉や、その夫に対して訴訟を起こすこと自体、どうにも理解に苦しむところですね。

しかも、弁護士の主張する使い込みについて、果たしてそのような裏づけがきちんとなされているのかどうか、この点も大いに疑問を感じます。

弁論期日に際し、答弁書(相手方の言い分に対し、是非とその理由に対して、書面で書いておくものです。)にその旨を記載しておいてはいかがでしょうか?どうしても相手は裁判のプロですから、なかなか対応するのは大変だと思われます。

もし金銭的に余裕があるようでしたら、残高請求自体が向こうである旨、反訴(反対の訴訟を起こすこと)をなさってみてはいかがでしょうか?また相手方弁護士に対して、所属弁護士会に対して、懲戒請求をなすことも可能かと思われます。

慰謝料請求については、何を以て慰謝とするかどうかが、この場面では少々明らかにしづらいところもありますし。裁判で認められるかどうかは、なかなか厳しいところでしょう。

kasoliciterをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問