JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

父が亡くなりました。両親は離婚している為に、母には相続権はありませんが、父の非公式の遺言書には、長女の私と弟、そして

解決済みの質問:

父が亡くなりました。両親は離婚している為に、母には相続権はありませんが、父の非公式の遺言書には、長女の私と弟、そして母に財産を一部相続させたい旨、書かれていました。でも、公正証書ではありません。母にも、
財産を、私達からの贈与ではなく、父からの相続という形にするには、分割協議書に、法定相続人全員の署名捺印があれば可能でしょうか?贈与だと、かなり母が税金を払うことになるので、相続という形にしたいのですが・・。
よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

非公式の遺言書というのが、ちゃんと遺言書として有効であれば、その遺言通りに財産を引き継ぐことができます。この場合、遺言書上は相続と書いてあるかもしれませんが、お母様は相続財産を”遺贈”されることになり、税務上は贈与ではなく相続税の扱いを受けることができます。

公正証書遺言ではありませんので、家庭裁判所で遺言の検認を受けてください。検認とは遺言書が形式的に有効かどうか裁判所に確認してもらう手続きです。

最寄りの家庭裁判所にお問合せ頂ければ、手続きの方法など教えて頂けますので、一度ご連絡されてみることをお勧めします。

質問者: 返答済み 5 年 前.
返答、ありがとうございます。遺言書の件、わかりました。
また、質問ですが、分割協議書のみで、遺贈にすることはできないのでしょうか?
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

ご返答ありがとうございます。

残念ながら相続人の皆様で作成する遺産分割協議書で、相続財産をお母様に遺贈することはできません。

遺言書が有効でない場合は、残念ながら贈与という形を取らざるを得ません。

ですので、贈与税がかからない又は、負担が少なくて済む範囲で、毎年少しずつ贈与するなどの対策が必要になります(不動産であれば、その持ち分を数年かけて移転していき、最終的にお母様名義にするなど)。

こうなってしまった場合は、財産が高額であるならば税理士さんにご相談されたほうがよろしいかと存じます。

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
そうですか。やはり、取り敢えず、家庭裁判所に取り敢えず行ってみます。
真夜中に、どうもありがとうございました。
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

そうですね、まずは遺言書の検認手続きを進めてみてください。

面倒な手続きが多くて大変かとおもいますが、がんばってください!

法律 についての関連する質問