JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

当方ネットオークションで5年ほど売買しています。 ネット売買は未申告で、今年9月に税務署職員がやってきて5年間にさ

質問者の質問

当方ネットオークションで5年ほど売買しています。
ネット売買は未申告で、今年9月に税務署職員がやってきて5年間にさかのぼり
所得税864000円・加算 税297500円
消費税467700円・加算税161500円=合計1,790,800円の支払いとのことです。

当方のネット売買売上額は昨年度12,427,320円ですが依頼品が90%ほどです。
(一昨年以前は履歴がなく売買額は分かりません、預金通帳入金額では平成20年850万円・21年1297万円)
主に売上代金の10%~20%を手数料として貰っていますのでオークションでの実利益はオークション手数料・税金・諸経費等を差し引くと利益は年間80万円程度です。
また、本業でも(理容業)250万程度の売上があります。
この場合はやはり税金・加算税・消費税の1,790,800円の支払いは妥当なのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士です。 こんばんは。
そうですか。 売上ベースで見たら,税務署員の いう所得税額になりそうですね。
ですが,依頼品(委託品のこと?)が90%だとしたら,純利益は売上の10%に過ぎないわけですから, 税額がぜんぜん違ってきますよ。
委託品の委託者への支払(バック)の振込の記録などはないのですか?
また,オークション手数料はかなりの金額にのぼりますから,これを経費に算入できていないのは かなり痛いです。
オークション主催者(Yahoo!でしょうか)に事情を話せば,消されているように表示されて見えない履歴も 見せてもらえる可能性が高いですよ。 拒否されたら,「税務署から,5年間遡っての追徴が来ているが,このままだと重加算税など刑事罰も免れないと言われているんです」と言って泣きつけば何とかなるのではないかと思います。
なにより,他にも経費として算入できるものがあるでしょうから,非常にもったいないですので, ぜひお近くの税理士に相談なさって下さい。 税理士代はケチらない方が良いですよ。税金納める手間や額よりもずっとお安いですから。
> 回答料金が発生するのであれば、税務所へお支払いします。
これはどういう意味ですか?
回答は有料ですしその旨了承しないと書き込めないはずですよ。
bengoshimailmeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

委託品の委託者への支払(バック)の振込の記録は過去4~5件(通帳とファックス用紙)のみでほとんどありません。

経費と算入されるものはだいたいですが計上済みです。

税務署所は当方の通帳の入出金を元に税額を算出しました。

明日午後、税務署へ認印を持参で呼び出されておりますので、オークション主催者(Yahoo!)は早急に対処してくれるでしょうか?

質問者: 返答済み 5 年 前.

委託品の委託者への支払(バック)の振込の記録は過去4~5件(通帳とファックス用紙)のみでほとんどありません。

経費と算入されるものはだいたいですが計上済みです。

税務署所は当方の通帳の入出金を元に税額を算出しました。

明日午後、税務署へ認印を持参で呼び出されておりますので、オークション主催者(Yahoo!)は早急に対処してくれるでしょうか?

専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
Yahoo!は,それほど早急には対応してくれない可能性があります(私自身の経験)。
ですが,今回の場合は,金額が非常に大きいため,危機感は伝わると思いますから,善処してくれるものと思いますよ(担当者にもよりますが。なので,調べることができれば,Yahoo!の法務部にも同時にメールか電話をしておくと良いと思います…が,たしか公表さ れていなかった気がしますが…)。

明日認め印を持参して出頭,とのことですが,そのような事情でもありますから,
準備ができているわけではないので,明日はなんとか印を押さないようにして下さい。
一度認めたら,ひっくり返すのはものすごく困難=ほぼ無理ですよ。

委託品のうちの4〜5件しか記録がないということになると非常に困りますが,
委託品であったことを示す証拠のようなものはないのですか?
たとえば,委託を受け付けるようなご自身のホームページとか,
委託者とのメールのやりとりですとか。
そういうものによって,出品物のほとんどが委託品であったことを疎明し,
その他に委託品のバック率などから,概算ででも,本当の利益(あなたの取り分)が算出できるのではないでしょうか?
そういう場合に具体的にどのように税務署と交渉すればよいか直にアドバイスを受ける必要があるという意味でも,
それこそ明日にでも税理士に相談に行って欲しいです。
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
なんども失礼します。

税務署の税額算出の仕方はおか しいですよ。
だって,これらが委託品でなかったとすれば,仕入れがあったはずですよね。
彼らは,仕入れの分は計算に入れているのですか?
仕入れを考慮した利益率から,利益を算出して,税額を計算しているんでしょうかね?
明日の出頭時,それを指摘して,準備期間をくれるようお願いしてはどうでしょうか?

もしも,あなたの,「経費と算入されるものはだいたいですが計上済みです」というものに,
仕入れ(あるいは委託者へのバック代)が入っているということでしたら,上記のことは関係ありません。

法律 についての関連する質問