JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

株式会社を社長死亡の為解散したいのですが政策金融公庫よりの借入があります いかなる方法が有りますかアドバイスをお願

解決済みの質問:

株式会社を社長死亡の為解散したいのですが政策金融公庫よりの借入があります
いかなる方法が有りますかアドバイスをお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 5 年 前.

こんにちは。
質問者様は相続人ということでよろしいでしょうか?

 

政策金融公庫の融資は原則として社長が連帯保証人になっていますので、社長が亡くなればその相続人が借金(保証債務)も相続し代わりに返済しなければならなくなります。

資産よりも債務が多いようであれば相続放棄をしたほうが良いでしょう。

もし相続放棄をするのであれば会社の株式も相続できませんので、相続人は会社に関しては手が出せませんし出してはいけません。
もし社長・会社に資産があり相続人が全員放棄すれば、債権者の方で裁判所に相続財産管理人の選任や破産申立を行うことがありますが、相続人はなにもせずそのまま放置し、税金や債務の支払請求に対しては相続放棄したと言うのが一般的な対処法です。

 

相続する場合は代わりに債務を返済したあとに、株主総会で解散し登記をすれば良いです。

質問者: 返答済み 5 年 前.
相続人ではありません相続人は居ません社長の妻は痴呆症で施設にいます相談役になっていますが駄目です、会社と言っても死んだ社長と妻、行方不明の方一人と3人の会社です、
質問者は兄弟です、株主は居りません債務関係は有りませんが金融公庫の支払い残金多い為に赤字になります、会社の財産は車(乗用車)一台のみです破産か解散と思いますが
どちらが適切か?破産、解散の方法アドバイス
専門家:  AE 返答済み 5 年 前.

失礼いたしました。

正確な回答のため、改めていくつか確認をさせてください。

1.「相続人はありません」とは、妻以外に親族はいないという意味でしょうか。それとも全員が相続放棄するという意味でしょうか
2.質問者様は社長、妻どちらの兄弟でしょうか
3.行方不明の方はご親族ではない第三者でしょうか
4.「株主は居りません」とありますが、これは社長が全ての株式を所有していたという意味でしょうか
5.社長が政策金融公庫の借入の保証人になっていなかったでしょうか

以上の点についてご返信ください。

質問者: 返答済み 5 年 前.
1.親族はいません
2.社長の兄です
3第三者です
4其の事については書類が無くわかりません
5公庫の借入の保証人か否かはわかりませんその点に付き先方に死亡の報告しましたら
 本人の除籍の住民票を送るようにとの事で送りましたがその後返事がありません。
専門家:  AE 返答済み 5 年 前.

社長のご親族は、妻と、兄である質問者様のみということですね。

返信いただいた事情からしますとご質問内容である会社の破産・解散のことよりも、相続について良く理解し、必要な手続きを取ることを優先すべきと考えます。
会社の解散を急がなければならない特別な事情があれば別ですが、そうでなければ相続の問題を先に解決した方が全体としてスムーズに進められるでしょう。

 

まず前提として、妻と質問者様が社長の相続人であることをご理解ください。
相続人が原則として3ヵ月の期限内に相続放棄をしない場合には、社長の資産及び負債を全て引き受けることになります。

社長が会社の債務の保証人になっていた場合には、その保証債務も相続します。
つまり現在残っている会社の債務を質問者様と妻で返済しなければならなくなるということです。
したがって保証の有無や、他の資産・負債の調査を最優先にすべきです。
そのうえで社長の資産と負債を比較し、相続を放棄するかどうか決断してださい。

 

認知症(痴呆症)の妻の状態によっては、ご自身で手続きができず成年後見制度を利用しなければならないことも考えられます。
そうするとより複雑になりますし、ここでお伺いできる情報に限りがありますので、お近くの専門家にご相談に行かれることをおすすめします。

ある程度ご自身でも行動することができ、法的なアドバイスや書類作成を頼みたい場合は司法書士へ
費用はかかっても全部お任せで処理して欲しい場合は弁護士へ
依頼すると良いでしょう。

AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問