JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

現在XXX在住です。息子(6歳)が通うインターナショナルスクールのプリスクール(幼稚園)でのトラブルです。今年

解決済みの質問:

現在XXXX在住です。息子が通うインターナショナルスクールのプリスクール(幼稚園)でのトラブルです。


今年の2月、息子が他の子供(男)と幼稚園でおもちゃの取り合いになり、うちの子供が相手の子供の顎の辺りを引っ掻いてしまいました。担任の先生からその件を聞き、翌日、相手の家に私が電話をし相手の母親に謝罪しました。そのとき、先方は、「大した傷じゃないからいいです。」と言っていました。又、病院には行ったのか確認しましたが、「行くほどではない」という返事でした。担任の先生の話では、子供自身も相手にその場で謝ったそうなので、私としては一件落着と思っていました。


しかし、その10日後、相手の母親から電話があり、「傷が治らない、どうしてくれる。」といった内容でした。私は、新たにうちの子供が怪我をさせたのかと確認したら、そうではなく「10日前の件だということ、傷が治らない、膿が出て、みみずばれになってどうしようもない 、しかし、病院に行くほどではない」ということでした。その直後、担任の先生と連絡を取り、私自身、幼稚園へ行き、担任の先生と二人で相手の子供の傷を確認しました。確かに、引っ掻き傷の後はありましたが、みみず腫れでもなく、膿も確認できませんでした。


さらに、2週間後、母親から電話があり、「傷が治らない。子供を連れてきて謝れ。どれだけひどいことをしたか思い知らせてやる」と言われました。主人と子供が先方に赴き、子供にもう一度謝罪させました。その直後、私と担任の先生宛てに、うちの主人が非常に無礼きわまりない主旨のメールが送られてきました。担任の先生は、保健室の先生と一緒に子供の傷を確認し、跡には残らないという旨の電話を先方にしたました。安心したという主旨のメールがその後、私と担任宛てに送られてきました。これが今年、3月末です.


そして、今日(12月5日)、再び、先方からメールがきました。「どうして、怪我の具合はどうか?という一言がいえないのか。傷は黒くなっている。一生この傷が残ると思うと、親としていたたまれない。暴言だけを浴びせてなぜ、謝罪の言葉がないのか?自分の気持ちの整理をつけるためにも、お宅が日本に帰ったら、全てを公にして訴える。」という主旨でした。


我々は来年3月(主人は6月末)に帰国予定です。相手方はよくわかりませんが、来年3月帰国という噂を聞いています。


質問はふたつあります。(1)起きた案件を日本の法廷で争うことは可能なのでしょうか?(2)私としては最初の段階できちんと謝罪しているので、それ以降のことは嫌がらせとしか思えません。今でも、電話が鳴ると彼女からの電話ではないかとビクビクします。今日もらったメールを全文掲載できないのがもどかしいですが、うちの子供を侮辱する内容(同じ学年を2回も繰り返しているのは、自分より小さい子供をいじめる目的か、<確かに2回繰り返しているのですが、1年目は、規定年齢に達しなかったので年中組みに特別枠で入園させてもらい、本年度は正規の年齢で通園しています>お宅の子供は暴力児で有名だ、等)が書かれているので、逆に名誉毀損で訴えたいくらい(日本でも)ですが、可能でしょうか?


子供のけんかに親が口出しするなんて、ばかげたことだと思うのですが、相手のあまりの無礼さに我慢ならなくなり相談させていただきました。 よろしくお願い致します。

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士です。

こんにちは。

今日のメー ルの内容はさぞひどいものだったのでしょうね。
相手に傷が残る程度のものでないのでしたら,しかも日本に帰国される3月以降であればなおさら,
相手には訴えの利益がないでしょう(訴えることの 実益・根拠となる損害がなくなっているから訴えることができない)。
以下,各論への回答です。
1)日本の法廷で争うことは不可能ではないです。あなたが帰国されたら,被告(加害者側)が日本にいることになりますから,被告の所在地が裁判地になるというルールからは,日本の法廷ということになりますね。
逆に,あなたの方としても,あなた宛のメールや嫌がらせが,帰国後や一時帰国時にも来たような場合は,
不法行為の一部が日本で行われたことを理由に,日本で相手を訴えることが不可能ではありません。

2)嫌がらせでしょう。明らかに。
  相手の電話なんかに脅える必要はなく,「あなたの行為は嫌がらせです。今は弁護士に相談中です。電話は録音しています」と言って,あとは相手の話を聞かずに受話器をほったらかしにしてしばらく別の部屋にでも行ってしまうとよいのではないでしょうか。そのうち相手もやめると思いますよ。
  メールは,迷惑メールか受信拒否になさると良いと思います。目にすると気分が悪いでしょうから。
 
  名誉毀損や侮辱だとしても,あなたから相手を訴えることにそれほどメリットはないと思いますよ。
  たとえ勝っても,取れる金額は知れていますし,それより弁護士費用などの方が掛かります。
  ふつうに侮辱される以上に,裁判ではイヤな思いをして,それがずっと続きます。寝られなくなるような悔しい気分になると思いますよ。
  あなたのお子さんが悪くないのでしたら(悪くないと思います。子供同士のふつうの出来事です),「何を言われようと恥ずべきことはないわ」と胸を張っていらしたら良いと思います。周りからは,必ず,どちらが本当に悪いのかなんてことは当然に分かるものですよ。異常な執念で悪口言う方が悪いに決まっています。おそらく病気なんでしょう。相手になさらないことです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

非常に分かりやすい回答をありがとうございました。

帰国後の訴訟の点について追加で質問させてください。本文最後に、相手からのメールをコピーしたものも掲載しますので、お読みいただいてご回答頂けるとありがたいです。

 

先方は、傷が黒くなり、大人になるまで消えない、傷の写真も撮っているということを言っています。先生の回答では、傷が残っていなければ、裁判を起こす実益・根拠がなければ訴えることができない、ということでしたが、相手の主観、及び相手が記録として撮ってある写真やビデオを元に訴えを起こすことは可能でしょうか?先方は3年以内なら訴えることができると言っています。

(傷の状態は私も2月に担任と確認してからは見ていないので、今、どのようになっているかはわかりません。ただ、ざっくりした深い傷ではなかったので、黒くなった等という相手の主張が理解できません。何よりも、そんなにひどい傷ならなぜ、病院に連れて行かないのか?という疑問が残ります。)

 

それでも、相手が訴訟を起こしたら、受けてたつしかない、と思っていますが、その際、担任の先生が証人として重要な役割を果たすことになると思います。ただ、日本での訴訟に担任の先生をわざわざXXXから呼ぶというのは、費用もかかりますし、先生の都合で来日できない可能性が高いと思います。遠方の人間を証人としたい時、やはり日本の法廷に出廷してもらわないと証人の効力はないのでしょうか?何か遠方の人間に協力をしてもらう有効な方法というものはありますか?

これまでの経緯はすべて担任には話してあります。今回も下記のメールを英訳して担任に伝えるつもりです。最初にこの件を相談して、一緒に子供の傷を確認したときに、「It's tiny, it's already cured. I thought this was over.」(傷は小さいし、もう治ってるわよ。もうこの件は終わったと思ってたわ)という発言があったのを覚えています。第3者のこの証言だけを取ってみても、相手の行為が嫌がらせだというのは明らかだと思います。ただ、その時の担任との会話は録音もしていませんし、文書に残っているわけでもありません。今回、もう一度この件を担任に伝えるにあたって、会話を録音するとかしておいたほうがいいですか?

 

こちらにいる間の証拠集め等、できることはやっておきたいと思っています。

 

とても真摯な回答を頂いた上に、さらに不躾な質問で恐縮ですが、ご回答頂けるとありがたいです。以下、相手からのメールを前文掲載します。

 

今までほとんどの日本人の方々に相談してきましたが、多くの方が言う様にきちんと法の場で判断してもらい、気持の整理をした方が良いと思っています。
とても残念な事は、あれから何度も会っているにも関わらず、どうしてその後けがの具合はどうですか、の一言も頂けなかったのか。子供に一生残る傷をつけられた上、数々の暴言を受け、どうしても納得できません。
数日後に傷が悪化した為電話をすると、自分でなにかやったんじゃないの、何日も経ってこんな事言ってきて、と言われる。日にちが経って悪化したのに、それをどうしろというのですか。あなたの子供に傷をつけられたのに、その親に自分で何かやんたんじゃないか、と言われる気持が分かりますか。
その後、やはりあなたの対応に納得いかず電話すると、もとはそっちが帽子
を取ったからでしょ、親が子供の喧嘩にでてきて、と言われる。帽子を取る遊びをしていましたし、xxxはSxxxxnの帽子を取りました。4歳の子供に大きな傷をつくられて、親がでずにどうしろと言うのですか。そしてこの様な事を言われ、私がお宅は帽子を取られたらひっかけと教育するのかと声をあげる事は当然だと思います。
ご主人は、傷見りゃいいんだろ、どこだよ、と土足で人の家に上がり込む。こんな事して恥ずかしくないのとおっしゃいましたが、あなたはそんな子供に育てて恥ずかしくないのですか。学校でも初年度から暴力でよく問題になったと聞いています。有名ですよ。英語ができないと2年も下のクラスを繰り返し、自分よりも一
歳も小さな子を傷つける子供になるのは、親がそうゆう態度だからでしょう。あなた達夫婦は間違っています。
今もくっきり傷跡は残ってます。
ご主人は傷跡を見て、大人になれば治るだろ、と言いました。もう涙が出てきます。大人になるまで、毎日胸を痛めないといけないのかと言うと、ご主人は笑っていました。あなたからの謝罪の言葉は一切ありません。その変わり数々の暴言を貰いました。
傷には乾燥がよく無いと聞き、毎日クリームを塗り、紫外線が悪いと嫌がる中毎日バンソコウをはり、それでも夏には跡が黒くなり、私は自分を責めました。この苦しみの上に、あなた達の暴言はどうしても許せません。
これらの事は全てビデオテープに音声と映像で残っています。傷も全て写真に撮りました。一言何か気遣う言葉を頂けたら、私の気持も変わっていたかと思う
と残念です。
3年以内であれば訴える事ができます。なぜ

害者が更に傷つかなければいけないのか。私は心の平安を得る為、お宅が日本に帰り次第事実を公にし法に訴えます。

専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
拝読しました。

3年以内なら訴えることはできる,というのは,不法行為に基づく損害賠償請求(民法709条)の消滅時効が,
損害及び加害者を知ったときから3年とされていること(民法724条)を指しています。
つまり,時効の話をしている のであって,これは例えば普通の請求権(貸金返還請求権)の時効が10年だから,10年間は訴えが可能だというのと同じことです。

損害は生じた(怪我をした)をしたわけですから,治ったからといって,損害がないというわけでないのは当然なのですが,前回私がした説明は,そんな程度の怪我だったら,数ヶ月後には残っていないだろうから,その時点で訴えたとしても誰も相手にしない程度の損害に過ぎないんじゃないかという意味です。

これからちょっと外出しなくてはならないので,ここで一度送信します。数時間以内にまた回答します。
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
続きです。 怪我がたいしたことないのであれば、名誉毀損の話と同様、 たとえ勝訴しても、賠償金として取れる金額など僅かですから、 相手は訴えるだけ損をします。よって、いくら息巻いていても、実際に訴えられることはほぼ考えられません(受ける弁護士はいないでしょう)。もっとも、頭がおかしい人の中には、それでもやってくる人もいなくはないですが、そんな時は特に受けて立つ必要はありませんよ。相手にするだけお金がもったいないですし。(放っておくと敗訴しますが、判決書にいうお金を払わなければ良いだけです。…強制執行されない限り…こんなことで強制執行するとは思えませんし) とにかく相手にしなくて良いと思うのですが、まずはご質問にお答えします。 こちらにいる先生を証人に呼ぶ必要はないと思います。先生には陳述書というものを書いてもらって、原本と日本語訳を大使館等で認証してもらって提出すれば、証拠として認められます。こちらにその方法があるかどうかわかりませんが、宣誓供述書という形もあり得ます。 なので遠方の証人だということによる心配はありません。 怪我の程度は、先生が見た状態よりも、医師の診断書が決め手になりますから、相手が診断書を出せば、それが証拠とな るでしょう。 (医者には行っていないようだとのことですが、そうだとすれば、裁判前になって診断書を頼みに行っても、その時には傷の程度はわからなくなっているでしょうね) 以上が、ご質問への回答ですが、 相手からのメールを見た限り、どうも相手は謝罪に納得していない、謝罪を十分だと思っていないことから、過激になってしまっているようですね。 そのことから考えて、できれば、文書で、その方にもう一度謝罪してみてはいかがでしょう? 今となっては謝る気もしないという感じかもしれませんが、きちんと謝ったということを形に残しておかれると良いと思うからです。 海外で、内容証明郵便は使えないですから、出す手紙のコピーをとり、封に入れるところの写真まで残しておくと良いのではないでしょうか。 とにかく、気持ちは置いておいて、十分すぎるくらいの詫びの言葉を書いて、心配している旨と、反省している旨書き連ねておくと良いのではないでしょうか。いやかもしれませんが、謝ったからといって、立場が悪くなるわけではないですし、むしろ立場は良くなります。十分すぎる謝罪をしているわけですから。 それから、私こそ相手のペースに乗せられてしまってすっかり忘れていましたが、よく考えてみると、このケースでは加害者は幼稚園児で、責任能力はなく、よって、被告になり得ないので、相手が訴える根拠としては、ご両親の監督責任しかありません。そうなると、その年齢の子供の親としてどこまで責任があったかを主張するのはかなり難しいと思いますし、幼稚園での出来事なのでしたら、親ではなく、幼稚園の先生に責任があるとするのが普通です。 さらに、幼稚園児どうしのけんかによって生じた傷にすぎないので、どちらが悪いかを証明することはかなり容易ではありません。 結局、心配なさるまでもなく、相手が訴えること、まして勝訴することなどほとんどあり得ないだろうと私は考えます。 (謝罪の手紙は送って欲しいと思いますが…嫌がらせを止めるためにも)
bengoshimailmeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問