JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bengoshimailmeに今すぐ質問する
bengoshimailme
bengoshimailme, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 818
経験:  できるだけ分かり易くお答えします。
60911264
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
bengoshimailmeがオンラインで質問受付中

家賃支払いの件です。とても面倒見のよい大家さんだったので途中から家賃を手渡しし、領収書を貰っていました。契約は前払い

解決済みの質問:

家賃支払いの件です。とても面倒見のよい大家さんだったので途中から家賃を手渡しし、領収書を貰っていました。契約は前払いです。
最近になり、領収書に家賃なん月分と記載され始めたのですが、当月分に記載に なっていたのに気づきました。
契約は前払いという事は大家は理解しています

急に家賃を次の更新で一万五千円も上げると言われた為今月退去します。
一カ月滞納した事はないのですが、今月分を退去日に払ってと言われ、二重支払いになってしまいます。領収書の控えが全てないのであうが、支払う他ないでしょうか。
何度言っても、調べてみて、と言われます。不動産に言って欲しいと伝えましたが言ってくれなかったようです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
弁護士です。

こんばんは。

ご自身で、滞納した覚えがなく、かつ、理論的にも、前払い家賃であったことから
月遅れになるはずがないということですから、
当然のことですが、家主の要求に応じて払う必要はありません。

退去日に、あなたが支払わない限り物理的に出て行くことができないようにするなどということは不可能ですから、
何を言われようと退去なさって良いのではないかなと思います。

しかしながら、通常、敷金を差し入れているはずで、明け渡しの後にしか返還請求できないことになっていますから、
家主の認識として家賃の未納分が存在するとすれば、敷金から差し引かれてしまうことになり、結局は損害が生じますね。
それゆえ、敷金契約が存在する場合は、退去までの間に、未納の有無について
解決しておく必要がありますね。
途中から手渡しになったとのことですが、それ以前は振込だったのでしょうか。
それならば、最後の振込までの分は記録がお手元にあるか、入手できると思います。
その後手渡しになってからの、手渡しをしていた時期が、月の後半だったことがはっきりしていれば、(先の振込時代の記録と併せて考えて)
それは翌月分家賃だったことを推認させることが可能だと思います。
それ以外に、何かの事情で支払いを遅れさせるような出来事がない限り、
現在まで支払ってきた家賃は、翌月分家賃だったということを主張できます。
そのような説明を文書にし、家主さん、不動産屋さんに交付した上、
家主さん、不動産屋さんを交えて話し合いの機会を作ってもらうと良いでしょう。

ここまでしておけば、一月遅れが生じたというなら、いつから、どういう事情でそうなったかを証明する責任は、家主さんの方になります。

うまく解決されることをお祈りしています。
質問者: 返答済み 5 年 前.
回答ありがとうございます。
振込みをした のは数カ月のみです。
そして、平日の帰りが遅い為、週末の日、月末ではなく月初に払っている月が多く、月初と月末の二回支払っている月があるのです。その為、数日遅れがあります
現在、先方も調べているようですが、未納の月がある事は言わないので、同月に二回支払っている為分からなくなっているが、記載ミスを認めたくないのかと思います。

領収書はある程度ありますが、抜けている月もあります。
文書にする際はわかる限り、支払日を記載した方が良いのでしょうか。
近所ともめる事もある、気丈な老人の女性です。
尚、以前は家賃一ヶ月分としか領収書には記載していなくそれを書いていたのは旦那さんでしたが、今年お亡くなりになっています。
未納月がある事を証明して頂けるならお支払いします。と書いても大丈夫ですか?
専門家:  bengoshimailme 返答済み 5 年 前.
そうでしたか。

領収証に記入なさっていた人が変わってしまったことにより
混乱したともいえますよね。
おっしゃるように、相手方ご本人も分からなくなっているか、ミスを認めたくないかの可能性もかなりあると思われます。

また、おっしゃるとおり、ある分だけでも、そして分かる部分だけでも
一覧表等にしつつ(有るものについては資料も添付し)、
自分としては、未納はないと思っている、月に二度払ったことがあることからしても
未納はないはずです、と説明を文書でした上で、
未納月について大家さんの方で証明していただけるならばお支払いします、
と書くのは良いアイディアだと思いますよ。

あと、いま思ったのですが、
「この件は、双方に見解の相違があるので、敷金の返還とは切り離していただきたいと思います。敷金については、未納が証明されて退去までにその問題が解決されない限り、約定どおり返還して下さい。万が一未納があったならば、その後であっても必ずお支払いしますので」
ということも入れておかれると安心だと思います。
bengoshimailmeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問